JRECリフレクソロジースクールの口コミや評判は?修了後に役立つ?

JRECリフレクソロジースクール

日本リフレクソロジスト認定機構(JREC)が運営するJRECリフレクソロジースクールでは「JREC認定リフレクソロジスト養成講座レギュラーコース」と「JREC認定看護・介護に役立つリフレクソロジー応用講座」などを開設しています。

受講を修了し、試験に合格することで民間資格である「JREC認定リフレクソロジスト資格」を取得することが出来ます。

JRECリフレクソロジースクールの卒業生は20,000名を超えています。
修了後はリフレクソロジストなどとして独立したり、各種サロンで働くなど、多くの人が活躍しています。

このJRECリフレクソロジースクールの口コミや評判などをまとめました。



JRECリフレクソロジースクールの口コミや評判は?

JRECリフレクソロジースクールを受講した人たちの口コミや評判などをまとめました。

男女比で言うと、8対2で女性が多いです。
職業は、主婦、保育士など様々な方がいますが、看護師・介護職の方が多いのが特徴です。
医療・介護の現場で経験を積んできて、さらにスキルアップを目指す方や、自宅でサロンを開きたいという方が多いので、JRECは他校と比べて受講生の平均年齢が高いと思います。
20代後半~60代まで幅広くいらっしゃいますが、40代がボリュームゾーンです。

主婦の方は、自宅で働ける仕事を求めて受講する方が多いです。
介護職の方は、現場の利用者さんに施術してあげたいという目的で。看護師さんは、看護師を辞めた後を見越して、転職や自宅開業など次のキャリアに活かすために学ぶ方が多いです。
美容・癒し業界で働く方で、知識と技術をさらに深める目的で受講する方もいます。
引用元:ウーモアマガジン

あはき・柔整以外のマッサージ行為は違法です。
リラクセーションやリフレクソロジーなどと言わないと施術すら出来ないような仕事につきたいですか?
堂々と治療が行える国家資格を取得するために専門学校に行ったほうがよっぽどマシでしょう。

私が勤めている外科病棟は、疾患に対して手術を受けた患者さんが頑張って元気になっていく活気のある病棟です。

薬剤を処方したり、治療をおこなうのは医師であり、看護師の私が医師に相談してもなかなか参考にしてもらえず、患者さんの苦痛を減らすことは困難でした。
自分の力で患者さんの苦痛をとれるような技術を身につけたいと思いましたが、技術を身につけるための研修は長期に休みをとらなくてはならず、勤務しながらではとても無理でした。

そんなある日、JREC認定リフレクソロジスト養成の通信講座の記事を見つけ、資料請求をすると、すぐに連絡がありました。
アドバイザーの方に自分の思いを話すと、とても賛同していただき、リフレクソロジーを学ぶことに決めました。

私は肢体不自由児通園施設(現 医療型発達支援センター)で看護師として仕事をしています。
ここへは心身に様々な障がいを持つ就学前の子どもたちが保護者(主に母親)と通い、訓練(理学療法や作業療法など)や保育を受けています。

職場に復帰して一ヶ月ほど経った頃、JRECリフレクソロジースクール(旧TRA)からリフレクソロジーのレギュラーコース通信講座の案内が届き、それを見たときに「スクール案内に書かれているように、自然治癒力を引き出すことが本当にできたら、ここの子どもたちに何かできるかもしれない。」とすごく惹かれたのを今でも覚えています。

トリートメントをしているときに、ふと不思議な感覚になります。
心地良く眠っていらっしゃるクライアントさんを見ていると、とても愛おしいと思えるのです。
「サロンに来ただけでホッとする」、「身体がつらいときに、会いたくなって電話しました」と照れてしまうような嬉しい言葉をいただくと、「大切だ」とお互いが思う気持ちが伝わっていると感じるのです。
クライアントさんにとって、私はこういう存在でいいのだという私の位置、居場所が最近わかってきたように思います。
人に喜んでいただける。自分も楽しい、嬉しいと思える。そんな仕事に就けたことはとても幸せです。



JRECリフレクソロジースクールの特徴まとめ

JRECリフレクソロジースクール 特徴

JRECリフレクソロジースクールの特徴をまとめました。

西洋式リフレクソロジーを習得

JRECリフレクソロジースクールでは、リラクゼーションを学ぶだけではありません。

医療・看護・介護と連携したホリスティックセラピーを身につけることで、心身の不調を改善したり、毎日の健康管理に関するアドバイスも行えるようになります。

通信・通学で受講

JRECリフレクソロジースクールでは、リフレクソロジストを養成するために以下のコースを開設しています。

  • リフレクソロジスト養成講座レギュラーコース
  • リフレクソロジストプロ養成マスターコース
  • 看護・介護に役立つリフレクソロジー応用講座
  • リフレクソロジストトップインストラクターコース(通学のみ)

通信講座もしくは通学講座を受講し、修了することで受験資格が受けられます。(トップインストラクターコースは通学のみ)

その後、筆記試験・実技試験(コースによる課される試験内容は異なる)を受けて合格し、JRECに登録すると、資格保有者として名乗ることが出来ます。

JRECのリフレクソロジーライセンス

JRECのリフレクソロジーライセンスは、以下の5種類があります。

  • レギュラークラス
  • マスタークラス
  • トップインストラクター
  • サポートケアリフレクソロジスト
  • デイリーケアリフレクソロジスト

レギュラークラス

JRECリフレクソロジーの基礎を修得したことを認定。

リフレクソロジスト養成講座レギュラーコースの修了後、筆記試験に合格することで取得可能。

マスタークラス

JREC認定リフレクソロジストとして独立開業が可能なセラピストであることを認定。

リフレクソロジストプロ養成マスターコースの修了後、筆記試験・実技試験に合格することで取得可能。

資格取得後はJREC認定サロンの登録が可能。

トップインストラクター

様々なクライアントに対応できる上級セラピストであることを認定。

リフレクソロジストトップインストラクターコースの修了後、模擬授業を行い、合格することで取得可能。

資格取得後はJREC加盟スクールの開講が可能。

サポートケアリフレクソロジスト/デイリーケアリフレクソロジスト

高齢者や身体の不自由な方に対するトリートメントを習得したことを認定。

レギュラークラス以上を修了後、看護・介護に役立つリフレクソロジー応用講座を受講し、講座内で行う試験に合格することで取得可能。

試験合格者は、医療・介護・福祉に関する国家資格取得者(※)はサポートケアリフレクソロジスト、それ以外の方はデイリーケアリフレクソロジストとして登録されます。

(※)以下の国家資格保有者が対象
医師、鍼灸指圧マッサージ師、柔道整復師、助産師、看護師、介護福祉士、理学療法士、作業療法士、社会福祉士

PT・ST・OTとひとくくりにされることが多いですが、言語聴覚士は対象外となります。
また、ヘルパー(介護職員初任者研修など)やケアマネ(介護支援専門員)なども対象外です。

JRECリフレクソロジースクールでは問い合わせ・資料請求を受付中

JRECリフレクソロジースクールでは、資料請求・問い合わせを受け付けています。
あなたの将来設計や問題解決などにあったコースを選ぶ際に役立ちますし、各種相談も行っています。

口コミの中にもあったように、JRECリフレクソロジースクールは、ナースやヘルパーなどの受講が多いのが特徴です。

もちろん、資料請求や問い合わせをしても、無理やり受講させられるといった心配はありません。
気軽に問い合わせるといいでしょう。

>>JRECリフレクソロジースクールの詳細/資料請求はこちら

タイトルとURLをコピーしました