キカガクのikus.ai AI人材育成長期コースで給付金?口コミは?

キカガク ikus.ai AI人材育成長期コース

キカガクの「ikus.ai AI人材育成長期コース」は、全くの未経験者からでもAIプログラミングが習得できるオンラインスクールです。
あなた一人で動画を見ながら学ぶこともできますし、グループで参加し、オンライン授業を受ける感覚で進めることもできます。

日本ディープラーニング協会が主催するE資格を受験するための前提となるJDLA認定プログラムです。
E資格の受験を希望する人にも役立ちます。

キカガクの「ikus.ai AI人材育成長期コース」は、経済産業大臣「第四次産業革命スキル習得講座」認定講座、厚生労働省指定「教育訓練支援給付金」対象講座です。
所定の手続きを済ませることで、受講料の最大70%が給付金として返ってきます。



キカガクのikus.ai AI人材育成長期コースの受講料

キカガク ikus.ai AI人材育成長期コース 受講料 給付金

キカガクのikus.ai AI人材育成長期コースの受講料は、1年間で792,000円(税込)です。

なお、経済産業大臣が認定する「第四次産業革命スキル習得講座」の認定講座、厚生労働省指定の「教育訓練支援給付金」の対象講座となっています。
この2つの給付金を合わせることで、最大554,400円(受講料の70%)が給付金として返ってきます。

この給付金の申請・支給には厚生労働省の定める要件や手続きが必要です。
ハローワークであなた自身が支給対象に当たるかどうかを事前に確認しておく必要があります。

ハローワークというと失業しないと用事がないイメージがありますが、今回の給付金に関してはサラリーマンでも受給できる可能性が高いです。
以下の条件を満たせば、受給資格が得られる可能性が高いです。

  • 雇用保険の支給要件期間が3年以上(初めて支給を受ける方は1年以上)
  • 離職している場合は離職日翌日から受講開始日までが1年以内
これらの条件を満たしていても対象外になる場合もあります。

受給申請前に、キャリアカウンセリングを受講する必要がありますが、基本的には給付金の受給可否を決める審査ではありません。
あくまでも講座を受講する目的と将来の設計を明確化するために行うものです。

キカガクのikus.ai AI人材育成長期コースの特徴まとめ

キカガクのikus.ai AI人材育成長期コースの特徴をまとめました。

完全オンライン

キカガクのikus.ai AI人材育成長期コースは、教室に通う必要はありません。

すべてのサービス・サポートがオンラインで提供されます。

個人/グループで受講

キカガクのikus.ai AI人材育成長期コースは、個人・グループで受講できます。
カリキュラム自体は個人・グループで変わりません。

会社の研修や、同じ志を持った人たちで集まって行う場合にはグループで受講すると脱落者を減らすのに役立ちますし、あなたのペースで受講したい場合には個人で受講するといいでしょう。

これまでの累計受講者数は30,000名を超えています。(2020年8月時点)

未経験者でもAIに必要なスキルを効率よく学習

キカガクのikus.ai AI人材育成長期コースは、AIに対する知識や経験のない初心者でも学習できるようにカリキュラムが構成されています。
あなたの理解度を高められるように、「手書き数学」「スライド」「ハンズオン形式」など、さまざまな講義スタイルを採用しています。

ikus.ai AI人材育成長期コースでは、以下の内容について学びます。

  • 機械学習に必要な数学(微分や線形代数など)
  • AIプログラミング(Pythonの基礎、応用)
  • 環境構築(クラウドやDockerを活用)
  • データ収集(Webスクレイピング)
  • データサイエンス(データ加工、統計・数理に基づく分析・可視化)
  • アプリケーション開発(Djangoを用いたwebアプリ開発)

学習するだけでなく、独自の演習形式のテストシステムが提供されています。
実践力をつけながら、自分の実力を測ることができます。

メンターによるサポート

キカガクのikus.ai AI人材育成長期コースには、メンターによるサポートが受けられます。
メンターは業界最前線で機械学習講師を務めるキカガクのプロの講師です。

自分で解決できなかった場合は定期的なフリーメンタリングでキカガク講師やその他受講生に質問することが可能です。

E資格認定コース

キカガクのikus.ai AI人材育成長期コースは、日本ディープラーニング協会が主催する「E資格」を受験するための前提となるJDLA認定プログラムです。
ikus.ai AI人材育成長期コースを修了することで、E資格の受験資格が得られます。

E資格対策コースも別に用意されているため、受験を検討している人に役立ちます。



キカガクのikus.ai AI人材育成長期コースの口コミや評判は?

キカガクのikus.ai AI人材育成長期コースを受講した人たちの口コミや評判などをまとめました。

スクールで学ぶというスタイル自体に反対。
あなたの好みのオンラインコミュニティに所属すれば、否応なしに刺激されるので挫折することがない。
どこのスクールも専門書1冊程度の薄っぺらい内容なんだから、その書籍を読んで勉強すればいいだけの話。
自分で解決できないと「自走」なんて無理だよ。
70万も出すんだったら、金やビットコインでも買ったほうが将来にはいいんじゃないの?

