ディラボ(DEV.LAB)プログラミングスクールの口コミ・評判

ディラボ DEV.LAB プログラミングスクール

ディラボ(DEV.LAB)は、これまでのプログラミングスクールが抱える矛盾に対応したオンラインスクールです。

卒業後、遅くとも1年以内に開発現場でITエンジニアとして働くことができるように、Javaを中心としたカリキュラムを提供しています。
プログラミング言語を身につけるだけでなく、開発現場での立ち周りやプログラミングの論理構造などを身につけることを目的としています。

ディラボ(DEV.LAB)では、24時間いつでも好きな時に学べますし、ライブサポートで疑問をすぐに解決できます。
IT企業などでの就職・転職サポートもついているので、卒業後すぐに働くことも可能です。

なお、ディラボ(DEV.LAB)はサポートに十分な時間を確保するため、1期につき最大10名までしか募集していません。
受講生の口コミや評判などをまとめました。

ディラボ(DEV.LAB)プログラミングスクールの口コミや評判は?

ディラボ(DEV.LAB)を受講した人たちの口コミや評判などをまとめました。

ディラボではエンジニアになりたい人に対して、こうアドバイスしています。

「エンジニア業界に入ることはそんな甘くありません。ただディラボは実際に開発現場で働くことができる人を重要視しています。」と。
でもね、ほかのプログラミングスクールの内容をチェックしてみると、同じようなことを謳い文句として記載しているプログラミングスクールがやたら多いことがわかります。

やる気があって本気で向き合っている人なら人数を限定する必要はないと思うし、信憑性を持たせようとしているような気がしてなりません。

それと少し気になったのは、「自分に合わないと思ったなら100%返金します」と記載がある部分。
確か、えりすぐりを選んだんですよね?!?
なのに簡単に返金に応じてくれるんでしょうか(100%返金保証という言葉も、信憑性を持たせようとすための言葉のマジックのような気がします)。

料金を払ってまで通うべきプログラミングスクールはほぼないと断言します。
そもそもプログラミングを習うなら4年制大学を卒業したほうがコスパ良いです。

高卒と大卒の生涯賃金の差は5000万円とも一億円とも言われています。
わずか500万円の学費で5000万円稼げるのです。

これだけの稼ぎを、プログラミングを学習することで実現することは不可能だと思います。
引用元:副業情報レビューサイト

プログラミングスクールに通って得たプログラミングの知識があるにも関わらず、就職して派遣された先では、保守・運用だったりプログラミング知識が必要なのか微妙な仕事が多く、なんだか全然違う雑用的なことをやったり。

実際、この現実を違うものにするのは派遣先の会社次第だったりもするのでどうなのかしら…と思ってしまう次第であります。
引用元:プロスクマニア

ディラボを受講している方の多くは満足しているという口コミが多く、熱心な方ばかりでした!
特に講師陣も熱心に教えている様子も感じ取れたので、しっかりとプログラミングを学びたい方におすすめですよ!
引用元:全てのスポーツを応援するブログ

ディラボ(DEV.LAB)プログラミングスクールの特徴まとめ

ディラボ DEV.LAB プログラミングスクール 特徴

ディラボ(DEV.LAB)の特徴をまとめました。

実務ベースで培ったエンジニア教育カリキュラム

ディラボ(DEV.LAB)を運営するディラボ(株)は、SESなどを行う(株)ルートゼロのグループ企業です。

これまでに100名を超えるエンジニアを育成・教育してきた実績をもとに、ディラボ(DEV.LAB)のカリキュラムを作成しています。

開発エンジニアとして必要な知識と実務能力を習得

ディラボ(DEV.LAB)では、ITシステムの開発現場では、ほとんど使わないWeb関連の言語は教えていません。

日経クロステックがITエンジニアが利用するプログラミング言語や開発環境を調査したところ、htmlやPHPよりも、PythonやC・C++、Javaのほうが圧倒的に多いことがわかりました。

プログラミング言語利用実態調査2021 夏
出典:プログラミング言語利用実態調査2021 夏(https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/mag/nc/18/072100242/072100001/)

PythonはAI関連やデータ分析のプログラミングで使われることが増えているため、急激に利用者が増えています。

このような背景を踏まえて、ディラボ(DEV.LAB)では、Java言語やデータベースを操作するSQL、開発環境(フレームワーク)などを学習します。

その他、実際の開発現場で求められるコミュニケーションや立ち回り、開発するシステムやツールなどの仕様と設計をコードに移す技術などを身につけます。
座学だけでなく、疑似受託開発カリキュラムによるOJTで実践力も身につけられます。

これらのカリキュラムにより、1年以内に開発現場で働くことを目的としています。

24時間いつでも学べる

ディラボ(DEV.LAB)は、eラーニング形式のため、24時間いつでも学習できるオンラインスクールです。

受講中にわからないことがあれば、プロ講師とのチャットサポートや個別ライブサポートなどにより、疑問を解決できます。

キャリアカウンセリング・就業サポートつき

ディラボ(株)のグループ企業である(株)ルートゼロは、人材紹介サービスやSESなどを行っています。

労働者派遣事業許可番号:派27-304635
有料職業紹介事業許可番号 :27-ユ-303205

このため、ディラボ(DEV.LAB)受講生は、キャリアカウンセリング・就業サポートを受けられます。

就業サポート期間は無制限となっており、未経験からのエンジニア転職を累計500名以上担当した、エンジニア転職のスペシャリストがあなたの内定獲得をサポートします。

ディラボ(DEV.LAB)プログラミングスクールでは無料カウンセリングを受付中

ディラボ DEV.LAB プログラミングスクール 無料カウンセリング

ディラボ(DEV.LAB)では、オンラインによる無料カウンセリングを行っています。

ディラボ(DEV.LAB)に関する説明だけでなく、キャリアに関するお悩みなども受け付けており、あなたの今後の人生にも役立ちます。

なお、ディラボ(DEV.LAB)の無料カウンセリングは事前予約が必要です。
専用のフォームで24時間いつでも申し込みを受け付けています。

>>ディラボ(DEV.LAB)の無料カウンセリングを申し込む

タイトルとURLをコピーしました