まちエネは訪問営業の評判が悪い!電気料金は一人暮らしでも安い?

まちエネ

まちエネは、ローソンと三菱商事が運営する電力会社です。
2021年1月時点では、東京電力・東北電力・中部電力・関西電力・四国電力エリアでサービスを提供しています。

まちエネは、大量利用はもちろんのこと、少量利用でも旧電力と比べて電気料金が安くなるという点がメリットです。
ローソンの割引クーポンやpontaポイントの付与など、一人暮らしの人向けの新電力会社が少ない中では貴重な選択肢です。

しかし、まちエネは委託先の訪問営業による強引なセールスが一時期行われたため、評判が悪い点も見られます。
口コミや評判はどうなのでしょうか?



まちエネの口コミや評判は?

まず、まちエネの訪問営業に関する不満は以下のリンクで確認してください。

ローソンと三菱商事協業の新電力の営業がやりたい放題やっている模様 #まちエネ
以前電力会社の子会社で働いていた経験からやべーやつと判断

ツイート内容が事実だとしたら、特商法や訪問販売法の禁止行為に当たるため、行政処分などが起こってもおかしくありません。

さて、まちエネを契約している人たちの口コミや評判などをまとめました。

うちの契約アンペア数は20Aなんですけど、20Aで安くなるプランってなかなか見つからなくて。
アンペア数が少ないと、電気料金があまり安くならないんですよ。
そもそも、普段からそんなに電気も使わなくて。

まちエネのいちばんの嬉しさって、ローソンのクーポンがもらえるとか映画のチケットが通常1,800円のところ、いつでも1,300円になるとか、特典の部分にあると思っています。
電気料金が元々高くはないので、特典に重きを置いて選びました。
引用元:エネチェンジ

小さな戸建て2人住まいの我が家ですが、電気料金を下げるために東京電力から昨年の11月に四国電力に変えました。
その後、今年の7月には、さらに削減できると考えて、この”まちエネ”に変更しました。 

しかし、kwhにて単価計算をしたら、最初の東京電力は約25.72で、次の四国電力では、約24.92だったのが、今回のまちエネはなんと27.08です。
7月、8月、9月と使いましたが、10月からは東京ガスに変更手続きしました。
この結果はまだですが、最初の3か月は10%割引なので、とりあえず結果待ちです。

まちエネは、シミュレーションと大きく差が出て大失敗です。
なお、我が家の使用量は150~200kwh(30A)です。
引用元:電力会社Hack

新電力としては平均的なレベルの料金水準です。
使用量が少ない一人暮らし世帯では、地域によっては上位のお得な料金プランです。
引用元:新電力比較サイト

東京電力エリアには、まちエネより安い電力会社があります。

まちエネでは毎月、ローソンで使えるクーポン券なども配布されます。
当然ですが、近くにローソンがない人などローソンを使わない人にはメリットなし。
引用元:超節約術

単なる、料金だけで考えると、最有力とは言えませんが、Pontaを貯めている人で、エコロジー活動に協賛できる人は、選択肢としてベストではないものの、ベターと言えるでしょう。
引用元:引越しラクっとNAVI

口コミまとめ

少量利用の場合、電気代は旧電力よりやすいものの、最安値の業者と比べても大差はありません。
一方で、ローソンなどで使えるクーポンなどを実質的な値引きとして考えると、一人暮らしの人を中心にオトク度合いが高くなります。

電気を大量に使う場合は最安値の業者を選べばいいため、シミュレーションなどでチェックしたほうがいいでしょう。



まちエネの特徴まとめ

まちエネの特徴をまとめました。

サービスエリア

2021年1月時点で、東京電力・東北電力・中部電力・関西電力・四国電力エリアがサービスエリアとなります。(島しょ部・離島は除く)

シンプルな料金プラン

まちエネの料金プランは「きほんプラン」が基本となります。

契約アンペア数の制限はないため、20A以下の人でも申し込めます。

関西電力・四国電力エリアは、そもそもアンペア契約自体がないため、誰でも契約可能です。

旧電力会社の家庭向け従量電灯プランと比べて、基本料金は全く同じ、従量料金が0.5%~13.4%の割引となります。
このため、大量利用の人だけでなく、少量利用の人でも恩恵が受けられます。

なお、オール電化向けのプランを契約している場合などは、まちエネに切り替えると電気代が大幅に高くなる可能性が高いです。
電気代が安くなるかどうかは、事前のシミュレーションで確認したほうがいいです。

Pontaポイントやローソンクーポンなどが付与

まちエネを契約すると、ローソンで使える無料クーポンが毎月プレゼントされます。

ユナイテッド・シネマ、シネプレックスの映画券がいつでも1,300円(税込)となったり、ローソンチケットで販売するミュージカルやコンサートなどのチケットも割引になる場合があります。

また、Pontaポイントが還元率最大1%(電気料金1,000円につき10Pontaポイント)付与されます。

PontaポイントはdポイントやJALマイレージ、ホットペッパーやじゃらんなどのリクルート社のサービス等で使えます。

電気代が安い人ほど、これらのクーポンや割引などによる実質的な値引き効果を実感できるのではないでしょうか?

しばり期間/解約手数料なし

まちエネは、1年単位の契約となっていますが、中途解約も可能です。

解約手数料もかからないため、いつでも自由に別の電力会社に変更できます。

卒FIT向け買取も可能

まちエネでは、卒FIT向けに太陽光発電の買取も行っています。

買取価格は、旧電力の買取価格と比べて0.5円/kWh高いですが、最高値を提示する電力会社と比べると物足りないです。

買取金額は毎月のまちエネの電気代と相殺され、電気代を上回った場合はPontaポイントで還元されます。

>>まちエネの詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました