奈良電力は基本料金が安い?口コミや評判はどう?解約金は高い?!

奈良電力

奈良電力は、奈良県内に限らず、関西電力エリアを対象に電力を提供する新電力会社です。
関西電力エリアではアンペア契約がないため、少量利用の人でも気軽に乗り換えられます。

奈良電力は、基本料金・従量料金ともに関電の同等プランよりも安くなり、動力(低圧電力)は基本料金のみが関電より10%程度安くなります。
2020年12月時点では解約金も無料のため、他社に移動する際にも安心です。

なお、「大阪ガス+大阪ガスの電気」や「関西電力+関電ガス」などでセット割引にしている人、オール電化の人なども奈良電力に乗り換えたほうがいいのでしょうか?
口コミや評判などをまとめました。



奈良電力の口コミや評判は?

奈良電力を契約している人たちの口コミや評判などをまとめました。

バイト使って詐欺電話かけまくってるブラック企業です
ガチャ切りして即座に着信拒否を推奨します
引用元:電話帳ナビ

開始手続きやサポート対応については遅かった。
特に困ったこともなく安心している。
引用元:価格.com

ならでん電灯Aと従量電灯Aプランを比較すると、最低料金や電力量料金のほとんどの段階でならでんのほうが安く設定されていることが分かります。
しかし、電力量料金の「120を超えて200kWhまで」の範囲では関西電力の従量電灯Aが安く、少し分かりにくく感じるところもあるでしょう。
電気使用量が少ない方はじっくり検討しましょう。
引用元:セレクトラ

奈良県外でも問題なく契約できたし、電気代が安くなった。
引用元:やさしい電気比較

奈良電力は公式サイト上で「関西エリア最安値 ※日本新電力総合研究所調べ」と宣伝していますが、これは事実と異なると言えます。

例えば月300kWhの電気を使用する場合、奈良電力は関電より年間4573円安くなりますが、最安の熊本電力は8176円安くなります。
この条件で奈良電力より安いプランは33あるため、最安とは言い難いです。

条件を変えて、例えば月500kWhで試算してもやはり奈良電力より安いプランが26あり、最安プランより年間1.6万円高いため、最安はおそか、最安水準とも言い難いです。
引用元:新電力比較サイト



奈良電力の特徴まとめ

奈良電力 特徴

奈良電力の特徴をまとめました。

誰でも申込可能

関西電力エリアは、東電などのようにアンペア契約がありません。

大量に電気を使う人はもちろんのこと、一人暮らしの少量利用の人でも、奈良電力に申し込めます。

東電エリアなどでは、アンペア契約30A以上のみなどと言った条件のある新電力が多いため、一人暮らしの人(20A程度が多い)は申し込めない場合も多いです。

最安値ではない

奈良電力は全体的に見て、関西電力の電気代と比べると割安に利用できます。

しかし、口コミの中にも書いてありましたが、「日本新電力総合研究所調べで関西エリア最安値」と書いてあるのは(株)日本新電力総合研究所(現在はbooost technologies(株)に社名変更)の調査不足としか言いようがないでしょう。

http://www.jepx.org/membership/pdf/20200416.pdf?timestamp=1600214400030

少なくとも、関電エリアで契約できる電力会社の一つである熊本電力と比べると、奈良電力のほうが電気代が高いです。

特別高圧・高圧電力プランに関しては、交渉によって他社よりも安くなる場合もあるかもしれません。
現在の契約と比べて最大20%安くなります。

売上の一部を奈良県内の地域振興に活用

売上の一部を積み立てた「ならでん基金」から、奈良県内のさまざまな活動に資金を提供しています。

他府県の人からすれば搾取される一方のため、迷惑極まりないかもしれませんが、興味がある人にとっては嬉しいサービスと言えるのかもしれません。

オール電化向けのプランはなし

奈良電力ではオール電化向けの料金プランは用意していません。

オール電化の場合は、関西電力の料金プランのほうが安くなります。

支払は口座振替・クレジットカード

奈良電力の支払い方法は、口座振替・クレジットカードのみです。
デビットカード・プリペイドカードでの支払いはできません。

コンビニ払いなどは利用できません。

>>奈良電力の詳細/申し込みはこちら

タイトルとURLをコピーしました