三輪そうめん池利より兵庫県産・長崎県産のほうがいい?

三輪そうめん 池利

そうめんの3大生産地は、兵庫県、奈良県、香川県と言われていますが、現在では大きく異なります。

揖保乃糸
出典:揖保乃糸 資料館「そうめんの里」

兵庫県といえば、揖保乃糸を始めとして、播磨地区で播州そうめんの生産が行われており、1418年には生産がされていたことが当時の文献より明らかになっています。
本格的な生産が始まったのは1800年頃であり、現在は全国シェアの4割程度、多い年だと約半分を兵庫県産のそうめんが占めます。

駅舎
By パリカール – 撮影者:パリカール, GFDL, Link

意外に思うかもしれませんが、第2位は長崎県(島原そうめん)で全国シェアの3割弱を占めており、播州そうめんと島原そうめんで全体の7割程度と圧倒的です。

島原そうめんも本格的な生産が始まったのは1800年頃で、1983年4月に産地表示が実施されるまでは三輪そうめんの下請けとして販売していました。

1983年の産地表示をきっかけに長崎県内のそうめん業者が「島原そうめん」として販売するようになり、2002年に、産地偽装問題で農水省から奈良県内のそうめん製造業者に対しJAS法違反の行政処分が出たことを契機に「手延素麺島原」として、統一して活動することで一気に飛躍していきました。

島原そうめんの生産能力は十分にあるため、ブランドが浸透するに従って、着実にシェアを伸ばしていき、今では兵庫県との2トップとなっています。

それ以外は、国内シェアが1割にも満たない生産地が各地に点在しているという状況です。

JR Miwa sta 001.jpg
By 東京特許許可局 – 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, Link

その産地の一つである奈良県の三輪そうめんですが、多い年でもシェア10%程度、ここ最近はシェア一桁が定着しています。

島原そうめんなどを三輪そうめんとして販売するという産地偽装行為ができなくなったことも有って、「素麺発祥の地」の地盤沈下が止まりません。

そこで、奈良県産の三輪そうめんをはじめとして、うどんやそばなどの通信販売を行っている「三輪そうめん池利」について調べてみました。

三輪そうめんの特徴

三輪そうめん 特徴

ラーメンやうどん、そばなどと同じように、そうめんも産地や製法によって違った特徴があります。

一般的に、三輪そうめんの特徴として、

  • 麺に含まれるタンパク質含有量が9.5%以上(一般的には9.3%程度)
  • 強いコシと優れた伸縮性
  • 細麺でも切れにくい
  • 麺がのびにくい

などといった項目が挙げられています。

なお、コシの強さは小豆島そうめんのほうが強く、のどごしや食べやすさは揖保乃糸のほうが良いという意見もあります。
(参考:https://kuriya.co.jp/blog/other/20170810-281.html)

また、島原そうめんは強力粉で作るのが特徴的で、播州そうめんの「ひね」と同レベルの品質の麺を生産できるというのも魅力的です。

「三輪そうめん池利」の口コミや評判は?

次に、三輪そうめん池利を利用した人たちの口コミや評判などをまとめました。

三輪そうめんの池利は昔からよく知っており、期待していました。
揖保の糸に比べると舌触りが悪すぎますね。
引用元:楽天市場

凄く美味しいです!
一流の素麺はこんなにも味が違うのかとビックリしました。
一般的な素麺の価格から比べると安くはありませんが食べてみる価値ありの商品です。
引用元:ポンパレモール

桜井の人が山本を勧める理由が分かりました。
悪くはないですが、スーパーでも買えるそうめんと同じレベルです。
引用元:楽天市場

以前にお中元で戴き こしがあり 美味しいので病みつきなりました。
高齢のインコも他の種類のソーメンは食べませんが 三輪ソーメンは 大好きです。
私もソーメンがこんなに美味しいとは思わなかったです。
引用元:amazon

そうめんに虫がわいていた。古かったのでしょうか。
引用元:Yahoo!ショッピング

三輪そうめん池利の評価は?

次に、口コミサイトやネットショップなどでの「三輪そうめん池利」についての評価を調べました。

amazon 評価
楽天市場 評価
ポンパレモール 評価
Yahoo!ショッピング 評価

一部で酷評は見られますが、三輪そうめん池利が全国的に高く評価されていることがわかります。

そうめん以外も買える「三輪そうめん池利」ネットショップ

三輪そうめん 池利 ネットショップ

「三輪そうめん池利」ネットショップでは、自社製造の三輪そうめん以外にも数多くの商品を販売しています。

うどん/きしめん

うどん きしめん

群馬県太田市の赤城食品株式会社が製造した、国内(北海道)産小麦を100%使用したうどん/きしめんが購入できます。
北海道産小麦を塩(国内産)と、上州の天然水だけで練りこんでいきます。

奈良盆地と同様に、上州のからっ風(赤城おろし)も乾いて冷たいことから、乾麺のうどんやきしめん作りに好都合という地域特性を活かしたものです。

そば

そば

  • 信州本十割そば
  • 信州八割そば
  • 信州更科そば
  • 信州そば 細麺仕立て
  • 広東麺(焼きそば)
  • 広東麺(あげそば)
  • 宇治茶そば

その他

その他

  • めんつゆ
  • そばつゆ
  • お茶
  • ギフトセット(詰め合わせ)

なども販売しています。

>>「三輪そうめん池利」の詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました