和文化推進協会のバーチャルオフィスは最安値水準!メリットは他にも!

和文化推進協会 バーチャルオフィス

一般社団法人「和文化推進協会」は、作家、アーティスト、クリエイター、職人などの活動を支援する団体です。
会員を対象にバーチャルオフィスを提供しています。

和文化推進協会のバーチャルオフィスは、協会が運営する京都朱雀スタジオの住所や電話番号を月500円(税込)という格安価格で利用できます。
法人登記も可能ですし、電話番号の転送も行えます。

和文化推進協会では、バーチャルオフィス以外にも、補助金や助成金の情報を提供しています。
あなたがクラウドファンディングを行う際には、PRや広報などを通じてサポートします。



和文化推進協会バーチャルオフィスの特徴まとめ

和文化推進協会 バーチャルオフィス 特徴

和文化推進協会バーチャルオフィスの特徴をまとめました。

会員のみ利用可能

和文化推進協会のバーチャルオフィスは、和文化推進協会の会員のみが利用できます。
和文化推進協会の会員になるためには、作家、アーティスト、クリエイターなどとして活動していることが必要です。

低価格

料金

和文化推進協会のバーチャルオフィスは、協会会員向けの無料サービスを言う位置づけで行っています。
年会費6,000円(税込)を支払えば、希望者は誰でも利用できます。

和文化推進協会のバーチャルオフィスは、営利目的で行っている他社と比べても低価格な上に、サービス内容も充実しています。
電話番号の転送や法人登記も行えるため、必要な場合に活用するといいのではないでしょうか?

郵便物の受け取りや転送のみ、追加料金が必要です。

京都朱雀スタジオの住所・電話番号を使用できる

和文化推進協会のバーチャルオフィスは、協会がある京都朱雀スタジオの住所・電話番号が割り当てられます。

ネットショップの特商法表記に掲載する住所・電話番号をバーチャルオフィスに変えることで、不要な営業電話や飛び込み営業などのリスクを減らせます。
あなたに一方的に恨みを持つような人が訪問し、トラブルや事件を起こすリスクを未然に防げます。

もちろん、特商法表記にバーチャルオフィスの住所や電話番号を書いても違法にはなりません。

レンタルオフィスとしては利用不可

和文化推進協会のバーチャルオフィスを契約しただけでは、京都朱雀スタジオをレンタルオフィスとして使うことはできません。

なお、京都朱雀スタジオは、2021年11月時点では改修工事中のため、利用を停止しています。

補助金やクラウドファンディングなどのサポートも受けられる

和文化推進協会の会員になると、バーチャルオフィスが使えるだけでなく、以下のサポートも受けられます。

  • 財団や公的機関などが行う補助金・助成金などの情報提供
  • あなたが行うクラウドファンディングの広報やPR

まとめ

和文化推進協会の会員になると、バーチャルオフィスなどのサービスが受けられます。

バーチャルオフィスだけを利用したいということで、作家、アーティスト、クリエイター、職人に当てはまらない個人・法人が申し込んでも利用できません。
ハンドメイド作家などがネットショップを開設する際、住所や電話番号と言った個人情報を守るために便利なサービスです。

>>和文化推進協会の詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました