パナソニックのペットカメラ定額利用サービスより購入?サブスクは不利?

パナソニック ペットカメラ 定額利用サービス

パナソニックでは、ペットカメラの定額利用サービス(レンタル・サブスク)を行っています。
最長2ヶ月間は無料となり、その後も続けるほどに月額費用が徐々に安くなっていきます。

このパナソニックのペットカメラ定額利用サービスには、最低契約期間の縛りはありません。
解約手数料が徴収されるのは無料期間中のみと手軽に続けられます。

しかし、パナソニックのペットカメラ定額利用サービスを利用するよりも、同じ機種のペットカメラを購入したほうがいいのでしょうか?
サブスクのほうが高いというのでは、利用しようとは思わないかもしれませんね。

パナソニックのペットカメラ定額利用サービスより購入したほうがいい?

パナソニック ペットカメラ 定額利用サービス 料金

パナソニックのペットカメラ定額利用サービスは、契約翌月まで無料、継続するほどに月額費用が安くなります。

2021年2月時点では「KX-HDN215-K」と言う機種が提供されます。
価格.comによると、調査した時点での最安値は20,669円、店頭販売価格平均は24,491円でした。(いずれも税込)

パナソニックのペットカメラ定額利用サービスで支払う総額は、19ヶ月目に20,669円、23ヶ月目に24,491円を超えます。
節目ごとの支払総額をまとめました。

12ヶ月後:14,300円(2ヶ月分無料)
24ヶ月後:26,060円
36ヶ月後:37,820円
(いずれも税込)

なお、故障時の保証は、本体を購入した場合にはメーカー標準、もしくは、販売店などの延長保証のみとなりますが、パナソニックのペットカメラ定額利用サービスの契約中は無償で修理・交換が可能です。

その他費用

無料期間中に解約した場合のみ、解約手数料として1,430円(税込)が必要です。

また、初期設定がうまくできない人向けに訪問設定サービスを1回3,300円(税込)で行っています。
スマホ1台分の作業料金は含まれていますが、スマホ2台目以降の設定は1台あたり2,000円(税込)が別途必要です。

パナソニックのペットカメラ定額利用サービスの特徴まとめ

パナソニック ペットカメラ 定額利用サービス 特徴

パナソニックのペットカメラ定額利用サービスの特徴をまとめました。

最新のペットカメラをレンタル

パナソニックのペットカメラ定額利用サービスでは、契約時に指定された機種をレンタルできます。
通常は最新機種となり、2021年2月時点では「KX-HDN215-K」となります。

「KX-HDN215-K」には、以下の特徴があります。

  • 転倒防止構造でペットが横から押したりしても倒れにくい
  • 200万画素(フルHD)で撮影
  • カメラは左右360度、上下90度の首振りが可能
  • microSDカードに録画可能
  • スマホで外出先からリアルタイム確認/会話が可能(事前設定が必要)

など

詳細は、製品ホームページで確認できます。

ペットカメラ KX-HDN215-K | 商品一覧 | ホームネットワーク(ペットカメラ・ベビーモニターなど) | Panasonic
パナソニックの「ペットカメラ(KX-HDN215-K)」の商品サイトです。スマホで外出先からでもペットの様子を確認。ペットにいたずらされても倒れにくい「転倒防止構造」や、「行動ログ」「自動追尾機能」など幅広い機能で大切なペットをみまもります。

なお、レンタル中のペットカメラの買取はできません。
解約後は返却する必要があります。

返却しない場合には月額費用の課金が続きます。

サポートデスクを用意

パナソニックのペットカメラ定額利用サービスを利用するためには、インターネット接続・Wi-Fi(無線LAN)が必要です。
また、スマホに専用アプリをインストールしたり、スマホからペットカメラと通信ができるようにルーター設定が必要になります。

説明書は一通り揃っているため、経験者であれば簡単に作業できるとは思いますが、はじめて取り組む場合には不安がつきものです。

作業内容がわからなかったり、作業中に困ったことが起こった場合にはサポートデスクが利用できます。
パナソニックのペットカメラ定額利用サービスの契約中は、何度でも無料で利用できます。

また、初期設定などの作業を全て代行したい場合には、1回3,300円(税込)で担当者が訪問し、以下の作業を行います。

  • スマートフォンへの「ホームネットワークW」アプリのダウンロード
  • ペットカメラ・スマートフォン(1台)・無線ルーターの接続
  • ペットカメラの起動・セットアップ

スマホを2台以上設定する場合、2台目以降は、1台あたり2,200円(税込)が必要です。

故障時は無料修理/交換

パナソニックのペットカメラ定額利用サービスの契約中は、本体の無償修理・交換が受けられます。
修理・交換できる回数に制限はありません。

ペットカメラを購入した場合には、標準保証か、購入店独自の延長保証を利用するしかないため、安心して使い続けられます。

3年後に最新機種への変更も可能

パナソニックのペットカメラ定額利用サービスを利用して3年経過すると、最新機種に交換することが可能です。

同じ機種を使い続ける場合には、4年目以降は更に安くなります。
新商品と交換した場合には、レンタル料金は初月の水準に戻ります。

パナソニックのペットカメラ定額利用サービスの口コミや評判は?

