全日本ピアノコンクール2021のレベルは高い?参加するメリットは?

全日本ピアノコンクール2021

全日本ピアノコンクールは、2020年に第1回が「全日本ピアノeコンクール」として開催され、2021年は2回目となり、名称が変わりました。
小学生から社会人まで、年齢別の7種類のクラスにわけて審査が行われます。

全日本ピアノコンクール2021では、全国180箇所にわけた地区予選・都道府県予選は動画審査で行います。
その後のブロック審査・最終審査は、指定された会場か動画審査で参加できます。

しかし、全日本ピアノコンクールは歴史も伝統もないため、レベルが低いのではないかといった批判も見られます。
参加するメリットはあるのでしょうか?



全日本ピアノコンクール2021の口コミや評判は?

全日本ピアノコンクール2021の口コミや評判をまとめました。

YouTubeにupされた近況では、#全日本ピアノコンクール に挑戦との事。
時間との戦いになるかと思いますが、応援してます
引用元:インスタグラム

娘っち、エントリーしました。
が、やる気があるんだか、ないんだか、、、

ピアノは好き。
でも練習はできればやりたくないし、できるだけ手抜きしたい。

上手やなーと言われるのはやはり嬉しい。
弾いてみて、と言われるのもまんざら悪い気はしないようだ。

卒業式の伴奏も自らオーディションを受け、家では練習皆無だが、学校で練習しているらしい。

しかし、毎日の練習は、やはり尻をたたかないといけない。
大体こんなもんでいいやろ、と思ってそうな連日。
引用元:インスタグラム



全日本ピアノコンクール2021の特徴まとめ

全日本ピアノコンクール2021の特徴をまとめました。

公平性/透明性の確保

全日本ピアノコンクール2021では、一部の審査員の圧力や密室による会議で入選が決まらないように、公平性・透明性を重視する仕組みを導入しています。

  • 演奏順序による評価の偏りをなくす
  • 年齢や地域で偏りが出ないように審査員を配置
  • 評価項目を細分化し、相対評価の信憑性を向上
  • 何度でも演奏動画を見直して採点可能(地区大会、都道府県大会)
  • 演奏映像と審査結果をwebサイトで公開(ブロック大会・全国大会のみ)

恣意的な結果が生まれないようにすることで、コンクールの品質やレベルを保つのに役立ちます。

4段階の審査

全日本ピアノコンクール2021は、以下の4回の審査を行い、合格者や順位を決定します。

  • 地区大会(審査料を支払えば誰でも参加可能)
  • 都道府県大会(地区大会合格者のみ)
  • ブロック大会(都道府県大会合格者のみ)
  • 全国大会(ブロック大会合格者のみ)

地区大会は全国を179箇所に分割し、日本国外を加えた180ブロックで行います。

審査基準

評点は、審査員3~8名の審査員が10点満点で採点し、最高点・最低点を除いた後、残りの採点者の平均値で決まります。

なお、地区大会は最高点・最低点の排除は行いません。

年齢ごとに7種類に分割

全日本ピアノコンクール2021は、小学生から社会人まで参加できます。
2021年4月2日時点の年齢・所属に応じて、以下の7種類のクラスに分けられています。

A級:小学1~2年生
B級:小学3~4年生
C級:小学5~6年生
D級:中学生
E級:高校生
F級:大学生
G級:一般

動画審査/対面審査

全日本ピアノコンクール2021は、誰でも気軽に参加できるように、地区大会・都道府県大会は動画投稿により行います。

審査会場にて演奏を行うのは、ブロック大会・全国大会のみです。

全日本ピアノコンクール2021の締切は5月5日まで

全日本ピアノコンクール2021の地区大会締切は2021年5月5日までです。

以下の3つの作業をすべて済ませることでエントリー完了となります。

  • 参加費の支払い
  • 演奏曲の登録
  • 動画の提出

都道府県大会までは会場に足を運ぶ必要がないため、参加しやすいのがメリットです。

>>全日本ピアノコンクール2021にエントリーする

タイトルとURLをコピーしました