私はAIを教えている9つのスクールの説明会、体験会、電話ヒアリングを行い、最終的に自身で通うスクールを選びました。
先に結論をお伝えすると、私は「キカガク」での受講はしませんでした。

受講しなかった理由としては、

  • 土曜日もしくは日曜日のみの開催
  • 6ヶ月のうち後半3ヶ月は開発に特化している(作りたいものがあったわけではないので、この時間が必要かどうか判断に迷った)
  • 平日の質問はできない

「キカガク」では約6ヶ月間かけてAIエンジニアとしての基礎から開発までを学ぶカリキュラムになります。
その中で、後半の3ヶ月は実践的な開発に特化しているので、作りたいものが当初よりある方はいいかもしれません。(私は知見があまりなく成果物のイメージが湧かなかったのでやめました)

また、平日に質問ができないというのが、自身の判断の中では結構なマイナスポイントでした。
課題や宿題を行なっていく中で、1週間のうちに質問したいことがオンラインでもできないというのは地味にストレスになるなと。
(多くのスクールがSlackなどでオンライン質問は受け付けているので、対応として少し弱い印象を受けました)
引用元:Career Design Mag

2020年5月10日、キカガク長期コース、最後の日。
Zoomで最終発表会があった。

生徒12人がおのおの、自分が取り組んだテーマと最終成果物のお披露目を行った。
最後に順番が回ってきたが、別にトリというわけではなく、完成というにはほど遠いモデルの話をしただけだ。

そう、いままで半年間、がんばってきたのは、「助走」だ。
ここから「自走」するのだ。
これから走り続けたい。
引用元:AI上等!・おとなの独学応援団

受けたのは「自走できるAI人材になるための6ヶ月長期コース」
私は幸い給付金の条件に合致していましたのでデータミックスさんとキカガクさんに絞り込みました。

両社の違いは初学者である私にはよくわからなかったのが本音ですが、私はデータサイエンティストや特定の職業になりたいというより、AIのアプリを作成したいと思っていたのでキカガクさんの方を選択しました。
もしデータサイエンティストとか分析特化であるならデータミックスさんのほうがいいかも知れないです。

キカガクさんの方は、またE資格という資格の受験資格も取れるのも魅力でした。
また動画サービスで一度キカガクさんの動画を見ており、とてもわかり易かったというのも大きかったかもしれないです。

最終的に下記のようなことができるようになりました。

1.Machine Learning(Deep learning含む)のスキル向上
kaggleのタイタニックの練習問題でScore:0.80ぐらいは出せるようになりました。
コンペにも少しずつ参加しています。

2.スクレイピングからWEBアプリ作成までの一気通貫した技術習得
講座内において、ローン審査アプリ、動物分類アプリなどの作成。
その中でかなり鍛えられたと思います。
引用元:Qiita「AI長期セミナーを受けた感想(セミナーなどの受講で迷ってる方へ)」

先日、半年にわたるキカガクさんの「自走できるAI人材になるための6ヶ月長期コース」が修了。
結構ギリギリだった印象です。

自分の場合は開講の2ヶ月前から動き出してもドタバタしてしまった感じです。
平日の日中帯に動かないといけない申請、面談があるので要注意です。

キャリアコンサルさんとの面談時間は40分。
話をしていたら盛り上がってしまったので20分くらい延長。
自分の担当者は良い人で良かった。キャリア形成を行う上で良いヒントを得られた。

面談前は「なんて面倒な仕組みだ。」と思っていたけど、面談してみると頭の整理が出来て意外と良かった。
自分は「研究的興味」と「現実的興味」が強いらしい。
現実的興味が強い人は機械・システムを触るエンジニア、アスリートに多いとのこと。
尊敬する仲間、先生、先輩、監督がいると良いらしい。
ライバルを会社に作るとか、それが別の会社でも良いかも。だって。

キャリアコンサルティング終了後に「キャリアコンサルティング実施証明書」と様式1の裏面にキャリアコンサルさんのコメント&押印を受領。
これをハロワの窓口への添付書類の一つとして提出する。
引用元:note「[まとめ] キカガク 自走できるAI人材になるための6ヶ月長期コース & 専門実践教育訓練給付制度を終えて」

キカガクのikus.ai AI人材育成長期コースでは無料カウンセリングを実施

キカガクのikus.ai AI人材育成長期コースでは、zoomを用いたオンラインによる無料カウンセリングを行っています。
事前にikus.ai AI人材育成長期コースを紹介する動画や資料がメールで送られてくるため、一通り目を通して理解しておく必要があります。

無料カウンセリングは毎日行っていますが、資料などの配布を行う必要があるため、事前予約が必要です。
専用のWebフォームで24時間いつでも受け付けています。

>>キカガクのikus.ai AI人材育成長期コースの詳細/カウンセリング申し込みはこちら

タイトルとURLをコピーしました