保険申請の窓口で火災保険の保険金を使った外壁や屋根の修理ができる?

【PR】

保険申請の窓口

エクセレントマーケティング(株)が運営する「保険申請の窓口」では、あなたが現在契約している火災保険・住宅保険などを用いた保険金申請のサポートを行っています。

火災保険や住宅保険などは、火災による家屋の損壊だけでなく、台風や大雨、大雪、強風などによって生じる家屋の傷みに関しても保険金が支払われます。
大規模災害の場合には、罹災証明書の提示によって保険金申請も簡単に行えますが、一見すると被害がないように見受けられる家屋の場合、被災箇所を提示して保険会社に申請する必要があります。

この被災箇所の提示などが不十分だと、1円も保険金が支払われなかったり、本来受け取れる金額よりも大幅に安い保険金しか受け取れないという結果になりかねません。

「保険申請の窓口」では、専門スタッフが現地調査を行った上で、保険金申請に必要な資料作成のサポートを行います。
これまで5,000件以上の相談を受け付けており、受給成功率は95%、受給平均額は193万円という実績です。

「保険申請の窓口」は完全成功報酬制のため、保険金の受け取りができなかった場合には1円も支払う必要はありません。
受け取った保険金から成功報酬を支払った後は、家屋の修理などに使うことが出来ます。

保険申請の窓口の特徴まとめ

保険申請の窓口 特徴

保険申請の窓口の特徴をまとめました。

全国対応

保険申請の窓口は全国対応しています。

最寄りの地域の担当者が現地調査にうかがいます。

自己保有物件が対象/賃貸住宅は対象外

保険申請の窓口を利用できるのは、自己保有の一戸建て住宅・アパート・マンション・店舗などを保有し、火災保険・住宅保険などを契約している人のみです。
主に築5年以上であれば、利用することが出来ます。

なお、賃貸住宅は対象外となります。

支給される保険金額は高め

保険金

火災保険を用いた保険金申請をサポートするサービスを提供する業者が増えていますが、その質はピンきりです。

そもそも保険会社の審査で落とされるところは論外としても、同じ破損部分の申請をする際に、業者によって支払われる保険金の金額が大きく変わることは意外に知られていない事実です。

現地調査を行う担当者による差も大きいですし、申請書に添付する書類によっても、保険会社が認定する範囲や金額が変わります。

保険申請の窓口は、受給成功率は95%、受給平均額は193万円という実績です。

災害発生後に被災部分を修理し終えた場合でも、保険申請の窓口は利用できます。
保険金が支払われる場合もあるため、相談したほうがいいでしょう。

完全成功報酬制

保険申請の窓口の料金は完全成功報酬制となっています。
保険金が支払われなかった場合には、調査費用なども含めて、1円たりとも請求されません。

悪徳業者だと、先にリフォーム工事をはじめてしまい、その間に火災保険の申請を行うため、保険金申請に失敗した場合でも工事費用を請求してきます。

保険金が受け取れたとしても、申請書類がずさんなために、本来受け取れるはずの金額よりも大幅に安いことも珍しくありません。

一方、保険申請の窓口は保険金申請に特化しているため、このようなトラブルが起こる心配はありません。
火災保険で受け取った保険金から成功報酬分を支払った後の使い道は、あなたの自由です。

外壁や屋根、フェンスや雨樋など、災害で破損した場所の修理に当てるのはもちろんのこと、生活資金にまわしても構いません。

短期間で支給可能

保険申請の窓口に申し込んでから、現地調査を行い、保険会社に申請を出して保険金を受け取るまでの期間は最短1ヶ月、平均40日ほどと短めです。

保険金申請の仕方も知らずに自己流で行ったり、不慣れな業者に任せると、何度も保険会社から問い合わせが来たり、審査のために自宅訪問を行うなど、審査期間が長くなりがちです。
保険申請の窓口では、スムーズに審査が通過できるように資料を作成しているため、短期間で終わる場合が多いです。

なお、台風や大雨、地震などの災害が起こった後は、保険金申請の件数が増えるため、保険金を受け取るまでの期間が通常よりも長くなる傾向が見られます。

何度でも利用可能

火災保険の保険金申請は何度でも行えます。

同じ場所の同じ破損に関する保険金申請を何度も繰り返すことはできませんが、新たな災害などによって生じた被害に対しては、当然ながら申請できます。

このため、保険申請の窓口を何度も利用することも可能です。

火災保険の時効は3年です。
3年以内に発生した自然災害によって生じた破損等に関して申請をするため、例えば、10年前の地震による被害などは申請できません。

保険申請の窓口の口コミや評判は?

保険申請の窓口を利用した人たちの口コミや評判などをまとめました。

悪い口コミ

調査した時点では見つかりませんでした。

良い口コミ

そろそろ外壁塗装をしようと思っていた時に、各社に見積もりを依頼していました。
その中で保険申請の窓口様から火災保険の保険金で外壁塗装に充てることができると知り驚きました。
結果的に、自己負担なしで外壁塗装ができたので、満足しています。

以前の台風の時に屋根と外壁の修繕を自分のお金で依頼して行いました。
修繕した後にも保険金は利用できると紹介されて、御社へ依頼しました。
申請についての必要な書類も全て説明してもらいスムーズに保険金を受け取ることができました。

実家が古くなり、カーポートや玄関タイルが破損したため『保険申請の窓口』へ連絡。
2日後に現地にきてもらい、すぐに申請してもらいました。
私は遠方のいるため立ち会えなくても、担当者様が丁寧に両親に説明してくださったので感謝しています。

その他、公式サイトでは実際に保険金が支払われた事例が掲載されています。

保険金支給

保険申請の窓口の利用の流れ

保険申請の窓口の利用の流れをまとめました。

  • 申し込みフォームに必要事項を入力して送信
  • 「保険申請の窓口」担当者と調査日程の調整
  • 現地調査の実施(1時間から2時間程度)
  • 保険会社に申請するための資料の受け取り
  • 保険会社に保険金請求を行う
  • 保険会社による審査(問い合わせや現地調査が行われる場合もあります)
  • 保険会社から保険金の支給
  • 「保険申請の窓口」への成功報酬の支払い

>>保険申請の窓口の公式サイトはこちら