コーチェット(CoachEd)なら3ヶ月でコーチングをマスター?

コーチェット CoachEd

コーチェット(CoachEd)は、「人を生かし育てるリーダー」になるためのコーチング習得プログラムです。
3ヶ月間のカリキュラムでコーチングを習得し、リーダーとして活躍できるようになります。

一般的な集合研修とは異なり、コーチェット(CoachEd)は、あなた一人に対して専属のトレーナーとコーチの2人が担当します。
週1回、合計12回以上のコーチング・学習セッションと、その他の日の実践を繰り返します。

コーチェット(CoachEd)は全てオンラインで行われます。
受講会場などに、定期的に足を運ぶ必要はありません。



コーチェット(CoachEd)の特徴まとめ

コーチェット CoachEd 特徴

コーチェット(CoachEd)の特徴をまとめました。

チームリーダーや経営者などが対象

コーチェット(CoachEd)を受講できるのは、実際に部下がいる経営者や管理職などのリーダー層となります。

座学だけではなく、日々の中で実践するため、現在は平社員・派遣などで、将来のために教養として身につけておきたいと考える若手などは対象外です。

完全オンラインプログラム

コーチェット(CoachEd)は、研修会場などに足を運ぶ必要はありません。

すべてのプログラムがオンラインで行われるため、インターネットに接続できる端末があれば、どこからでも受講できます。

新型コロナなどの感染リスクを気にする必要がありませんし、移動時間も不要になるため、時間を有効活用するのにも役立ちます。

専属のトレーナーとコーチが担当

トレーナー コーチ

コーチェット(CoachEd)は、一般的な研修のように、講師一人に多数の受講生という形式ではありません。
家庭教師や個別指導、プライベートジムのような感覚で利用できます。

あなたに対して、それぞれ専属のトレーナー・コーチが各1人以上つき、個別指導・コーチングを行います。

トレーナーは、あなたが確実に学びを身につけるのをサポートしていきます。
コーチは経営者向けの支援経験があり、あなたのリーダーとしての成長に寄り添い、学びを深めていきます。

オーダーメイドプログラム

コーチェット(CoachEd)は、決まりきったカリキュラムを順番にこなしていくわけではありません。

体系的にコーチングを習得できるように設計されたカリキュラムをベースとして、あなたの知識や現在の状況、改善が必要なポイントなどに応じてカスタマイズをしていきます。

あなた自身の成長課題にあったオーダーメイドのカリキュラムにすることで、最適な結果を残せるようになります。

PDCAサイクルで学習効果を高める

PDCAサイクル

コーチェット(CoachEd)でトレーナーやコーチとビデオ通話で出会うのは週1回(1回60分から80分、合計12回)です。
この中で、「人を育てるビジネスリーダー」になるためのコーチングの技法などを学んだり、あなた自身がコーチングを受けて成長していきます。

その結果を踏まえた上で、日々の行動の中で実践し、デイリーログに残していきます。
デイリーログはトレーナーやコーチもチェックしており、適切なフィードバックを行っていきます。

また、実際のコーチングを録音・文字起こしをし、フィードバックを行います。

3ヶ月間にわたって、このPDCAサイクルをまわすことにより、座学だけではえられない学習効果を高めていきます。



コーチェット(CoachEd)の口コミや評判は?

コーチェット(CoachEd)を受講した人たちの口コミや評判などをまとめました。

事業を立ち上げて早いものでもう1年が経過しました。

メンタルを変えるためには、根っこから変える必要があります。
しかし 自分一人で行うことは容易ではなく、誰かに引き上げてもらうしかありません。

私は、外部の力を利用して、根っこからメンタル意識を変えることに成功しました。
「自分に自信がつく」「やるべきことを集中して行う」「不安になっても立ち向かえる」など に対して向き合えるようになりました。

同じような悩みを持っているのならば、コーティングがおすすめです。
引用元:「必見」コーチングを学ぶなら!CoachEd(コーチェット)がおすすめ

受講後は、期待していたスキルが身についたことはもちろん、内省する機会が多く、自分自身のコミュニケーションの改善点も見つかりました。
苦手なところに向き合う瞬間は苦しさもありましたが、うまく付き合っていくイメージが掴めたのはよかったです。

受講中から自分のコミュニケーションの変化を感じていましたし、終わってからも継続してコミュニケーションの解像度が上がり幅が広がっている気がしています。

CoachEdを通して、自分自身を客観的に見ることができるようになったのが大きいですね。
自分の強みや弱み、性格的な傾向への解像度が上がって、対話において意識すべきことが明確になったので、どんなコミュニケーションタイプの相手にも合わせられる余裕と自信が持てるようになりました。

CoachEdの方に僕の苦手なタイプになりきってもらったロールプレイも楽しかったですね。
何を考えてるかよくわからないような素っ気ないリアクションをされながら、相手が本当に伝えたいことを質問を通して引き出すセッション。
難しさもありましたが、前向きに取り組めたし、結果的に色々と引き出せたので達成感がありました。

ロールプレイをたくさん重ねられたのもよかったです。
コーチングをしながら、自分自身の癖に気づいて、内省し、結果的に自分をコーチングしているような感覚もあったり。
いろいろなキャラクターや状況を体験して、”使えるコーチング”を定着させることができました。

想像以上によかったのはデイリーログのシステムです。
セッション内容や自分の課題感をもとにつくられた質問に沿って、毎日振り返りを書く。
何もなかったら忘れてしまいがちなところを、デイリーログがあることで「そうだ、これを意識するんだった」と思い出せました。

しかも、毎日コメントしてくださる。
リアクションがあったからこそ続けられました。

コーチェット(CoachEd)は無料のプレコーチングを実施

コーチェット(CoachEd)では、マンツーマンでのカリキュラムを体験(プレコーチング)を無料で行っています。
所要時間は1時間程度、zoomを使って行います。

その後、実際にコーチェット(CoachEd)を受講するかどうかを決めるといいでしょう。

>>コーチェット(CoachEd)の詳細/プレコーチングを申し込む

タイトルとURLをコピーしました