テックパートナーズカレッジを卒業しても無駄?料金は高すぎる?!

テックパートナーズカレッジ

プログラミングスクールを卒業しても、プログラマーの仕事が見つからないというケースが増えています。

プログラミング言語と、テストや設計などの手法は教わっても、実務能力が全く身についていないため、IT企業に応募しても不採用が続くケースが増えています。
未経験者でも採用されるようなSES(システムエンジニアリングサービス)に何とか採用されても、IT土方として薄給でこき使われるケースが続出しています。

テックパートナーズカレッジでは、一般的なプログラミングスクールだと学ぶのが難しい「実務遂行能力」の向上も重視しています。
「プログラミングスクール卒業時のスキル」と「実務で必要なスキル」とのギャップを埋めるのに役立ちます。

テックパートナーズカレッジでは、同社が運営するリモートビズなどを通じて、就業斡旋も行っています。
希望者はテックパートナーズカレッジの受講開始後すぐから転職支援サービスを利用できます。

テックパートナーズカレッジの口コミや評判は?

テックパートナーズカレッジを受講した人たちの口コミや評判などをまとめました。

なぜテックパートナーズカレッジを選んだのかについて書きます。
理由は大きく2つあり、「テックパートナーズカレッジを受講する上での基礎スキルが身についていたから」と「中山さんが始めたプログラミングスクールだから」です。

実務レベルに達することができるのなら、インターンに拘らずに中山さんのプログラミングスクールを受講しようかなと考え始めました。
この方のもとでWeb制作をやっていきたい!と思うようになり、中山さんのプログラミングスクールが開講されたら絶対に受講しようと考えていたからです。
引用元:Note「テックパートナーズカレッジで学んだこと(受講開始~6月下旬)」

金額は高め。
実際には4ヶ月かけて学びきることになるため、その分だけ資金が必要。
チャットサポートはメンターが毎日8時間常時オンラインで待機しているようで、質問はしやすい環境。
引用元:ぷろぐらてっく

やっぱり独学にも限界があるのかな、、、そう思って始めてみたのが。
めちゃくちゃ効率が良くなりました。笑
具体的には独学と比較して理解のスピードが速まるのは間違いないと思います。

プログラミングをやっていると進まなくなる現象(エラーがなんで出ているのか分からない状態になり、放置したくなる笑)が起きるんです。
これあるあるなんですが、、、笑
その時、すぐに聞ける環境を準備できるのは大きいですね。
今はサーバーをセッティングして掲示板アプリを制作しています!いい感じです!笑
引用元:Note「テックパートナーズカレッジ始めてみた」

テックパートナーズカレッジをはじめとして、プログラミングスクールの教え方や雰囲気などはバラバラです。
高額な授業料を支払って、自分には合わなかったことに気づいたら悲しいですよね。

自分にあうかどうかを確認するためには、自分で試してみるのが一番です。

テックパートナーズカレッジでは、実際のカリキュラムに入る前に14日間の体験受講プログラムを提供しています。
2週間の体験期限が近づいてきたら、テックパートナーズカレッジの受講を継続するかどうかを決めるといいでしょう。
引用元:メンズビューティーヘルスジャーナル

テックパートナーズカレッジは受講料の高さを指摘する意見はありましたが、他のプログラミングスクールで見られるような、激しい批判や酷評、厳しい意見などは見つかりませんでした。
「エンジニアとして稼げるスキル」まで身に着けさせるという点が評価されているようです。

テックパートナーズカレッジの料金

テックパートナーズカレッジの料金をまとめました。
価格はすべて税込です。

入会金

無料

月会費

学生:50,000円(学生証の提示が必要)
それ以外:60,000円

標準学習時間(6ヶ月間)在籍した場合、学生30万円、それ以外の人は36万円となります。
短時間で修了すれば受講料は安くなりますし、在籍期間が伸びれば高くなります。

各種割引

女性割:月10,000円割引
サポーター割:月15,000円割引

サポーター割は毎日ツイッターに進捗状況を投稿し、ブログやnoteで月2回(15日、末日)のペースで記事にしてまとめる必要があります。
いずれかの更新が滞った時点で割引は終了となります。

