ワークエニー(WorkAny)で必要な人材を都合よく活用できる?

ワークエニー WorkAny

派遣社員やフリーランスなどを有効活用することで、企業は人件費を抑えながらも高いパフォーマンスを出すことが出来ます。
営業やIT、マーケティングなど、スキルが求められる分野において、実践力のある即戦力を有効活用のは大きいです。

しかし、クラウドソーシングで十分な人材が見つからなかったり、掲載費用がかかるといった問題も見られます。
派遣業者に依頼すると費用が高いので、気軽に依頼できないのではないでしょうか。

そこで役立つのが、ワークエニーWorkAny)です。

ワークエニー(WorkAny)はクラウドソーシングと同じように、企業や個人事業主などが案件や求人を出すことが出来ます。
定額料金で好きなだけ求人や案件掲載ができますし、ワークエニー(WorkAny)登録者に対してスカウトをかけることもできます。

ワークエニー(WorkAny)はオンライン上ですべての手続きが完結することもできますし、面接やテストなどでスキルチェックをしておくと安心です。



ワークエニー(WorkAny)の特徴まとめ

ワークエニー(WorkAny)の特徴をまとめました。

掲載は1ヶ月毎の契約

ワークエニー(WorkAny)は、1ヶ月毎の契約となります。
広告を出している期間のみ、毎月課金されます。

求人・案件を出す必要がない時期は、広告料などを支払う必要はありません。

また、成約手数料などの成功報酬の支払いは一切なく、毎月の支払いが一定になるというメリットが得られます。

求人件数は制限なし

ワークエニー(WorkAny)では、掲載できる求人や案件に上限はありません。

同じ求人でも切り口をかえて募集することで、良質な人材が集まりやすくなる場合も多いです。

スカウト可能

ワークエニー(WorkAny)では、求人や案件を掲載する企業や個人事業主だけでなく、仕事を探す個人も登録しています。

この個人が登録した情報をもとに、あなたが依頼する求人や案件にマッチした人材を探すことも出来ますし、適してそうな人材にスカウトを行うことも可能です。

もちろん、スカウトをおこなっても確実に対応するとは限りませんが、応募者を増やしたい時などに役立つ機能です。

雇用形態は自由

ワークエニー(WorkAny)では、あなたが採用する人材の雇用形態の指定はありません。

なお、仕事を探す立場の個人は「副業」「スキマ時間で稼ぐ」などといった切り口で登録しているため、正社員で募集をかけても応募する人は少ないでしょう。

個々のケースによって最適な雇用形態は異なりますが、現在募集している求人・案件などを見ていると、業務委託契約・請負契約などにすることが多いようです。



ワークエニー(WorkAny)の口コミや評判は?

ワークエニー(WorkAny)についての口コミや評判などをまとめました。

求人を出す側・求人を探す側の両方の口コミを紹介します。

>>ワークエニー(WorkAny)の詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました