IT求人ナビ 新卒で文系でもIT企業に就職できる?就活に効果的?

IT求人ナビ 新卒

「IT求人ナビ 新卒」は、IT業界を目指す学生向けの就職支援サービスです。
大学生はもちろんのこと、大学院生、短大生、高専生、専門学校生など幅広く対応しています。

就活塾とは異なり、求人を紹介できる人材紹介サービスのため、あなたが支払う費用は0円です。

「IT求人ナビ 新卒」を利用するにあたって、学部や専攻などは全く関係ありません。
理工系や情報系学部はもちろんのこと、全く無縁の文系学部でも効果的に利用できます。

「IT求人ナビ 新卒」で確保している求人は、IT業界で珍しくないブラック企業を徹底的に排除しています。
全国主要都市の拠点とオンラインで、あなたをサポートします。



「IT求人ナビ 新卒」の特徴まとめ

IT求人ナビ 新卒 特徴

「IT求人ナビ 新卒」の特徴をまとめました。

無料で利用可能

「IT求人ナビ 新卒」は、就活塾のように費用を徴収される心配はありません。

民間の人材紹介サービス(有料職業紹介事業許可番号:13-ユ-303263)のため、ハローワーク等と同じように、求職者は完全無料で利用することができます。

「IT求人ナビ 新卒」では求人紹介だけでなく、就活情報源だけでは手に入らないIT業界の最新情報、キャリアカウンセリングなどの就活支援サービスも受けられます。

「IT求人ナビ 新卒」と他社就職支援サービス、リクナビやマイナビなどの就活サイトとの併用も可能です。

学部等は不問で利用可能

「IT求人ナビ 新卒」は、IT業界での就職を目指す就職活動中の学生であれば、誰でも利用できます。

理工系学部、情報系学部はもちろんのこと、全く畑違いの学部に在籍している人でも問題ありません。

大学生、大学院生、短大生、高専生、専門学校生など幅広く対応しています。(既卒・高校生以下は利用不可)

ブラック企業を排除/豊富な求人

「IT求人ナビ 新卒」では、IT企業やSI、SESなど、幅広い求人を用意しています。

特にSESにはブラック企業が目立つため、絶対に避けろなどとアドバイスをする人もいますが、すべて正しいわけではありません。
サービス残業や給料未払いなどの心配がなく、過労死のリスクがほとんどないホワイト企業も存在します。

また、入社後教育に力を入れている企業も多く、業務に必要な知識やスキルを研修で身につけてから配属できるので安心です。

「IT求人ナビ 新卒」では、独自の基準でブラック企業を排除しており、安心して働ける企業の求人を紹介しています。

全国各拠点/オンラインで対応

「IT求人ナビ 新卒」を運営する(株)アクロビジョンは全国主要都市(札幌、仙台、東京、愛知、大阪、広島、福岡)に拠点があります。

各都市圏における求人を集めているだけでなく、各拠点の担当者が就活生のサポートもあわせて行っています。

なお、新型コロナ対策として、2021年3月時点ではオンラインでの対応も強化しています。
各拠点に足を運ぶこと無く、カウンセリングや担当者との就活支援サービスをうけることが可能です。



「IT求人ナビ 新卒」の口コミや評判は?

「IT求人ナビ 新卒」を利用した人たちの口コミや評判などをまとめました。

IT業界の支援の実績が13年と業界ではかなり長いため様々な企業と関わり合いがあるサイトです。
様々なIT企業とコネクトがあるということは自分のなりたいエンジニア、例えばWEB系だったり、制御系のプログラミングをやりたいなど自分の志望する職種につける可能性が高くなります。
引用元:プログラマー探偵の事件簿

IT求人ナビはIT系のエンジニア、Webデザイナーの方々向けに特化した新卒就活支援サービスです。
総合職とエンジニア職では就職活動のやり方が大きく異なります。
文系でもエンジニアとして就職することはできますが、事前にスキルやポテンシャルをアピールするための準備が必要になってきます。
エンジニア職で就職活動を検討されている方はエージェントに相談しつついくつかの就活サービスを活用していくことをおすすめします。
引用元:文系エンジニア大学生の技術ブログ

私的にデメリットは一切ないと思います。
有意義な時間を過ごせると良いですね!
引用元:コロナ就活

「IT求人ナビ 新卒」の利用の流れ

「IT求人ナビ 新卒」の利用の流れをまとめました。

  • 無料会員登録
  • IT求人ナビ担当者とのカウンセリング(現在はオンラインで実施)
  • 必要に応じて求人紹介
  • 入社を希望する求人があれば応募
  • 応募した企業の入社試験を受験
  • 選考結果の通知(内定・お祈り)

「IT求人ナビ 新卒」を利用するにあたって費用はかかりません。

>>「IT求人ナビ 新卒」の詳細/会員登録はこちら

タイトルとURLをコピーしました