DiDi Food 配達パートナーは時給1500円以上?口コミは?

DiDi Food 配達パートナー

DiDi Food 配達パートナーは、ウーバーイーツなどと同じように、飲食店やコンビニなどから、個人宅などに食べ物などを配達するバイトです。
あなたの都合の良い時間で働くことができるため、スキマ時間を有効活用できます。

DiDi Food 配達パートナーは完全出来高制となっており、配達数が増えるほどに収入も増えていきます。
効率よく配達することで、時給換算で1,500円以上も十分に狙えます。

DiDi Food 配達パートナーには保険・補償制度が完備されているので安心です。
口コミや評判などをまとめました。



DiDi Food 配達パートナーの口コミや評判は?

DiDi Food 配達パートナーに登録した人たちの口コミや評判などをまとめました。

本業として一ヶ月で30万円以上稼ぐならばとにかくクエスト狙い。
DiDiフードの場合、連続して配達に呼ばれるシステムになっているため、拒否をせずにひたすら配達を受けていれば1時間あたり3~4件のペースで配達することができます。

これだけで時給1600円になります。

副業として働くのであれば、お昼や夜のピークタイムに時間帯にオンラインし、同じように連続して配達をする。
DiDiフードの場合、配達を受ける時点でお届け先が分かるようになっているので、短時間稼働で遠くまで行きたくない時は拒否することもできます。
引用元:フードデリバリー配達員ガイド

DiDi Foodは配達パートナーの補償制度をUber Eatsよりも好条件にしています。

以前Uber Eatsの配達パートナーが配達中に起きた事故についてツイートしたところプチ炎上するという事件がありました。
内容としては「再度事故を起こしたら配達パートナーのアカウントを停止にする可能性がある」などといったもので、このツイートを機に配達パートナーの立場が非常に弱いことが露呈しました。

DiDi Foodは「自損」「対物」「対人」の損害補償制度を手厚くすることで配達パートナーをサポートする姿勢です。
引用元:あくろぐ

DiDifood(DiDiフード)の配達員登録は非常に簡単!

バッグ受け取り時以外は全てWebで完結し、最短でなんと1~2日で登録が完了します。
これは業界最速です!
引用元:Kight’s blog

DiDiFood(ディディフード)で配達を行う場合には、ピックアップや配達などに時間制限があります。

かなりタイトな時間設定となっているので、配達初心者の方はテンパって時間に遅れることもあるかと思います。
焦ってしまって、運転が荒くなってしまったり、商品の扱いが雑になったりすることもあるかもしれません。
時間が迫っていると思うと、心に余裕がなくなりますよね。

時間制限といっても時間の設定がされているのはあくまでも目安となっています。
必ずその時間通りに対応しないとペナルティがある訳でもないため、落ち着いて、安全第一で配達していくのが良いかと思います。
引用元:トドメシ



DiDi Food 配達パートナーの特徴まとめ

DiDi Food 配達パートナーの特徴をまとめました。

20歳以上のみ登録可能

DiDi Food 配達パートナーに登録できるのは20歳以上の成人のみです。

未成年はDiDi Food 配達パートナーとして働くことはできません。

サービスエリアは拡大中

DiDi Food 配達パートナーは、DiDi Foodのサービスエリアに通える人が対象です。
サービスエリア内に住んでいる必要はなく、通えれば十分です。

2021年9月時点では、京阪神と愛知、広島、福岡、沖縄の一部エリアとなっています。

DiDi Foodのサービスエリアは、今後も拡大する予定です。

配達車両

DiDi Food 配達パートナーとして働く場合、利用できる乗り物が指定されています。

  • 自転車
  • バイク
  • 軽貨物車

DiDi Food 配達パートナーでは、複数の車両を登録できます。
あなたが利用する予定の乗り物をすべて登録しておいても構いません。

DiDi Foodに登録していない乗り物で事故などが起こった場合には、保険や補償は受けられません。

登録はオンライン完結

DiDi Food 配達パートナーへの登録作業はオンラインで完結します。

あなたの顔、本人確認書類と車両登録用の書類(自転車以外を登録する場合)は、カメラでスマホなどで撮影し、画像をアップロードするだけです。

所定の審査が行われて、合格すれば、オンラインの研修プログラムを済ませた後、希望者は配達バッグを受け取ります。
配達バッグは各エリアにある事務所(パートナーハブ)、もしくは、宅配便での受け取りとなります。

これらの手続きを済ませるとアカウントが有効となり、DiDi Food 配達パートナーとして働くことが可能となります。

配達バッグは必須ではありませんが、トラブル発生時にDiDi Foodからのサポートを受ける際の条件となっています。

配達バッグはレンタル品のため、DiDi Food 配達パートナーをやめる際に返却する必要があります。

小銭の用意が必要

DiDi Foodでは、現金支払いが可能です。

このため、DiDi Food 配達パートナーは、利用者から現金を受け取ったり、お釣りを渡す場合があるため、小銭の用意が必要です。

成果報酬制/週払い

DiDi Food 配達パートナーは完全出来高制となっており、配達した件数が多いほど報酬も増えていきます。
各種インセンティブや移動距離による報酬も追加で得られるため、さらなる報酬アップも狙えます。

平均的な働き方で、時給換算で1,500円以上を十分に狙えます。

DiDi Food 配達パートナーでは、1週間毎に報酬が受け取れます。
月曜~日曜までの報酬を取りまとめて、その週の火曜日以降の平日に振り込まれます。

事故保険・補償制度が充実

DiDi Food 配達パートナーは、同業他社と比べて、事故保険・補償制度が充実していると評判です。

事故保険・補償制度の適用範囲は配達中(「リクエスト受付」から「配達完了」まで)に限りますが、対人・対物賠償責任制度は最大3億円、事故などによる障害補償制度は以下のようになっています。

通院費用:1日5,000円、最大90日
入院費用:1日7,500円、最大180日
手術費用:最大75,000円
死亡見舞金:1,000万円
葬式費用:最大100万円
後遺障害見舞金:最大1,200万円
家族見舞金:最大45万円(後遺障害、もしくは死亡した時)
(2021年10月時点)

適用条件がこまかく決められています。

また、事故を起こしたことで業務契約が解消される心配はありません。

まとめ

DiDi Food 配達パートナーは、サービスエリアが狭いこともあって、登録できない人も多いですが、徐々に拡大中です。

報酬も悪くありませんが、さまざまな保証が充実しているため、安心して働けるのではないでしょうか?

>>DiDi Food 配達パートナーの登録はこちら

タイトルとURLをコピーしました