DoRACOON(ドゥラクーン)モバイルWi-Fiの口コミ・評判

DoRACOON ドゥラクーン

DoRACOON(ドゥラクーン)は、法人・個人事業主(商号登記を済ませていることが条件)を対象としたモバイルWi-Fiサービスです。
1日5GBまでは通信規制なし、5GBを超えても10GBまでは最大1~3Mbpsでの通信速度でインターネットにつながります。

DoRACOON(ドゥラクーン)はクラウドSIMを採用しています。
通信大手3社の回線のエリア内であればインターネット接続が可能です。

このDoRACOON(ドゥラクーン)は、最低契約期間や解約手数料などは一切不要です。
利用者の口コミや評判はどうなのでしょうか?



DoRACOON(ドゥラクーン)の口コミや評判は?

DoRACOON(ドゥラクーン)を利用している人たちの口コミや評判などをまとめました。

フリーランスです。申し込んだら審査で落とされました。
税務署に出した開業届の欄に書いた屋号ではだめみたいで、法務局に商号登記をしないと利用できないらしい。
そもそも商号登記する必要性がない仕事で、余分な手間もかかるので諦めました。
もっと安いポケットWiFiを探します。

夏休みや冬休みなどの長期休み期間中は、ポケットWiFiを利用しないため、休止プランがあるDoRACOONにした。
端末代は掛かるけど、休止期間ですぐペイできるし、長期スパンで考えたら他のポケットWiFiよりお得に感じる。
引用元:ポケットWiFi比較のクラウェブ

早い時は30~40Mbpsと爆速でした(昼~夕方に早い印象)。
また遅い時は2~3Mbpsでした(21時以降などに遅い印象)。
とは言え、遅い時間帯であってもYouTubeなどの通常再生は問題なく行えました。
引用元:スマネット探偵

「DoRACOON」のルーターは、あくまでも国内専用となっています。
海外でも使用したい場合は、別途海外用のSIMカードを購入してAPN設定などを行う必要があります。
引用元:Wi-Fiの森

Fire TV Stick(Amazon)でビデオ画質を最高画質に設定してAmazonビデオやYouTubeを異なる時間帯(朝/昼/晩)に観てみましたが、特にフリーズすることなく閲覧できました。
※ストリーミング再生なので、たまに動画と動画の合間(バッファリング中)に更新マークが一瞬表示される程度

私の環境では12前後や19時前後の回線が混雑する時間帯でも画質が悪くなることはありませんでした。
検証に使ったFire TV Stickでは最高画質/高画質/標準画質が選べるので最高画質を選択していたのですが、設定に関わらず特にストレスを感じることは無かったです。

私の生活圏内に限っていえば、全く問題なく光回線の代わりに電子機器が利用できたので、法人向けポケットWiFiの通信品質の高さ(期待以上のパフォーマンス)に正直驚きました。
引用元:ベストシム



DoRACOON(ドゥラクーン)の料金

価格はすべて税込です。

初期費用

登録事務手数料:3,300円
端末料金(U3 DOR2):21,780円

月額費用

4,180円(初月は日割り)

通信を行わない(休止)月は、事前に手続きをした上で、月550円が必要です。

オプション

機器補償オプション:月550円

入会時のみ申し込みが可能。
自然故障や偶然の事故による故障が発生した場合に端末を交換できます。
1年以内に2回以上の交換を行う場合は有償となることもあります。

支払い方法

  • クレジットカード
  • 口座振替(手数料として月330円が別途必要)
  • 銀行振込(郵送で請求書を送る場合は1通330円が必要、振込手数料は自己負担)

DoRACOON(ドゥラクーン)の特徴まとめ

DoRACOON ドゥラクーン 特徴

DoRACOON(ドゥラクーン)の特徴をまとめました。

法人/個人事業主(商号登記済)専用

DoRACOON(ドゥラクーン)は、会社登記を済ませた法人、もしくは、商号登記を済ませた個人事業主のみが契約できるモバイルWi-Fiです。

入会前に交渉すれば、個人でも利用できるなどと言ったテマやフェイクニュースが流れていますが、口コミにもあったように入会時審査で落とされます。

国内専用モバイルWi-Fi

モバイルWi-Fi業者のなかには、外国でも同じ端末で通信が行えるところもあります。

しかし、DoRACOON(ドゥラクーン)は日本国内専用です。
外国に持っていっても、そのままでは使えません。

日本国内では、4G(LTE)、3G回線での通信を行います。
2021年2月時点では5G回線には対応していません。

端末購入が必要

DoRACOON(ドゥラクーン)を利用するにあたっては、申込時に端末を購入する必要があります。

端末はクラウドSIMに対応したモバイルルーター「U3」と全く同じスペックの「U3 DOR2」となります。

なお、市販のU3をDOR2として流用することはできません。
DoRACOON(ドゥラクーン)の解約後、再契約する場合には、同じ端末を使い回すことはできず、改めて購入する必要があります。

一定期間つかわない場合には「休止コース」を選ぶといいでしょう。

クラウドSIM

DoRACOON(ドゥラクーン)では、クラウドSIMを採用しています。

NTTドコモ・au・ソフトバンクの回線のいずれかが接続することで、広い範囲で安定したモバイル通信が行なえます。

他社モバイルWi-Fiと同じように、DoRACOON(ドゥラクーン)でもソフトバンクにつながることが多いようです。
もちろん、ソフトバンクの通信エリア外では、NTTドコモ・auのどちらかにつながります。

SIMプールは充実している模様

DoRACOON(ドゥラクーン)と同じように、クラウドSIMを採用したモバイルWi-Fiは数多くあります。

2020年春頃、クラウドSIMを採用したモバイルWi-Fiにおいて通信トラブルが続出しましたが、その原因として挙げられているのが「通信業者側で用意している物理SIM(SIMプール)の枯渇」です。
当時は通信量無制限・使い放題をいうセールスを行っていたために、膨大な通信量が発生していたと言う背景もあります。

このときの反省も踏まえてか、現在は無制限でサービスを提供するモバイルWi-Fi業者はなくなりました。

DoRACOON(ドゥラクーン)でもSIMプールが枯渇しないように、具体的な数などは非公開ですが、他社と比べて多くの物理SIMを用意しています。

通信制限は1日単位

DoRACOON(ドゥラクーン)では、1日の通信量が5GBを超えると、段階的に速度制限が課せられます。

1日5GB以内:通常速度(下り150Mbps/上り50Mbpsが最大)
1日5GB~10GB:下り最大1~3Mbpsに通信制限
1日10GB以上:下り最大128Kbpsに通信制限

大量通信ができないように速度制限を課すことで、SIMプールの枯渇を防いでいます。

DoRACOON(ドゥラクーン)ではキャンペーン実施中

DoRACOON(ドゥラクーン)を扱う代理店「(株)NNコミュニケーションズ」では、端末購入の負担を軽減するために10,000円キャッシュバックを行っています。
申込後、確認の電話が来た際、オペレーターに振込先口座番号を知らせるだけで手続きが終わります。

キャッシュバックまでのハードルが低いため、受け取りに失敗する可能性は低いです。
課金開始月から最短2ヵ月後にキャッシュバックが振り込まれます。

>>DoRACOON(ドゥラクーン)の詳細/申し込みはこちら

タイトルとURLをコピーしました