パナソニックのペットカメラ定額利用サービスを利用した人たちの口コミや評判などをまとめました。

初期投資が少なくて済み、不要になればすぐに辞めることができるサブスクサービスであれば、高額な商品を購入しなくてもあなたの愛するペットをすぐにでも見守ることができます。
しかもですよ、このPanasonicのペット見守りカメラは、ただ「見守る」だけじゃないんです!
ペット好きのことをよくわかってるなぁって思う機能がてんこもりで、私のようなペット溺愛者には間違いなくおすすめできる高性能カメラです。

だいたいの家庭ではインターネット環境はあるでしょうから、Wi-Fiが使える無線LANを整備して普段使っているスマホに専用アプリをインストールすれば大丈夫です。
引用元:イエ家いえ!

また、ペットカメラ「KX-HDN215-K」の口コミや評判もあわせてまとめました。

画質は良いです。暗くても見えます。
たまにwi-fiと繋がらない時があります。

アプリは出来が悪いです。
数十秒ごとに接続が切れ「通信を継続しますか?」と表示されます。
動作を検知して通知・録画する機能と、動いてるものを追尾する機能の相性が最悪です。
検知範囲を設定しても、カメラが動くと検知範囲が変わるので誤検知が多く使い物になりません。

ハードは良いですが、ソフトが悪すぎて、総合的な満足度は低いです。
引用元:amazon

オシャレとは言えないかもしれませんが、部屋の中にあっても違和感ありません。
設定で画質を選べますが、一番良い画質だと本当にクリアに写ります。
カメラの向きを調整するのが少し難しいですが、慣れれば問題ありません。
温度検知機能が付いていて、設定温度外になると通知が来るので夏場の留守番の時には特に便利です。
他にはよく使うアングル(ベッドやトイレなど)を設定しておくと、ワンタッチでそこにカメラを向けてくれます。
自動追跡機能もあり、活発な子の動きも追ってくれます。
留守番カメラの中では大きい部類になるので狭い部分には置けませんが、転倒防止機能が付いているので、愛犬・愛猫の手(足)が届く場所にも置けます。
引用元:価格.com

使っていたカメラの調子が悪くなり、本商品に買い換えました。
画質も良く、自動追尾機能や良く見る場所を登録できる機能、設定温度の範囲外になると知らせてくれる機能などがあるので大変使い易いです。
留守番カメラは緊急時の命綱と言っても過言では無いので価値は十分にあります。
引用元:楽天市場

数日前にパナソニックのドアフォン(VL-SWH705KS)を購入し、室内カメラを連動させようかと製品を検索したが、画素数で調べるとこの機種が200万画素で最新式だった。
使用目的は高齢者の看護・監視なのでドアフォンに連動しなくても良いので本製品に決定。

スマホへの連動、設定も問題なく、スマホからの遠隔操作も室内に置いては問題なし(ネットワークは光)
外出先で4Gでの遠隔操作がどのようになるか、また、全体的な使い方も判らないが、追尾カメラ機能、音声機能、画素数(15M位離れていてもズームでそこそこ判断可能)は満足している。
ネット環境は今後、5Gが普及すれば自宅以外での接続でもスムーズに動作するのではないかと思う。
※スマホ画面上でのカメラの旋回、角度調整の動作

製品名称が「ペットカメラ」というのもなんだかなぁ、という気がしないでもない。
使用目的がペットではなく、高齢者、認知機能障害者を対象とした場合、高齢者・認知機能障害者はペットじゃないよ、という拗ねた考え方がないでもない。
引用元:ヨドバシカメラ

まとめ

パナソニックのペットカメラ定額利用サービスは、ペットカメラを手軽に試してみるのにいいですね。
購入するのにためらっていた人でも手軽にスタートできます。

サポートセンターが用意されており、壊れた時に無料で修理・交換が受けられるのは心強いです。

>>パナソニックのペットカメラ定額利用サービスの詳細/申し込みはこちら

タイトルとURLをコピーしました