videoworks(ビデオワークス)の評判は?値段は安い?

videoworks ビデオワークス

videoworks(ビデオワークス)は、動画制作に特化したクラウドソーシングサービスです。
ランサーズやクラウドワークスなどに募集を出すのと同じ感覚で、プロの動画クリエイターに依頼できます。

videoworks(ビデオワークス)には、個人・法人あわせて1万人を超えるクリエイターが登録しています。
登録時審査を通過したクリエイターが登録されているため、業務遂行能力や動画の品質面などで一定のレベルは確保されています。

videoworks(ビデオワークス)は入札制のため、必ずしも値段が安くなるとは限りませんが、多重下請け構造になっている専門業者に頼む際などの中間マージンがないため、相場の半額以下で発注できるケースも多いです。

平均依頼額は30万円で、流通総額は22億円を超える規模です。(2021年9月時点)
2020年末での流通総額は15億円であり、videoworks(ビデオワークス)の取引は急激に拡大しています。

このvideoworks(ビデオワークス)利用者からの口コミや評判などを調べました。

videoworks(ビデオワークス)の口コミや評判は?

videoworks(ビデオワークス)を利用して動画制作を依頼した人たちの口コミや評判などをまとめました。

VideoWorksサービスの窓口ご担当者様やクリエイターの方が親身になって相談にのってくれます。

問い合わせた当初は、初めて動画を作るので「わからないことがわからない状況」でした。
その中で、窓口ご担当者様から「そのような目的であればこういう演出が参考になります」など、いろいろな選択肢をご提案いただけているので助かっていますね。

困ったことがあれば素直に相談できる関係が構築できていると感じています。

クリエイターさんの質が担保されていると感じています。
ほかのサービスですと、依頼費用は抑えられるものの、クオリティが伴っていなさそうな人も中には見受けられる印象が少しありますね。

クリエイターさんの登録者数が多い点も実感しています。
ほかのサービスで公募をかけても、案件によっては候補者が集まらない場合があるのに対し、VideoWorksでは多様な案件かつ募集期間が短くても一定数のクリエイターさんが応募してきてくれますからね。

予算が限られている中で、すぐに動画制作を依頼出来るサービス「VideoWorks」に出会うことが出来ました。
今まで出会う事が難しいと思っていたクリエイターさんとすぐ繋がる事が出来、仕事の依頼をさせていただくのに最も早いツールだったので、とても助かりました。

クライアント様が作りたい動画によって、クリエイターさんに求めるスキルは多様なので、いつもベストなクリエイターさんを探すのは難しい場合もあり、探すのに苦労する事もあります。
「VideoWorks」では、一度に様々なスキルを持ったクリエイターさんに出会えたので、オンラインでの動画制作にチャレンジしてみて良かったと思っています。

広告の仕事はお客様によっても、案件によっても、似ているようで内容や予算はすべて違っています。
だからこそお客様の課題を解決できる最適な提案をすることが私たちに求められます。

VideoWorksは、金額やスキル、経験などこちらが希望する条件を伝えて、その条件にマッチするクリエイターをアサインすることができるので、それはとても利用しやすいと思いました。
個別に仕事を進めていると、金額やスキルマッチがフィットせずにプロジェクトがうまくいかないこともあったので、そういった部分にそもそも悩む必要がないというのは代理店にとってメリットが大きかったように思います。

また私たちのお客様は都心に限らずに、全国に存在しています。
だから地方でロケということももちろんあります。
VideoWorksは日本中にネットワークが広がっているので、その点も魅力に感じました。

実際に関西ですぐに撮影スタッフが必要だという案件があったのですが、VideoWorksのコーディネーターに相談すると、すぐにアサインしてくれて、撮影もうまくいきました。
現場での急な依頼に対しても柔軟に対応してくれる。
そういう側面も安心して利用できる理由ですね。

videoworks(ビデオワークス)の料金

videoworks ビデオワークス 料金

videoworks(ビデオワークス)の料金は、あなた自身が自由に決められます。

なお、相場と比べて、あまりに安すぎるとクリエイターからの応募が期待できませんし、高すぎると費用対効果の悪化が懸念されます。
必要に応じて、videoworks(ビデオワークス)のコーディネーターと相談しながら決めていくといいでしょう。

また、videoworks(ビデオワークス)に依頼を出した際に、依頼者がシステム利用料などを支払う必要は一切ありません。

videoworks(ビデオワークス)の特徴まとめ

videoworks ビデオワークス 特徴

videoworks(ビデオワークス)の特徴をまとめました。

1万人以上のクリエイターが登録

videoworks(ビデオワークス)では、全国各地に1万人を超えるクリエイターが登録しています。

スキルチェックや面談などによる審査を行い、合格したクリエイターのみが登録されているため、品質面で一定のレベルはキープしています。

さまざまな動画の作成が可能

videoworks(ビデオワークス)では、一般的な映像撮影・編集だけでなく、CGやアニメーションなど、さまざまな形式の動画撮影・制作ができるクリエイターが登録しています。

適任者に依頼することで、あなたが希望する動画が納品されます。

短期間で発注できる場合も多い

videoworks(ビデオワークス)では、依頼をはじめて最短5分で応募があるなど、短期間で発注できる場合も多いです。

短期間で動画が必要な場合でも、安心して依頼を出せます。

契約書などの用意は基本的に不要

videoworks(ビデオワークス)を活用して、クリエイターに動画作成などを依頼するに当たって、個別に契約書などを用意する必要はないケースが多いです。

videoworks(ビデオワークス)の利用規約に同意していることで、基本的な契約は締結されているためです。
利用規約に書かれていない契約項目などが追加で必要な場合には、クリエイターと個別で契約書の締結などを行えます。

人材募集も可能

videoworks(ビデオワークス)では、動画制作だけでなく、人材募集の求人も出せます。

例えば、

  • 地方ロケの際にカメラマンを現地で調達したい
  • 既存の動画にナレーションをつけたい
  • 動画編集者が足りないので補充したい

などといった場合にも、videoworks(ビデオワークス)が役立ちます。

採用前に候補者との面談ができるため、あなた自身でもチェックが可能です。

専任コーディネーターがサポート

videoworks(ビデオワークス)を活用して動画制作を依頼したくても、ノウハウや知識が全くないので、どのように発注すればいいのかわからないといったケースも珍しくありません。

このような場合には、videoworks(ビデオワークス)の専任コーディネーターがていねいにサポートします。
ヘルプデスクとして、さまざまな疑問や相談にも対応してもらえるため、安心にて利用できます。

また、企画から制作まで幅広く対応できるクリエイターも多いです。
「1を聞いて10を知る」人材もいるため、曖昧な内容を明確化するなどの際にも役立ちます。

請求書による後払い

クラウドソーシングサービスだと代金は先払いになることが多いですが、社内手続きなどで難しい場合もあるかもしれません。

一方、videoworks(ビデオワークス)では、納品・検収後、請求書による後払い(当月末締めの翌月末払い)となります。
クリエイターに直接、代金を支払う必要はありません。

まとめ

videoworks(ビデオワークス)は、優秀なクリエイターに動画作成を依頼したり、スキルを持つ人材を探すのに役立つマッチングサービスです。
動画制作会社による中抜きがないため、値段が安く済むことも多いです。

videoworks(ビデオワークス)のコーディネーターによるサポートも受けられるため、全くの未経験者でも安心して利用できます。

>>videoworks(ビデオワークス)の詳細/相談・発注はこちら

タイトルとURLをコピーしました