誠和キャピタルのファクタリング「資金調達の速達」は最短3時間!

誠和キャピタル ファクタリング 資金調達の速達

誠和キャピタル(株)では、ファクタリングサービスとして「資金調達の速達」を展開しています。
24時間いつでも電話やメールなどで受け付けており、最短3時間で売掛金を現金化できます。

「資金調達の速達」では、いわゆる「給与ファクタリング」は行っていません。
企業間などで生じた売掛金の買取を行っています。

「資金調達の速達」は、2社間・3社間のどちらのファクタリングにも対応可能です。
買取可能額は最大5,000万円まで、2社間ファクタリングでの債権譲渡の登記に関しては相談可能です。

誠和キャピタルのファクタリング「資金調達の速達」の特徴まとめ

誠和キャピタル ファクタリング 資金調達の速達 特徴

「資金調達の速達」の特徴をまとめました。

全国対応可能

「資金調達の速達」は、日本国内どこからでも相談や問い合わせ、依頼を受け付けています。

必要に応じて、誠和キャピタルの担当者が自宅や会社などに訪問することもできます。

誠和キャピタル(株)は東京池袋にあります。

最短3時間で現金化

「資金調達の速達」では、24時間いつでも申し込みや問い合わせを受け付けています。

平日のお昼ぐらいまでであれば、最短3時間、土日祝日や平日夕方以降の問い合わせは、翌営業日には売掛金の現金化が可能です。(審査に合格した場合)

最大5000万円まで買取可能

「資金調達の速達」では、30万円~5,000万円の範囲内で売掛金を買い取っています。

少額の売掛金は買取対象外ですが、5,000万円を超える売掛金の売却は要相談となります。
まずは問い合わせてみるといいでしょう。

確定していない(締めてない)売掛金、紛争中や事件性がある売掛金、不良債権は「資金調達の速達」の買取対象外です。

売掛先会社の与信を審査

「資金調達の速達」では、審査に当たり、主に売掛先の企業・個人事業主の与信を対象とします。

あなたの会社や個人の与信状況が悪かったとしても一切影響はありません。
個人再生や自己破産、会社更生法や民事再生法などの適用後、返済がうまくいかずに金融機関からの新たな融資が受けられない状況でも、「資金調達の速達」のファクタリングを利用できます。

2社間・3社間のどちらでも可能

「資金調達の速達」では、2社間ファクタリング・3社間ファクタリングのどちらでも可能です。
あなたの都合の良い方で利用できます。

2社間ファクタリングの場合には「債権譲渡の登記」を行うことが一般的ですが、こちらは相談可能です。

誠和キャピタルのファクタリング「資金調達の速達」の口コミや評判は?

「資金調達の速達」を利用した人たちの口コミや評判などをまとめました。

「手数料」に関しては、利用者にとって大切な事前判断情報となるものです。
ぜひ参考情報などを公開して頂きたい情報。
引用元:ファクタリング研究所

他社と手数料の交渉をしながら利用。
最終的に一番融通が利いたので誠和はいいと思う。
引用元:google

「他社で断れた債権も買取可能」と、審査の通りやすさを前面に押し出しています。
後発のファクタリング業者ですので、ある程度条件が悪くても、買い取ってもらえる可能性があります。

一方で、ウェブサイト上ではファクタリング手数料などは開示されておらず、ファクタリング手数料は審査次第で何%になるのか?目安もわからないというデメリットもあります。
即日の資金化が必須という時間的余裕がない方、ほかのファクタリング業者に断られてしまった方におすすめのファクタリングサービスです。
引用元:ファクタリング比較コンシェル

私は3社間ファクタリングで、1,330万円の資金を調達できました。
2期連続赤字で税金や社会保険料の滞納があったのですが、担当者の方が親身になって話を聞いてくれました。
的確なアドバイスもしてくれます。
引用元:誠和キャピタルの口コミ評判※赤字で税金滞納でも資金調達できた

初めてのファクタリングでしたが、誠和キャピタルのおかげで資金を間に合わせられました。
担当のBさんにも親切にしていただき、債権譲渡登記なしでファクタリングできたのもよかったです。

唯一難点をあげるとすれば、手数料がホームページに載ってないことでしょうか。

今回は期日まで余裕がある状態でのファクタリングだったので電話で問い合わせましたが、急に資金が必要になったときはわざわざ電話をかける時間ももったいないので、誠和キャピタルは候補から外れてしまう気がします。
引用元:コポラボ

誠和キャピタルのファクタリング「資金調達の速達」の利用の流れ

誠和キャピタル ファクタリング 資金調達の速達 利用の流れ

誠和キャピタルのファクタリング「資金調達の速達」は、24時間いつでもメール・電話・FAXで問い合わせや相談を受け付けています。

手数料に関する口コミは色々と見られたため、まずは見積もりを取ってから、売掛金を買い取ってもらうかどうかを決めたほうがいいでしょう。

>>誠和キャピタルのファクタリング「資金調達の速達」の詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました