モコモコゼミのハイブリッド通信教育で自宅で小学受験対策?評判は?

モコモコゼミ

モコモコゼミは、幼児教育を行う「こぐま会」が提供するハイブリッド通信教育です。
こぐま会で行っている「螺旋型カリキュラム」を採用しており、年齢別に、同様の単元を少しずつ難易度を上げながら繰り返し行うことで、独学でも知識の確実な定着を目指します。

モコモコゼミは紙ベースの教材です。
オプションでオンライン教材(モコモコちゃんねる)も利用できますが、学校では紙ベースでの学習が多いことを配慮して、タブレットなどは不採用としました。

モコモコゼミは小学校受験対策の通信教材として使えるだけでなく、SAPIX(サピックス)の通信教育「ピグマキッズくらぶ」とも提携しています。
小学校入学後にスムーズに移行できますし、中学受験の対策を早いうちから行えるようになります。



モコモコゼミの特徴まとめ

モコモコゼミ 特徴

モコモコゼミの特徴をまとめました。

年齢別のコース分け

モコモコゼミは、年齢に応じて、こまかくコース分けがされています。

  • プチコース(1-2歳)
  • プレコース(2-3歳)
  • 年少コース(3-4歳)
  • 年中コース(4-5歳)
  • 年長コース(5-6歳)

年長コースの1-3月には、小学校就学準備ためのカリキュラムが編成されています。
小学校入学前に、無理なく割り算の基礎にまで達する学力を身につけられます。

なお、実際の年齢よりも、年齢的に上・下のコースを受講することも可能です。

「算数強化トレーニング かんがえるさんすう」がオプションで用意されており、幼児のうちに四則演算を身に付けさせることも可能です。

螺旋型カリキュラム

モコモコゼミでは、こぐま会が実践している「螺旋型カリキュラム」を採用しています。

はじめのうちは、受講生の理解できる範囲のレベルで学習させて、受講生が理解したら、その理解した度合いにあわせて学習レベルを上げていきます。
この繰り返しにより、挫折をすることなく、スムーズなレベルアップが実現できます。

モコモコゼミは、4月から翌年の3月にかけて、徐々に学習レベルを上げていき、次のコースにうつるという流れになっています。

同じコース内であれば、年度途中からでも気軽に参加できます。

紙ベースの教材

幼児教育では、動画などを使ったタブレット・パソコンなどによるオンライン教材が増えています。

紙ベースの教材と比べると、動画や操作などを併用したほうが理解しやすいため、飽きっぽい子供を対象とした幼児教育としては効果的です。

しかし、小学校入試や学校教育では紙媒体を用いることが一般的なため、モコモコゼミでは早いうちから慣れておくために紙ベースの教材としています。

プレコース~年長コースは、オンラインオプション「モコモコちゃんねる」も利用できます。

モコモコゼミの料金

モコモコゼミはコースによって料金が変わります。
一覧にまとめました。

コース名月会費(税込)備考
プチコース
(1-2歳)
1,408円
プレコース
(2-3歳)
2,662円もこもこチャンネルは月1,078円
年少コース
(3-4歳)
2,662円もこもこチャンネルは月1,078円
年中コース
(4-5歳)
2,662円もこもこチャンネルは月1,078円
年長コース
(5-6歳)
2,662円もこもこチャンネルは月1,078円
算数強化
トレーニング
1,628円

入会金などは一切不要です。

最低契約期間もないため、いつでも自由に退会できます。

退会締切は、毎月15日となります。
15日までに退会手続きが完了した分については、翌月以降の配送はありません。

支払い方法

  • クレジットカード
  • コンビニ・銀行後払い(手数料が別途必要)



モコモコゼミの口コミや評判は?

モコモコゼミを受講している人たちや親御さんの口コミや評判などをまとめました。

通信教育の月会費としては平均的です。
ただ、他の通信教育の教材のボリュームと比べると割高かなあ・・・という感想です。

年長コースは可愛いキャラとは裏腹に意外とハードな内容でびっくりしました。
文章がたくさんあり、しっかり読んで内容を理解しないと解けないつくりです。
先日受けた四谷大塚の全国統一小学生テストの年長コースと同じような内容もたくさんありました。
引用元:SIMPLE LIFE!

モコモコゼミは、こぐま会代表・久野先生が長年教室で指導してきた経験を踏まえて開発された通信教育教材です。
実際に指導した内容に沿っているというところが特徴!

こぐま会は首都圏に4校のみですが、たくさんの入試合格者を出していますので、その内容は折り紙付き。
子どもたちにとっても使いやすいからこそなんでしょうね。

うちの娘はプチコースに申し込みました。
申し込み時1歳8ヶ月。
教材が届いてからわかったことですが、プチコースはワーク感はありません。
導入編なので、楽しさを実感するコースになっています。
見た目はゆるキャラですが、中身はこぐま会のエッセンスがしっかり感じられる良教材でした。
引用元:オウチーク教材ガイド

小学校受験では、ペーパーテストの他に面接や行動観察・運動・手指の巧緻性なども試験で見られるため、多岐にわたる準備が必要です。
モコモコゼミは、小学校受験の基礎的な学力や手指の巧緻性が身につきますが、それ以外の対策も徹底するなら、対面や集団の中で過ごしながら学ぶことも必要になってきます。
小学校受験をするなら、モコモコゼミだけでなく、他の幼児教室や塾と併用した方が合格につながりやすいでしょう。

一方、同じ幼児通信教材でも、Z会(幼児向けコース)では、親子で実際にさまざまな体験を行えるような教材があり、学習だけでなく実際の体験も重視されています。
受験対策よりも体験を重視するなら、体験活動を盛り込んでいるような、他社の教材や幼児教室の検討を考えた方がいいかもしれません。
引用元:ちいくる

また、以下のように運営元がわからないので論外といった口コミもありました。

「会社名がどこにも出ていない」問題があります。
事情はわかりませんが、僕から見ると「ありえない」という感想です。
厳しいことを言えば、この一点だけでも無しと考えます。
引用元:ペチョー式育児

この口コミが書かれた後に追加されたのかどうかはわかりませんが、2021年1月時点では特商法表記にて運営元が掲載されています。

名称: 株式会社KCC
代表者:森下道成
住所:〒103-0027 東京都中央区日本橋3-8-9

参考にしてください。

モコモコゼミまとめ

モコモコゼミだけでは、小学校受験対策としては不十分な部分もありますが、他の教材や幼児教室などと組み合わせるといいでしょう。

1ヶ月から気軽に試せるので、興味があれば受講しているといいのではないでしょうか?

>>モコモコゼミの詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました