あったか火災の災害建物損害調査で火災保険の保険金が受け取れる?

あったか火災 災害建物損害調査

あったか火災の災害建物損害調査では、あなたが契約している火災保険・住宅保険・地震保険を活用した申請サポートを行っています。
一戸建て住宅はもちろんのこと、あなたがオーナーとして所有しているアパートやマンション、ビルなども対象となります。

あったか火災の災害建物損害調査では、現地調査などは全て無料で行い、調査報告書も無料で作成します。
火災保険の保険金申請を行い、保険金が実際に支給された場合のみ、成功報酬を支払うだけで構いません。

あったか火災の災害建物損害調査で、1件平均80万円~100万円の保険金が受け取れています。
過去には1,000万円近くの保険金が支払われたケースもありました。

あったか火災の災害建物損害調査の特徴まとめ

あったか火災 災害建物損害調査 特徴

あったか火災の災害建物損害調査の特徴をまとめました。

成功報酬制

あったか火災の災害建物損害調査は、料金は成功報酬制となっています。

リフォーム業者のなかには、火災保険で工事費用がまかなえるなどと称して、工事と並行して火災保険申請を行うところも少なくありません。
しかし、保険金が支払われなかった場合でも工事を行い、トラブルになるケースも発生しています。

あったか火災では、保険金が支払われた場合のみ、成功報酬が徴収されます。
保険金が支払われなかった場合には、あったか火災に1円も支払う必要はありません。

高い成功率

あったか火災の災害建物損害調査では、これまでの実績で保険金が支払われたケースは全体の80%以上と高いです。

破損状況などによって異なるために一概には言えませんが、支給された保険金の金額は平均80万円~100万円です。
一戸建てで250万円、マンションで1,000万円近い保険金が支払われたケースもあります。

一戸建て住宅・自己所有案件が対象

あったか火災の災害建物損害調査は一戸建て住宅(自己所有・家族所有)だけでなく、大家さん・オーナーなどとして所有しているアパートやマンション、ビルなどが対象です。
また、自己所有・家族所有であれば、工場や倉庫、ホテル、店舗なども対象になります。

賃貸の住宅/店舗などは対象外です。

現地調査/調査報告書の作成を代行

あったか火災の災害建物損害調査では、年間200件を超える申請サポートを行っている担当者が、

  • 調査報告書の作成に必要となる現地調査
  • 保険会社に提出する調査報告書の作成
  • 保険申請を通しやすくするためのアドバイス
  • 申請書類の書き方の説明

などを全て無料で行います。

なお、火災保険・地震保険などを使って保険金申請を行う場合、代行業者が直接申請するのは違法です。
保険契約者以外が申請することはできないため、実際の保険金申請は、あなた自身が行う必要があります。

もちろん、保険会社からの問い合わせや現地調査などに対して、あったか火災でサポート可能です。

あったか火災の災害建物損害調査の口コミや評判は?

あったか火災の災害建物損害調査を利用した人たちの口コミや評判などをまとめました。

半信半疑で調査を依頼したところ、隅々まで自宅の状況を見ていただきました。
雨樋が壊れているのと外壁が破損していて台風の被害の可能性があるという事で報告書を作成していただき、保険申請を協力してくれました。
思ってもいない臨時収入だったので家族みんな大喜びです。

火災保険で家を直せることを知らず、こちらのページを見つけて無料調査をお願いしました。
自分では手が届かない屋根の上を調査してもらい屋根の瓦のズレが見つかりました。
実際に申請してみると200万以上の給付金が降りてとてもびっくりしました。

昨年の台風で樋が歪んでしまったため、友人に相談したところ、こちらのページを紹介してもらい連絡しました。
最初に連絡をした時からとても親切にしてくださり、安心して無料調査を依頼することができました。

調査に来てくださった方も普段から気になってた箇所を隅々まで見てくれて、自分では自覚がなかったのですが、カーポートの損傷が見つかりました。
100万円も見舞い金がもらえてびっくりです。

また、以前の地震から気になっていた壁のヒビも地震保険で申請できることを教えて下さり、手伝って頂きました。
60万円給付されて、気になってる箇所を綺麗に直せました。

18部屋あるアパートの申請のお手伝いをして頂きました。
以前に自分で申請したときは自覚のある場所だけで30万程でしたが、今回プロに調査を依頼して、大きな給付金をもらえて大満足しています。
アパートの修繕費用に充てたいと思います。

震災で壁にヒビが入っていたのは気づいていましたが、実害もなかったのでそのままにしていました。
もし申請して降りたらラッキーくらいの気持ちで無料調査を依頼して、申請のお手伝いをしてもらったら、かなり大きな金額が支払われました。
軽い気持ちでも申し込んでみてよかったと思います。

担当の方とお話することで保険もかなり詳しくなりました。
自分の入ってる保険でも意外と知らないことが多いんだなと思いました。
軽い気持ちでも申込してみることをおすすめします。

まとめ

あったか火災の災害建物損害調査を利用することで、あなた自身では気づかなった被害なども明らかになります。
その結果、保険金の支給額も大きくなる場合が多いです。

また、あったか火災では、調査報告書を作成するだけでなく、申請手順や保険金支給の確率を高めるノウハウなども教えてくれるため、スムーズに手続きが行えます。
成功報酬制なので、リスク無しで依頼できるのが嬉しいですね。

>>あったか火災の災害建物損害調査の申込はこちら

タイトルとURLをコピーしました