エネラボと岡山電力のエネルギーファンディングの口コミ・評判は?

エネルギーファンディング エネファン

エネラボ(株)と岡山電力(株)が提供するエネルギーファンディングエネファン)は、沖縄電力エリア・離島を除いて契約可能な新電力です。
各地の旧電力の家庭向け従量電灯よりも最大5%安い料金プランを用意しています。

エネルギーファンディング(エネファン)では、安くなった電気料金の一部を100種類を超える団体に寄付します。
また、通常の電力プランのほか、再生可能エネルギープランも選べます。

エネルギーファンディング(エネファン)は、供給実績が10,000件を超えています。(2021年6月時点)
利用者からの口コミや評判などをまとめました。



エネルギーファンディング(エネファン)の口コミや評判は?

エネルギーファンディング(エネファン)を契約している人たちの口コミや評判などをまとめました。

寄付控除が使えない。
まわりくどいことをしなくても、自分が支援したい団体にストレートに渡すほうが無駄が少ない。

電気を通して寄付するというエネルギーファンディングというものがあると知って、支援を必要としている人に、なにか協力できたら良いなと思い利用させて頂きました。
電力会社を切り替えるだけで、全く手間がかからずに毎月の電力料金の一部が寄付されるというのは素晴らしい試みだと思いました。
当たり前に支払っている電気代から寄付できて、SDGsへも貢献できるというのは画期的だと思います。
電気料金のうち5%を寄付すると言うプランを選択しました。以前使っていた関西電力の電気代よりも、毎月1000円ぐらいですが安くなったので、寄付も出来て電気代も安くなって素晴らしいです。
引用元:電見通信



エネルギーファンディング(エネファン)の特徴まとめ

エネルギーファンディング エネファン 特徴

エネルギーファンディング(エネファン)の特徴をまとめました。

サービスエリア

エネルギーファンディング(エネファン)は、2021年10月時点では、沖縄電力エリア、および、離島を除いた全国各地から申し込めます。

10Aから契約可能

新電力会社の場合、契約アンペアがない地域を除き、契約できるのは30A以上、40A以上と言ったケースが多いです。

一方、エネルギーファンディング(エネファン)は、契約アンペアがない地域はもちろんのこと、一人暮らしに多い10A、20Aといった契約アンペア数の低い世帯でも契約できます。

また、低圧電力(動力)でも契約できます。

3種類の料金プラン

エネルギーファンディング(エネファン)では、以下の3種類の料金プランを用意しています。
一覧にまとめました。

プラン名電気代備考
ゆっくり旧電力の5%OFF毎月100円寄付
じっくり旧電力の2%OFF毎月電気代の3%を寄付
しっかり旧電力とほぼ同じ毎月電気代の5%を寄付

電気代は旧電力会社の従量電灯A・B・C/低圧電力(動力)との比較になります。

なお、オール電化向けの料金プランを契約している場合、エネルギーファンディング(エネファン)に切り替えると割高になる場合があります。
事前に問い合わせたほうがいいでしょう。

また、電気・ガスのセット割引などを利用している場合は、セットが外れることで割高になる可能性もあります。
エネルギーファンディング(エネファン)では都市ガス・LPガスとのセット割は行っていません。

寄付先を選べる

エネルギーファンディング(エネファン)では100種類を超える団体が登録しています。
その中から、あなたが希望する団体やジャンルを選んで寄付することができます。

また、再生可能エネルギーに寄付することもできます。

寄付先は、契約者専用マイページから変えることができます。
毎回変更しても構いません。

解約手数料・最低契約期間はなし

エネルギーファンディング(エネファン)は最低契約期間の縛りは一切ありません。
また、他の電力会社に切り替える際の解約手数料も不要です。

沖縄県に引っ越したり、エネルギーファンディング(エネファン)に満足できなかった場合でも安心です。

まとめ

エネルギーファンディング(エネファン)は、低アンペア・少量利用からでも電気代がお得になる新電力です。

さらに、電気代を支払いながら寄付をすることができます。
あなたが支援したい団体やジャンルを選んで寄付できるため、無理なく続けられるのではないでしょうか?

>>エネルギーファンディング(エネファン)の詳細/申し込みはこちら

タイトルとURLをコピーしました