donedone(ドネドネ)の口コミや評判は?クーポンで無料に?

donedone ドネドネ

donedone(ドネドネ)は、BIGLOBEがBIGLOBEモバイルとは別に、新たに始めたモバイル通信サービスです。
あなたが支払った通信料金の一部が社会貢献活動に寄付されます。

BIGLOBEモバイルはNTTドコモ・au回線に対応していますが、donedone(ドネドネ)は、au4G LTEエリアのみとなります。
通信速度は最大3Mbps、月50GBまで2,728円(税込)から利用できますし、一部のサプリの通信量をカウントしないプランも用意されています。

donedone(ドネドネ)は、クーポンを入力することで入会料無料になるだけでなく、キャンペーンによりキャッシュバックも受けられます。
利用者の口コミや評判などをまとめました。



donedone(ドネドネ)の口コミや評判は?

donedone(ドネドネ)を利用している人たちの口コミや評判などをまとめました。

これauの回線なんだよね。
使おうとした端末がau回線のバンドの内、band1だけ掴めてband18,26を掴めなくて諦めた。
回線契約しようとする人は使いたい端末でband掴むのか調べてからが良いですよ。
引用元:Yahoo!ニュース

50GBという大容量でありながら月額料金は2,728円に抑えられているため、非常にお得です。
引用元:bitWave



donedone(ドネドネ)の料金

2021年9月時点のdonedone(ドネドネ)の料金プランをまとめました。
価格はいずれも税込です。

なお、エントリープランは、希望者多数のため、2021年9月時点で申し込みを停止しています。
再開見込みは未定です。

初期費用

3,300円

月額費用

エントリープラン以外は全て月2,728円

その他費用

通話料:22円/30秒
SMS送信料(国内):3.3円/70文字
SIM再発行手数料:3,300円

各種割引

BOGLOBE光との併用で、BOGLOBE光の料金が毎月200円割引になります。

また、入会時に表示されるクーポンを入力すると、割引が受けられます。
donedone(ドネドネ)公式ホームページにてクーポンコードが表示されているため、入会前にチェックするようにしてください。

donedone(ドネドネ)の特徴まとめ

donedone(ドネドネ)の特徴をまとめました。

au4GLTE回線を使用したMVNO

donedone(ドネドネ)は、au4GLTE回線を活用したMVNO(格安SIM)です。
一人1回線まで契約できます。

SIMフリー端末であれば、そのまま使える場合が多いですが、キャリアで購入した端末だと使えないケースもあります。

なお、2021年9月時点では、5G対応は未定です。

donedone(ドネドネ)では、端末とのセット販売は行っていません。
SIMのみの提供です。

2種類のプラン

donedone(ドネドネ)は、以下の2種類のプランが用意されています。

  • ベーシックUプラン
  • カスタムUプラン

ベーシックUプラン

月50GBまで、上り・下りともに最大3Mbpsで通信できます。

50GBを超えると、月末まで最大1Mbpsの速度制限が課せられます。

カスタムUプラン

以下のアプリのうち、指定した3種類の通信量がノーカウントになります。

  • LINE
  • Instagram
  • Facebook
  • YouTube
  • ABEMA
  • TikTok
  • TELASA
  • Spotify
  • Amazon Music
  • モンスターストライク

ノーカウントの対象となるアプリは最短1時間で変更できます。
利用するアプリに応じて柔軟に切り替えることで、通信量の消費を抑えられます。

通信速度は、指定アプリは上り・下りともに最大3Mbpsと高速無制限になりますが、それ以外は、上り・下りともに最大1Mbpsと、常時速度制限が課せられます。

カスタムUプランで該当するサービスを、アプリではなくWebブラウザなどから利用した場合には、通信量がカウントされます。
ノーカウントになるのは、アプリから使用した場合のみです。

契約期間のしばりなし

donedone(ドネドネ)は、最低契約期間や解約手数料などのシバリが一切ありません。

手数料を1円も支払う必要はなく、いつでも自由に解約することができます。

donedone(ドネドネ)の回線ごとに電話番号が付与されているため、MNP転出・転入も可能です。

BIGLOBE IDは使用不可

donedone(ドネドネ)は、BIGLOBEが運営しているサービスですが、BIGLOBEなどを利用する際に割り当てられるBIGLOBE IDは利用できません。

donedone(ドネドネ)専用に割り当てられたID(メールアドレス)を使用します。

テザリング可能

donedone(ドネドネ)は、テザリングが可能です。

モバイルルーターに装着するだけでなく、スマホやタブレットが対応していれば、モバイルWi-Fiとして使うこともできます。

カスタムUプランで、テザリングで、他の端末から対象アプリを利用した場合も通信量はノーカウントとなります。

サポートは専用アプリのみ

donedone(ドネドネ)でサポートを受ける場合、専用のアプリのみでの受付となります。

電話などの問い合わせ窓口は用意されていません。

まとめ

donedone(ドネドネ)はキャリア回線よりも通信速度は遅いものの、ahamo(アハモ)・povo(ポヴォ)・LINEMO(ラインモ)と比べて、通信量は多めです。
楽天モバイルと比べると物足りないですが、MVNOに慣れている人であれば、3Mbps程度の通信速度でも満足できるのではないでしょうか?

割り引くクーポンは随時公式サイトで配布されているので、有効活用するといいでしょう。

>>donedone(ドネドネ)の公式サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました