Bizlink(ビズリンク)はフリーランス常駐から新規中核まで!

Bizlink ビズリンク

(株)ビズリンクが運営する「Bizlink」(ビズリンク)は、フリーランスや副業を始めたばかりの人から、スキルや知識、実績が豊富な人向けの上流案件、さらには、ビジネスプロデューサーまで幅広く対応できるエージェントサービスです。

Bizlink(ビズリンク)では、フリーランス向けの定番である客先企業常駐案件はもちろんのこと、リモート案件も豊富に用意しています。
また、上流工程・マネジメント向けの案件や、新規案件の中核メンバーやビジネスプロデューサーなどとしても活動できます。

このBizlink(ビズリンク)を継続して利用することで、キャリアアップも期待できます。
直案件が多く、短期間で決められる高額案件も見つかります。

Bizlink(ビズリンク)の口コミや評判は?

Bizlink(ビズリンク)を利用した人たちの口コミや評判などをまとめました。

案件参画にあたり、契約締結も行っていただけました。
案件に参画後はメール・電話で2週間に1回程度のヒアリングやサポートがあります。
元々案件の内容と単価が、かなり妥協していたため、並行して案件を探して欲しいとお願いしていましたが、希望に添えず、残念でした。
また、勤務表のミスが発覚したにもかかわらず、何もして頂けなかったため、日割りの賃金が、更に低い金額となってしまった。
引用元:フリーランススタート

フリーランスとして独立後、WEB制作をメインとして実績を積みました。
その後、マーケティングやメディアの立ち上げに参画するなど案件の幅が広がり、今ではフリーランスのWEBエンジニアの友人達をマネジメントしながら、新しいWEBサービスの開発企画を任されるまでにステップアップできました。
引用元:パラレルワーカーズ

他エージェント比べて、IT業界以外の案件が豊富、口コミでも「他ではみかけない面白そうな案件が多い」という声もあります。
しかしながら、週末での稼働になることが多いため、休日はゆっくり休みたい・趣味を楽しみたい。という方にとっては不向きかもしれませんね。
引用元:アトオシ

Bizlinker(ビズリンカー)と呼ばれる企業課題の専門家が、企業の依頼内容を確認し、それにあわせたスキル人材やチームをBizlink(ビズリンク)を通して募集する形をとっているのが特徴となります。
企業との間にBizlinker(ビズリンカー)を挟むことによりフリーランス・副業者と企業・クライアントとのミスマッチを防いでいます。
引用元:うまづら

ビズリンク(Bizlink)では、関西の案件は取り扱っていません。
取り扱う案件の地域は、関東の東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県となっています。

では、フルリモート案件を取り扱って遠隔地に対応していたりはしないのでしょうか?

ビズリンク(Bizlink)には、フルリモート案件も一部あるのはあります。
ですが、あなたのスキルや該当案件受注後の実績によって判断されるケースが多いです。

いきなり、フルリモートの案件を獲得するのは難しい状況です。

「リモート案件は難しい」といった内容の口コミがありましたが、現在は急増しています。

【コロナ禍でリモート案件稼働昨年対比414%!!ITプロ人材のマッチングプラットフォーム「Bizlink」にてリモート案件が急増!】
株式会社ビズリンクのプレスリリース(2021年1月22日 09時00分) コロナ禍でリモート案件稼働昨年対比414%!!ITプロ人材のマッチングプラットフォームにてリモート案件が急増!

これまでは常駐が必須だった案件でも、新型コロナの感染拡散防止などの理由で完全リモートに切り替えるケースが増えているためです。

完全リモートになることで、常駐先の関東地方の企業の近くに住む必要がなくなり、関西など、地方から参画する人も増えています。

Bizlink(ビズリンク)の特徴まとめ

Bizlink ビズリンク 特徴

Bizlink(ビズリンク)の特徴をまとめました。

常駐案件/リモート案件が充実

Bizlink(ビズリンク)は、フリーランス・副業向けに、常駐案件・リモート案件を豊富に用意しています。
平日フルタイムだけでなく、週末のみ、週数日、打ち合わせをベースとしたコンサルティング案件など、さまざまな案件が見つかります。

特に、新型コロナの感染拡大以降はリモート案件が増加しており、今まで参加できなかった地方在住者の参画も増えています。

また、他社フリーランスエージェントでは見つからない案件も少なくありません。
企業側から依頼を受けた案件だけでなく、Bizlinker(ビジネスプロデューサー)が獲得してきた案件も多いためです。

スピード感を持った案件獲得が可能

Bizlink(ビズリンク)では、案件数や状況などにもよりますが、最短で応募した当日に採用が決まることもあります。

短期間で案件獲得できることも少なくないため、空白期間を最小限に抑えるのに効果的です。

キャリアアップがスムーズに行える

Bizlink(ビズリンク)では、一般的にフリーランスエンジニア・デザイナーに求められている作業・スキルの切り売りだけではなく、その先のステップアップも見据えた活動が可能です。

スタート時点ではコーディングやデザイン、運用などの案件が多いですが、実績を積むことで上流コンサル案件に参画することができる場合が多いです。

すでに正社員やフリーランスなどで実績があれば、いきなり上流コンサル案件から携わることもできますし、その分だけ報酬も高額です。

また、実績や経験のある希望者は、Bizlink(ビズリンク)内で「Bizlinker」とよんでいるビジネスプロデューサーのポジションにつくこともできます。
プロジェクトマネージャー兼コンサルタント的な役割となり、顧客の課題解決に対して、チームを作って対応していくことになります。

Bizlink(ビズリンク)に新たに求人を出したり、顧客との交渉・折衝を行うなど、高度なキャリア経験を身につけられます。

もちろん、マネージャー/リーダーなどのポジションでの仕事を希望しない場合は、Bizlinkerになる必要はありません。

Bizlink(ビズリンク)の利用の流れ

Bizlink ビズリンク 利用の流れ

Bizlink(ビズリンク)は、アカウント登録を済ませて、プロフィール欄に必要事項を入力すれば、事前準備は終わりです。

人工知能の独自アルゴリズムと独自選定基準にもとづき、案件とのマッチングが行われるため、効率よく案件獲得に向けて動けます。

>>Bizlink(ビズリンク)の詳細/会員登録はこちら

タイトルとURLをコピーしました