レバレッジエディットで動画編集スキルが身につく?口コミや評判は?

レバレッジエディット

(株)N8tive Worksが運営する「レバレッジエディット」は、自宅にいながらにして動画編集スキルが身につけられるというオンラインスクールです。
ただツールを使って動画編集ができるようになるだけでなく、稼ぐために必要な実践的なスキルを身につけられます。

レバレッジエディットはオンラインスクールのため、24時間いつでも学習できます。
動画の添削はいつでも受けられますし、わからないところなどはLINEサポートが受けられるので安心です。

レバレッジエディットは受講が安いため、口コミでも評判ですが、安かろう悪かろうでは意味がありません。
受講者数は200名を突破していますが、満足できるスキルが身につけられるのでしょうか?



レバレッジエディットの口コミや評判は?

レバレッジエディットを受講した人たちの口コミや評判などをまとめました。

YouTubeのアルゴリズムやAeの作り込みの手法などが、単にセンスや好みに基づいたものではなく、しっかりとした理論によって教えられているのがタメになりました。
これだと応用を利かせることができますし、なぜこうした編集をするのかと納得しながら制作を進められるのがメリットだと思います。
引用元:MARKETIMES

レバレッジエディットは内容がやや高度で、完全初心者の方には難しく感じられるかもしれません。
しかしそれ故に、より高いスキルを身につけたい・幅広く動画編集の仕事をやりたい人には最適です。

特に、After Effectsの基礎まで押さえられるのが大きいです。
身につく技術レベルが高い&取れる仕事の幅も広がる分、他の動画編集者との差別化にもつながるかと。

なお、初心者には少し難しいと前述しましたが、質問サポート等もあります。
すずしろさんに質問して食らいついていけば、十分受講できる&かなり実力がつくはず。
引用元:All About 公務員

私は、すでに動画クリエイターとして、フリーで仕事をしています。

なぜ、すでに稼いでいる人が、レバレッジエディットの購入を決断したのか?と言いますと。

  • モーショングラフィックスコースで動画広告が学べて、さらにポートフォリオとして使える
  • 現場を経験してきた本物のプロが講師
  • 今後、コンテンツ内容が増える、その内容が魅力的(サムネイル講座が追加)
  • マーケター視点から、伸びるYoutube動画編集が学べる

以上のような理由です。

実際、udemyや書籍、またはYoutubeで学んだ方が安いです。
レバレッジエディットの内容もUdemyや書籍などで根気よく探せば、学べます。

そう思って、私はUdemyで、レバレッジエディットのような動画広告を作れる講座を探しましたが、短時間であのクオリティの物が作れる教材が見つけられませんでした。

udemyに教材はいっぱいあるのですが、ピンポイントで、動画広告を作れる教材がなかったのです。
なので、レバレッジエディットを購入する決断をしました。
引用元:マサリSTUDIO

動画編集・ディレクターをしている「たかわき」と申します。
(レバレッジエディット公式サイトの先行参加者に掲載)

意外とコンテンツに反映されていることが少ないYouTubeの知識。
レバレッジエディットではYouTubeの原理原則から本質的な部分に関してまで網羅されており、さすがマーケターが作った教材だと感じました。
僕は動画編集を始めて8ヶ月ほどになりますが、僕の知らない知識が多くあり、初めにこの教材に出会いたかったなというのが本心です。
引用元:【動画編集教材レバレッジエディット】を受講してみた。結論、この教材で学習すれば確実に案件とれます。

レバレッジエディットでは音に関して解説されていて、しっかりと音だけの章があります。(トータル1時間ほど)
他の講座では音は目に見えない部分なだけあって軽視されがちですが、見ていて気持ちいい動画というのはもれなく音もしっかりしています。
見られる動画を作るためには音に関する知識は必須なのでぜひレバレッジエディットで学びましょう!
引用元:Adobe神



レバレッジエディットの特徴まとめ

レバレッジエディット 特徴

レバレッジエディットの特徴をまとめました。

受講料が安い

レバレッジエディットの受講料は、2021年10月時点で59,800円(税込)です。
支払はクレジットカード(VISA・MASTER・AMEX・Discover)のみとなります。

動画スクールの中には、毎月59,800円、合計は・・・円といった具合に、6桁、7桁といった高額な受講料のところもありますが、レバレッジエディットでは59,800円以上を支払う必要はありません。
(クレジットカード分割払いにした場合は、金利手数料が必要なため、支払い総額はもう少し増えます)

なお、受講に必要なパソコン(WindowsかMac)やソフトウェア(Adobe CC)は自己負担となります。

完全オンライン学習

レバレッジエディットはオンラインスクールのため、校舎はありません。
教室などに通学する必要はなく、24時間いつでも動画による学習が行なえます。

わからないことがあれば、LINEサポートで24時間受け付けているため、気軽に質問・相談ができます。

3種類のコース

レバレッジエディットは2021年10月時点で、以下の3つのコースを開講しています。

  • Youtube編集コース
  • モーショングラフィックスコース
  • サムネイルコース

全てのコースを追加料金不要で学ぶことができますし、今後もコースは増えていく予定です。

また、各コースの内容も適宜アップデートされるため、常に最新の学習が可能です。

効率よく上達できるカリキュラム

レバレッジエディットでは、いずれのコースも「プロの作品を「完全に0から完成」まで再現する」という流れを追体験するようにカリキュラムが構成されています。
あらかじめ用意されたサンプルをいじるだけといった動画スクールもありますが、レバレッジエディットでは本質的な学びの体験が行なえます。

自己流がない初心者の場合は、「プロの頭脳を移植」する学習スタイルで、短期間でスムーズに上達することができます。

また、独学でつまづきやすい部分を詳しく説明しているため、オンライン学習でも続けられますし、口コミでも「学んでいて楽しい」という意見が多いです。

動画添削が受けられる

レバレッジエディットでは、動画編集ツールの使い方や編集方法などが学べるだけでなく、講師からの動画添削が受けられます。

アウトプットを出すことで学んだ知識を確実に身につけられますし、改善点などを知ることで、さらなる上達へと繋がります。

また、ポートフォリオ、SNS運用、営業文の添削などもあわせて受けられるため、クラウドソーシングなどでの案件獲得に役立ちます。

会員限定グループで交流

レバレッジエディットで優秀な成績をおさめると、レバレッジエディット認定クリエイターとして認められます。

レバレッジエディット認定クリエイターは、仕事が獲得できる限定サロンに招待されます。
クラウドソーシングなどで案件で探すよりも好条件の場合も少なくありません。

受講料を短期間で回収できるのではないでしょうか?

まとめ

レバレッジエディットは低価格で動画編集・動画広告などを学ぶことができるオンラインスクールです。
初心者からでも収益化できるレベルまで到達できるため、費用対効果は高いです。

このため、レバレッジエディットは口コミでも評判となっており、高く評価する人が多いです。

>>レバレッジエディットの詳細/申し込みはこちら

タイトルとURLをコピーしました