エバーグリーン・リテイリングの電気はどこでも料金が安い?口コミは?

エバーグリーン・リテイリング

エバーグリーン・リテイリングの電気は、沖縄電力エリアと一部離島を除き、全国から申し込めます。
バイオマス発電を行うイーレックスグループとして、全国15万件以上の世帯・法人などと契約を結んでいます。

エバーグリーン・リテイリングの電気は、従量電灯は東電・中部電力エリアでは10Aから、その他のエリアでは30A以上で契約できます。
アンペア制のない関電・中国電力・四国電力エリアでは誰でも契約可能できますし、旧電力と比べて使うほどに電気料金が安くなります。

しかし、このエバーグリーン・リテイリングに切り替えるメリットは有るのでしょうか?
利用者の口コミや評判などを調べました。



エバーグリーン・リテイリングの電気の口コミや評判は?

エバーグリーン・リテイリングの電気を契約した人たちの口コミや評判などをまとめました。

約3か月掛かった。
その間、連絡がこない事が多く、度々クレームを付けた。
多少の不安もあったが、料金、サービスともまあまあです。
引用元:価格.com

低圧電力をイーレックスに切替えると、電気料金が割高になります。
からくりはこうです。

基本料金の単価は表面上は下がりますが、東北電力や東京電力の電力会社では設定していない日割りの請求方法が新たに追加されます。

イーレックスは月の基準を30日に設定しています。
例えばカレンダーを参考に1月は31日あります。
この場合は、契約しているkWと基本料金単価に、31/30=1.03 自社で設定した計算式の1.03を掛けた上で、基本料金として請求してきます。(30日を超えた分を日割りで上乗せして請求)

電力会社は、日数は関係無く月単位で基本料金を設定しているため、イーレックスのような日割りの計算式など存在していません。
電力会社が設定していない基本料金の計算式に対して、新電力のイーレックスが勝手に日割りの計算式を追加していることが信じられません。

カスタマーセンターに上記の内容について連絡したところ、対応した方も、この事実には気づいていました。
ちなみに、ENEOSでんきに確認したところ、そのような日割り計算は存在せず、電力会社の基本料金の計算方法と同じとのこと。

新電力会社全てと思いきや、どうやらイーレックス独自の基本料金の計算式のようです。
低圧電力で契約中の皆さまはくれぐれも気をつけましょう。
引用元:電力会社Hack

東京電力の電気料金を基準としておおよそ1%~8%の割引になります。
毎月の削減量となりますので、トータルで考えると大きな節約になります。
東京電力エリアで一般的な4人家族の場合、年間¥10,164、お得になるという試算があります。
引用元:KAINORI



エバーグリーン・リテイリングの電気の特徴まとめ

エバーグリーン・リテイリング 電気 特徴

エバーグリーン・リテイリングの電気の特徴をまとめました。

沖縄・離島以外がサービスエリア

エバーグリーン・リテイリングは、沖縄電力のサービスエリア、一部の離島を除き、全国どこからでも利用できます。

東京電力・中部電力エリアは10A以上、それ以外のエリアは30A以上で契約できます。
アンペア制のない関西電力・中国電力・四国電力エリアは、誰でも申し込めます。

家庭向けの従量電灯だけでなく、低圧電力も申し込むことができます。

少量利用でも割安

一人暮らしで電力消費量が少ない人の場合、旧電力以外の選択がほとんどないことが多いです。

しかし、エバーグリーン・リテイリングでは、東京電力・中部電力エリアでは10Aから契約できます。(その他のエリアは30Aから)
アンペア制のない関西電力・中国電力・四国電力エリアを含めて、少量利用でも旧電力と比べて安くなります。

選択肢が乏しい一人暮らしの人向けの新電力として、エバーグリーン・リテイリングを選ぶのは悪くありません。

もちろん、値引き額は電力消費量が増えるに従って増えるため、安さを実感しやすいです。

LINEで電気料金お知らせで月50円安くなります。

違約金や最低契約期間の縛りなどはなし

エバーグリーン・リテイリングの電気は、最低契約期間のしばりなどは一切ありません。

いつ解約しても解約手数料の支払いなどは一切ないため、気軽に切り替えることができます。

卒FIT対応も可能

エバーグリーン・リテイリングでは太陽光発電の買取も行っています。

買取価格も高めなため、卒FITの選択肢の一つとして選んでみても悪くありません。

なお、エバーグリーン・リテイリングではオール電化向けのプランは用意されていません。
オール電化向けのプランから切り替えると電気代が大幅に高くなるおそれがあるため、注意が必要です。

>>エバーグリーン・リテイリングの電気はこちら

タイトルとURLをコピーしました