YOBYBOイヤホン「CARD20」「NOTE20」の口コミは?

YOBYBO イヤホン

YOBYBO JAPANは「革新」をコンセプトに生まれたオーディオブランドです。
世界最薄クラスTWSイヤホン「CARD20」と超軽量デザイナーズTWSイヤホン「NOTE20」をインターネット直販で販売しています。

YOBYBO「NOTE20」は35.6gと最軽量クラスで、長時間つけていても耳が痛くなりません。
また、YOBYBO「CARD20」は片耳3.5gとつけていることを忘れるほどの軽さで、財布の中にも収納できるほどの薄さです。

このYOBYBO JAPANのワイアレスイヤホンはクラウドファンディングで目標金額を次々と達成するなど、注目度は高いです。
利用者の口コミはどうなのでしょうか?



YOBYBOイヤホン「CARD20」「NOTE20」の口コミや評判は?

YOBYBO JAPANの「CARD20」「NOTE20」を使用している人たちの口コミや評判などをまとめました。

CARD20の口コミ

これだけ軽くて小さいと音質に影響あるのでは、と思っていましたがそんな心配はまったくの杞憂でした。

特に中音から高音にかけてが強めに出ていると感じます。
クリアで解像度が高く、聞いていてとても爽快感があります。
ズンズンと響くような強い低音はありませんが、充分な迫力と臨場感を感じさせてくれるのはさすがと言ったところ。
インナーイヤー型イヤホンによくある音のこもり、というのはまったくありませんでした。

ライトなつけ心地なのに、聞いている感じはカナル型っぽいという今までに出会ったことのない感覚を味わいました。
引用元:ガシェルバ

「音質は悪くない」です。
ただ、CARD20自体がオープン型のため、カナル型のように遮音性は高くありません。
いい音が鳴っているんですが、散ってしまっています。

なお、音の傾向としては明瞭で、解像感もそれなりにあります。
ボーカルの分離感があるので、とても聴きやすい傾向があります。
低音はもう少し力が欲しいところですが、十分に聴ける範囲でしょう。

とはいえ、手放しで褒められるほど良い点ばかりではありません。

  • 電波は乱れやすい・・・通勤時間帯のホーム、満員電車の中では脆弱
  • 充電用のUSB-Cポートが挿しづらい
  • 搭載バッテリーが少ないため、稼働時間が短い
  • オープン型イヤホンなので、カナル型に比べると音質に不満がある

引用元:makkyon web

操作はタッチで行えます。
例えば、左のイヤホンをコンコンと2回タップすると再生/一時停止、右のイヤホンを2回タップすると次の曲に進み、3回タップすると前の曲に戻せます。
ちなみに、左右どちらかのイヤホンだけで聴くこともでき、その場合は、次の曲に進めたり、前の曲に戻したりはできません。
タッチのレスポンスは非常によくて、多少指がずれてタップしたり、軽くタップしても、しっかり反応してくれます。

イヤホンの重さは約3.5g。
それまでGalaxy Budsを使っていたのですが、重さの違いは明らかで、CARD20は装着していることを忘れそうなくらいの軽さです。
耳の形状にもよるでしょうが、見た目のイメージ以上にフィット感はよく、ジムのランニングマシーンで走っても外れませんでした。
日常生活で外れそうになることはまずないかなぁと。
引用元:ケータイ Watch



NOTE20の口コミ

ケース込みでたったの38gしかありません。
公式では36gとの記載ですが、2gズレがありました。
ここまで軽かったら、もはやどっちでも構いませんけどね。笑
ちなみにイヤホン単独だと左右で9gでした。

この38gに技術が詰め込むのは容易じゃないはずです。
度を越した軽さ、度を越した技術力に脱帽します。

軽量コンパクトで厚みもないので、ポケットにも簡単に入りそうです。

正直、今まで使ってきたイヤホンの中でダントツのフィット感です。
実際に何度か長時間使ってみましたが、耳が痛くなることはありませんでした。

しっかりと密閉されるので、周囲の音もかなりシャットダウンしてくれます。
ここまで密閉できれば個人的にはノイズキャンセルがなくても大丈夫そうです。
引用元:Number84

コードがついてるものを使用してましたが、子どもに引っ張られてしまい、ワイヤレスのものを探してました。
薄型だしスタイリッシュだし、ピンクゴールドのものをあまり見かけないので可愛くてとても満足してます!
私の耳の形が片方イマイチなので少しはめにくいですが、なんとかなります!
そろそろ出社も増えるので落とさないかドキドキですが、良い買い物をしたと思います!

>>YOBYBOイヤホン「CARD20」「NOTE20」の詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました