Jin工房のバイオリンはストラディバリウスを超える?評判は?

jin工房 バイオリン

東京仙川にあるjin工房では、アメリカヴァイオリン製作者協会より「無鑑査製作家」(Hors Concours)の認定と「マスターメーカー」(Master Maker)という称号を得た陳昌弦氏が作成したバイオリンを数量限定で販売しています。

ヨーロッパで売られているバイオリンと比べて大幅に安い一方、音色はストラディバリウスなどのオールドバイオリンにも匹敵します。

この「東洋のストラディバリ」という異名を持つ陳昌弦氏は2012年に他界しているため、現在では、新たに製造することは不可能です。

Jin工房では、陳昌弦氏の子息である陳昌鼓氏がバイオリンの製作・修理などを行っており、アフターフォローも万全です。
ストラディバリウスの修理も手掛けており、評判も高いです。



Jin工房のバイオリンの口コミや評判は?

Jin工房のバイオリンを購入した人たちの口コミや評判などをまとめました。

世界に5人だけのマスターメーカーが創設した世界的な工房。
技術はもちろんだが、バイオリンで使用されている木材が他社とは比較にならない。
工房で見せて頂いた加工前の木材で音の違いがハッキリとわかるのには驚かされた。
引用元:google

家の近くのバイオリン工房
遅くまで、働いてる
ビッグコミックの漫画になったことだけありますね
引用元:インスタグラム



Jin工房のバイオリンの特徴まとめ

Jin工房 バイオリン 特徴

Jin工房のバイオリンの特徴をまとめました。

推定100年~400年の木材を使用

Jin工房のバイオリンで使用している木材は、陳昌鉉氏が生前にヨーロッパ各地を回って仕入れたものです。

中世時代の大聖堂や教会などの建造物の柱の梁に使われた材料が中心で、推定100年~400年という古材を使用しています。

秘伝の製法

Jin工房のバイオリンは、陳昌鉉氏が長年にわたる研究によって生み出した、独自の製法や道具で生み出されています。

塗装に使うニスも、何十年もの時間をかけて独自に開発したものです。
ミミズの粉末やセミの抜けがら、人間の糞など、あらゆる原料を試した結果、木材に合った最高のものが生まれました。

トップバイオリストが選ぶ品質

Jin工房のバイオリンは、内外のトップバイオリストが購入し、愛用しています。
ストラディバリウスにも負けない品質のバイオリンが低価格で購入できるとして評判です。

Jin工房のバイオリンには、以下のような特徴があります。

  • 楽器全体が響き渡る倍音豊かであること
  • 低音から高音までバランス良く響き渡ること
  • 温かく明るい音色
  • 艷やかな音色
  • クリアで鮮明

修理/メンテナンスも受付

Jin工房では自社製品だけでなく、幅広くバイオリンの修理・メンテナンスを行っています。

利用者からは満足の声が多いです。

Jin工房ではバイオリンの試奏を受付中

Jin工房のバイオリンは通販サイトから直接購入できます。

もちろん、実物を見てからでないと不安という人のために店頭での販売や試奏なども受け付けています。
京王線仙川駅近くにショールームと工房があります。

Jin工房では、新型コロナ対策や接客対応を十分に行えるように、来店は事前予約制としています。
専用のフォームで24時間申し込みを受け付けています。

>>Jin工房の詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました