ミツモアで最適な税理士が見つかる?利用者からの口コミや評判は?

ミツモア

ミツモアは、顧問税理士や相続税、法人税などの節税、確定申告など、さまざまな税金の悩みに対応できる税理士を探せます。
必要な選択肢を選んだり、入力することで、2分もあれば簡単に依頼できます。

ミツモアに依頼した後、あなたの希望や地域など、条件を満たした税理士から見積書が送られてきます。
最大5名までの税理士のなかから、あなたが気に入った人がいれば契約するといいでしょう。
チャットなどでも問い合わせができるため、事前にしっかりと確認できます。

このミツモアの利用者からの口コミや評判はどうなのでしょうか?



ミツモアの口コミや評判は?

ミツモアで税理士を探している人たちの口コミや評判などをまとめました。

初回~2回目のメッセージのやり取りの際には、他社より安い料金を提示しておいて、話が進むにつれて、最初の見積もり金額からかけ離れた金額を請求する税理士さんもいます。
もちろん、発注側が税務について知らなさすぎて、正確な見積もりを出すには情報が少なすぎたということもありますが、発注側からすると、「だったら最初から総額でいくらになるか、わかりやすい金額を教えてよ」となってしまい、ミツモアの税理士の口コミ評価を下げてしまっています。
引用元:W2B

基本税理士紹介サイトは複数登録しておくことを推奨してますが、ミツモアのその候補に入れても良いかもしれません。
ただし、使い方が選択式・応募式なのでこちらが能動的に動く必要が他社より多いです。

全くわからない人・初めて税理士探す人には少し荷が重いかもです。
反対に乗り換える場合なら役割分担をしっかり理解してるので使いやすいかも。

他社の場合、ざっくりした内容(業種・顧問税理士希望有無)などを入力すれば、エージェントが候補を割り出してくれるから楽。
引用元:Hi-TERUオフィシャルサイト



ミツモアの特徴まとめ

ミツモア 特徴

ミツモアの税理士マッチングについての特徴をまとめました。

利用料は無料

ミツモアを使って、あなたにあった税理士を探す際の手数料などは一切不要です。

正式に契約する際、税理士に支払う費用のみが必要です。

強みを持つ税理士に相談できる

税理士は、どのような依頼に対しても対応できると思われがちですが、税理士によって得意分野・苦手分野・未経験分野などが異なります。

あなたが依頼したい内容に関して、今まで一度も業務をこなした経験がない税理士よりは、知識や経験が豊富な税理士に依頼したいですよね。
ミツモアであれば、さまざまな得意分野を持つ税理士が登録しているため、あなたの希望が叶う場合が多いです。

仮想通貨の税務対策やネットビジネス、ギャンブルなど、需要が少ない分野でも、希望にあった税理士が見つけられる可能性があります。

ミツモアを利用すれば、短期間で税理士を決められる場合も多く、急いで税理士を見つけたい人々が多く利用しています。

税理士側は、ミツモアに手数料として35%~40%を取られます。
すでに仕事が多い税理士は、ミツモアや税理士ドットコムなどを使わない場合が多いです。

登録している税理士が強みを持つ分野

  • 相続税の節税
  • 生前贈与
  • 会社設立
  • 起業・開業
  • 法人税の節税
  • 資金融資
  • 資金調達
  • 補助金獲得
  • 確定申告

など

最大5名の税理士が見つかる

ミツモアでは、あなたの依頼内容にあった税理士のうち、最大5名から問い合わせや見積もりが送られてきます。

依頼内容や地域によっては一人も見つからない場合もありますが、見積もりが届いた場合は、比較検討することで、あなたにあった税理士に出会える可能性が高まります。

なお、税理士の対応や見積内容などに不満があった場合には、すべて断っても構いません。

ミツモアの料金例

ミツモアで税理士が提示した見積もりの例をまとめました。

あなたの依頼内容によっては、この価格よりも高い・安い場合があるため、目安として確認してください。

顧問税理士の顧問料

個人事業主で月額売り上げが100万円~500万円の場合
21,600円/月

会社設立手続き支援+税務・経理の相談

216,000円

創業融資の資金調達

株式会社で月額売り上げが30万円~50万円の場合
調達金の2.5%

税務申告書作成報酬

株式会社で月額売り上げが50万円~100万円の場合
12,000円/年

財産評価+相続税申告書の作成

相続財産が総額5000万円の場合
500,000円

税務申告書等作成報酬

120,000円/年

税務相談

初回無料

ミツモアの利用の流れ

ミツモア 利用の流れ

ミツモアでは、依頼内容を具体的に記載するほど、登録している税理士からの反応も良くなります。

税金関連は全くのはじめてで、何を書けばいいのかもわからないという場合を除けば、依頼したい内容を詳しく説明したほうがいいでしょう。

>>ミツモアの詳細/申し込みはこちら

タイトルとURLをコピーしました