交通事故慰謝料診断所で交通事故被害者の慰謝料支払額が相場以上に?

交通事故慰謝料診断所

交通事故の被害者は、加害者が加入している自動車保険の担当者などと交渉をすることが一般的です。

最近では、保険会社が自己負担分を出さないために「自賠責基準」の慰謝料しか提示しないケースも増えているそうです。
被害者が本来受け取れる水準からすると安すぎますが、交渉をしてもそのまま打ち切りで終了となる場合が多く、黙って受け入れるしか無いという結果になりかねません。

各地の交通事故紛争処理センターを利用する方法もありますが、役所仕事のために融通がきかないですし、体を痛めた状態でセンターに通うだけでも大きな苦痛です。

そこで役立つのが、弁護士法人永和総合法律事務所が運営する「交通事故慰謝料診断所」です。
交通事故対応に豊富な実績を持つ弁護士に相談できます。

弁護士を通して保険会社と交渉することで、慰謝料の金額が「自賠責基準」の相場を超えることが一般的です。

その上、あなたが契約している自動車保険の「弁護士特約」を利用すれば、自己負担0で弁護士に依頼ができます。



慰謝料の基準は3種類

交通事故慰謝料診断所 特徴

交通事故被害者に提示される慰謝料として、以下の3種類があります。

  • 自賠責基準(法令で定められた最低限の基準)
  • 任意保険基準(保険会社独自の基準)
  • 裁判基準(過去の裁判の判例などを基にした基準)

保険会社の担当者は、慰謝料の自社負担額を減らすために、最初は自賠責基準を提示することが少なくありません。
非常に金額が安いために文句を言う被害者が多いですが、交渉次第で受け入れる被害者もいるため、とりあえず出してみるといった場合が多いようです。

その後、「最大限の譲歩」などと称して出てくるのが任意保険基準です。
これでも保険会社からすれば、十分な利益が見込めるために、担当者の腕の見せ所ともいわれています。

しかし、裁判所や交通事故紛争処理センターなどで認定される被害額を元に算出される裁判基準の慰謝料と比べると、任意保険基準でも相当安いです。

とはいえ、交通事故被害者が「裁判基準の慰謝料を出せ」と交渉したところで、保険会社の担当者には相手にされません。
「慰謝料なしで打ち切り」などと脅されて泣き寝入りといったケースも出てきます。

そこで、弁護士を代理人とし、裁判所や交通事故紛争処理センターに持ち込むことをちらつかせながら交渉することで、ようやく「裁判基準の慰謝料」が出てくる場合が多いです。

交通事故慰謝料診断所の特徴まとめ

交通事故慰謝料診断所の特徴をまとめました。

慰謝料アップ診断で裁判基準の慰謝料がわかる

慰謝料アップ診断

交通事故慰謝料診断所の「慰謝料アップ診断」を用いると、「裁判基準の慰謝料」の概算がわかります。

慰謝料アップ診断は30秒程度で済ませられますが、あまりの金額の違いに驚かされるのではないでしょうか?

弁護士に相談できる

交通事故慰謝料診断所では、慰謝料アップ診断から、交通事故対応に豊富な実績を持つ弁護士に相談することが可能です。

全国どこからでも電話やメールで相談できるので安心です。

弁護士特約を使えば自己負担ゼロ

弁護士法人永和総合法律事務所に依頼する場合、あなたや家族が加入している自動車保険を確認するといいでしょう。

「弁護士特約」がついていれば、あなたが依頼する際の弁護士費用は保険会社が支払うため、自己負担はありません。

弁護士特約がない場合でも、着手金や相談料は全て無料、回収金額(慰謝料)の22%(税込)を成功報酬として請求されるだけです。
あなたが受け取った慰謝料から支払うことで自己負担はゼロになります。



交通事故慰謝料診断所の口コミや評判は?

交通事故慰謝料診断所を利用した人たちの口コミや評判などをまとめました。

保険会社が提示してきた金額は、70万円でした。
一般的には保険会社に任せっきりじゃないですか?
でも、この弁護士事務所に相談した結果「160万円」が返ってきたんですよ!
その差は90万円!!
信じられない金額ですよ。
引用元:マジ? 目からうろこ…これアリかも!

保険会社の方に全て任せていたのですが、このままでいいのかと不安になり、診断をしてみました。
まさかこんなに変わる可能性があるとは思っていなかったので、正直驚きました。
一旦立ち止まって考え直してよかったと思っています。

こんなものか。そう思っていたのですが、友達に教わり、軽い気持ちで診断しました。
これだけ差額が出る可能性があるとなると、さすがに保険会社に任せっぱなしには出来ません。
弁護士さんにお願いしようと思います。

事故による影響で、何もしたくなくなり、示談金については保険会社の方に全て任せてしまっていたのですが、今後の事も考え、念のためにと診断しました。
これだけの金額差が出ると、人生が大きく変わると思います。
思い止まって診断を受けてよかったです。

>>交通事故慰謝料診断所の詳細/診断申し込みはこちら

タイトルとURLをコピーしました