カースタのくるまリースは安い?本当はデメリットだらけ?口コミは?

カースタ くるまリース

カースタのくるまリースは、国内全メーカーの自動車を対象とした個人向けカーリースです。
車本体の価格から、残価額を差し引いた額に車両代金・税金・保険・車検代など、車の維持管理に必要な費用が含まれたリース費用を支払います。

カースタのくるまリースは、月々1万円台からカーリースが利用できるので、安いと評判です。
車検などを含めないプランから、車検・定期点検、部品交換などを含めたメンテナンスプランまで、3種類から選べます。

しかし、個人向けカーリースは割高になる、デメリットだらけなどといった批判も根強いです。
カースタのくるまリースを利用するメリットはあるのでしょうか?口コミなどから調べました。



カースタのくるまリースの口コミや評判は?

カースタのくるまリースを利用した人たちの口コミや評判などをまとめました。

「カーリースはデメリットだらけ」であるその理由とは?
まずひとつが、新車で普通に購入し下取り(買取)査定に出した方がほとんどの場合で高値になる事。

そしてもうひとつは傷や汚れは新車以上に気にしなければならない事、さらには走行距離も走りすぎないように常に気を配らないとならない事。
そして、そもそも月々1万円では乗れないこと。

これだけではありません。他にもカーリースのデメリットはたくさんあります。
「上手い話には裏がある」とは、まさにカーリースのことです。
個人の方には一切得はありません。それどころか大損しているというのが真実です。

無理せずに安い中古車を購入すれば、走行距離を気にせず行きたい場所へいくらでもお出掛けできますよね。
引用元:埼玉にある中古車屋のプロが教えるミニバン選択基準

突出したポイントがあるわけではありません。
しかし、利便性という点で優れているという評価ができます。

拠点数の多さやインターネットでも店舗でも変わらない申込みのしやすさなど。
他にもワイドプランの場合に限られるものの、メンテナンスが安心である点も魅力です。

ボディカラーとオプションも自由に選べますし、ありがたいことに社外パーツの取り付けもOKです。
引用元:mobisc.net

車を購入しようと考えているけど迷っている・・・。
​それは、車を所持すると何かと面倒な手続きや支出がつきものだから。
そんな方に「カースタくるまリース」から、かしこい「くるまリース」をご提案。
あなたに合ったカーリースプランで、気軽に車に乗っていただけます。
引用元:有限会社吉村油店

「新車でカーリースにするのはデメリットだらけ、中古車を次々と買い替えたほうがいい」という中古車業者のポジショントークもありましたが、中古車はどうしても嫌という人にとっては意味がない話です。

同じ新車でも、カーローンを組んで購入する場合との比較で「カーリースのほうがデメリットが多い」という指摘もあります。
「リース時に設定した残価」と「中古車売却価格」は車種や状態、中古車市場の受給状況によって変わるため、一概には言えません。

その他、カースタは拠点が多いのでメンテナンスの際にも利用しやすいなどのメリットが挙げられていました。



カースタのくるまリースの特徴まとめ

カースタ くるまリース 特徴

カースタのくるまリースの特徴をまとめました。

国内全車種が対象

カースタのくるまリースでは、国内メーカーの全車種が対象です。
軽自動車からSUV、ハイブリッドなど、さまざまな選択肢から自由に選べます。

また、車種・グレード・装備なども自由に決められます。

リース期間・走行距離が選べる

カースタのくるまリースは、リース期間・1ヶ月あたりの走行距離によってリース費用が決まります。
毎月同じ金額を支払うことになるため、保険や点検、車検、税金などによって支払額が変わることがなくなります。

リース期間は、3年・5年・7年の3種類、走行距離は月500km、1,000km、1,500kmの3種類から選べます。

リース満期後は4種類から選べる

カースタのくるまリースでは、リース期間が終了した際、以下の4種類の選択肢から選べます。

  • 別の車に変えてカーリースを継続
  • 再リースして乗り続ける
  • 残価分・精算額を支払って買い取る
  • 車を返却

走行距離が当初の契約よりも多い場合、車体が破損、汚れ、傷が目立つ場合などには、リース終了時に請求される場合があります。

3種類のメンテナンスプラン

カースタのくるまリースでは、3種類のメンテナンスプランが用意されています。

  • シンプルプラン
  • ベーシックプラン
  • ワイドプラン

それぞれのプランの違いは以下の通り。

メンテナンス 比較

車検や定期点検などは自分自身で車検場に持ち込んで行う、別の格安業者などを利用するというのであればシンプルプランで構いませんし、手間を掛けたくないのであればワイドプランを選ぶといいでしょう。

カースタはメンテナンスネットワークが全国展開されており、あなたの自宅の最寄りの拠点でサービスが受けられます。

事故時は注意が必要

物損事故や車両故障などの修理費用は、プランに関係なく基本的に全額自己負担となります。

また、交通事故などで全損・廃車になった場合はリース契約は終了となります。
中途解約となるため、通常の精算に加えて違約金なども必要になります。

カーリース用の自動車保険に入っていれば、このあたりの不利益をカバーすることも可能です。

まとめ

カースタのくるまリースは極端に安いというわけではありませんが、カーリースを頑なに否定する人が辛辣に素敵するほどのデメリットもないという印象です。
走行距離やリース期間、装備、メンテナンスプランなどでリース代金を調整できるためです。

もちろん、毎月の走行距離が多い人は、カーリースではなく購入したほうがいいため、長距離の通勤やドライブが多い人は不向きです。

日常生活で軽く車を使うぐらいの想定で考えたほうがいいでしょう。

>>カースタのくるまリースの詳細/見積もりはこちら

タイトルとURLをコピーしました