メイクセラピー検定メイクケアセラピー級の口コミや評判は?

メイクセラピー検定メイクケアセラピー級

一般社団法人メイクセラピストジャパンが実施するメイクセラピー検定メイクケアセラピー級(メイクケアセラピー検定)は、メイクセラピー検定3級相当と、医療・福祉・介護領域に特化したメイクケアセラピーに関する知識があることを認定する民間資格です。

メイクセラピー検定メイクケアセラピー級(メイクケアセラピー検定)は、オンライン上でいつでも好きなときに受験できます。
試験に合格することで「メイクケアセラピスト」の称号が得られます。

このメイクセラピー検定メイクケアセラピー級(メイクケアセラピー検定)の口コミや評判などをまとめました。

メイクセラピー検定メイクケアセラピー級(メイクケアセラピー検定)の口コミや評判は?

メイクセラピー検定メイクケアセラピー級(メイクケアセラピー検定)を受験した人たちのの口コミや評判などをまとめました。

ケアとしてのメイクは沢山の書籍があり検定もあります。
メイクのノウハウだけではなく、感染対策、高齢者とのやりとりやメイクを行う際に気をつけること、メイクを提供させて頂く側として気をつけるべき考え方や対応、御施設との打ち合わせの時に確認すべきことなど書かれており、初めてケアとしてのメイクを行なってみたいという時にわかりやすく書かれていると思います。
体験談なども参考になりました。
引用元:amazon

メイクを学んだ後、機会をいただいた高齢者施設でのメイクボランティアで、さらに私は多くの学びを得ました。
最初は、利用者さんに「元気になってほしい」「笑顔になってほしい」という気持ちからメイクを始めたのですが、実際に行ってみると、ご本人だけではなくご家族の笑顔、ご家族の苦悩にも寄り添い、利用者さんだけでなく関わる人々みんなの笑顔を引き出すことができる、それが メイクの力なんだということを実感しました。

リハビリテーションの分野において、化粧は「整容」という生活動作の一部に当てはまります。
歩行、食事、排泄などに比べると再獲得しなければいけない作業として優先順位は低いかもしれません。
それでも私が化粧をリハビリテーションの中に組み込む のは、化粧は高齢者の方と関わるために有効な『手段』の一つであると認識しているからです。

メイクセラピー検定メイクケアセラピー級(メイクケアセラピー検定)の特徴まとめ

メイクセラピー検定メイクケアセラピー級(メイクケアセラピー検定)の特徴をまとめました。

誰でも受験可能

メイクセラピー検定メイクケアセラピー級(メイクケアセラピー検定)を受験するに当たって、前提となる資格や年齢などによる制限は一切ありません。
誰でも受験することができます。

なお、メイクセラピー検定3級以上を取得している人は、一部試験(メイクセラピー範囲)が免除となります。

オンラインでいつでも受験可能

メイクセラピー検定メイクケアセラピー級(メイクケアセラピー検定)はオンライン上で開催されます。
24時間いつでも受験することができますし、合否判定は即時行われます。

メイクセラピー検定メイクケアセラピー級(メイクケアセラピー検定)試験は選択肢形式となっています。
メイクセラピー範囲(50問)・メイクケアセラピー範囲(40問)から出題されます。

メイクセラピー検定メイクケアセラピー級(メイクケアセラピー検定)に合格すると「メイクケアセラピスト」の称号が得られます。
メイクケアセラピスト認定証はPDFファイルで提供されます。

公式テキストから出題

公式テキスト

メイクセラピー検定メイクケアセラピー級(メイクケアセラピー検定)の出題範囲は、メイクセラピー範囲・メイクケアセラピー範囲それぞれの公式テキストからとなります。

メイクセラピー入門(3級対策)テキストは一般社団法人メイクセラピストジャパンから、メイクケアセラピー公式テキストはamazonから購入できます。
必要に応じて用意するといいでしょう。

メイクケアセラピー公式テキストは試験対策としてだけでなく、メイクボランティアの企画から準備、アフターフォローなど、一通りこなせるようになるための知識やノウハウを身につけられます。

まとめ

メイクセラピー検定メイクケアセラピー級(メイクケアセラピー検定)は、メイクボランティアとして高齢者施設などに訪問する際に必要な知識やノウハウを身に着けていることを証明する資格です。

2021年10月時点では口コミは少ないですが、「机上の空論で無駄になった」といったネガティブなものはなく、実践に生かしている人が多いです。

>>メイクセラピー検定メイクケアセラピー級(メイクケアセラピー検定)の詳細/申込はこちら

タイトルとURLをコピーしました