テックパートナーズカレッジの特徴まとめ

テックパートナーズカレッジの特徴をまとめました。

完全オンラインスクール

テックパートナーズカレッジを受講するにあたり、教室などに通う必要はありません。

学習・実習などをすべてオンラインで行えます。

標準受講期間は6ヶ月間

テックパートナーズカレッジでは、あなたが今までに身につけているスキルや経験、学習時間によって受講を終えるまでに必要な所要時間は異なります。

標準的な学習スタイルの場合、演習を含めて6ヶ月間、480時間の学習時間を想定しています。

PHPの基礎が分かっていれば、約300時間程度となります。

学習時間がたっぷりと取れるのであれば、短期集中型で進めていけますし、多忙な合間に学習を進めていく場合は最長2年まで在籍可能です。

なお、受講期間が長引くほど、受講料の支払いが増えていくため、短期でテックパートナーズカレッジの受講を終えられるように努力したほうがいいでしょうね。

継続的にサポート

テックパートナーズカレッジでは、1日8時間にわたってサポートが常駐しています。

受講中にわからないことがあれば、バックログやチャットワークを用いた個別サポートで質問ができます。
サポート時間外でも、質問をしておけば、翌日のサポート時間内に回答してもらえるので安心です。

また、メンターとの面談も定期的に行うことで、受講状況の確認や疑問点の解決、相談などを行えます。

プログラミングスキルと実務能力をレベルアップ

ITエンジニアとして働くためには、プログラミングスキルや設計・テストができるというだけでは不十分です。

開発スキルの中でも盲点となりがちな情報セキュリティの観点をしっかりと身に付けておかないと、情報漏えいが起こった際に責任問題になりかねません。

また、トラブルが起こった際の自己解決能力はもちろんのこと、効率よく作業を行うためのスケジューリングも必要です。

さらには、システム開発は相手がいるため、適切なコミュニケーションが欠かせません。
改善提案や厳しい状況での調整能力なども求められます。

テックパートナーズカレッジでは、プログラミングスキルはもちろんのこと、ITエンジニアとして活動するために必要な実務遂行能力を演習を通じて身につけていきます。

就業支援は学習中から可能

テックパートナーズカレッジでは、フリーランスを主に対象とした案件紹介サービス「リモートビズ」を運営しています。

リモートビズの評判は?リモート案件を継続的に紹介してくれる?
リモートビズは、フリーランスのITエンジニア・デザイナー向けにリモート案件を紹介してくれます。 客先常駐や定期...

出社・常駐不要のリモートワークを中心に紹介しているため、通常は業務経験が数年以上ないと紹介することは難しいですが、テックパートナーズカレッジの卒業生は優先的に紹介が受けられます。

フリーランス向けの案件だけでなく、システム開発会社などへの正社員・契約社員などの求人も扱っているため、会社員になりたい場合でも利用可能です。

テックパートナーズカレッジの就業支援は、通常はカリキュラムをすべて終えてからになりますが、希望者は入学直後から受けられます。
もちろん、全くの未経験者だと、未経験者OKのSESでもない限りは採用される可能性は極めて低いですが、受講状況によっては内定や案件獲得ができる可能性が高まります。

受講生・卒業生が集うオンラインサロンを開設

テックパートナーズカレッジの受講生・卒業生が情報交換や交流をするためのオンラインサロンが開設されています。

テックパートナーズカレッジ受講中の勉強の仕事、仕事の進め方、技術的な解決方法などで悩んだ時に活用すると、メンターとは違った観点からのアドバイスが受けられます。

テックパートナーズカレッジでは14日間の無料体験を実施中

テックパートナーズカレッジでは、14日間の体験受講プログラムを提供しています。

はじめにオンライン面談を行います。
あなたの受講目的や最終的な目標、学習可能時間などを確認し、カリキュラムやサポート内容などをカスタマイズしていきます。

その後、策定されたカリキュラムにしたがって受講をしていきます。
毎回の面談の際にメンターから課題が出されるので、課題を解決していきます。

体験受講でも、通常の受講と同じようにカリキュラムは進んでいくため、自分に向いているかどうかを確認するのにも効果的です。

テックパートナーズカレッジが自分に合わないと思ったら、14日以内に退会すれば、1円も受講料はかかりません。
続けていきたいと思った場合のみ、15日目から月会費を支払っていくことになります。

>>テックパートナーズカレッジの詳細を確認/体験受講申し込みはこちら

タイトルとURLをコピーしました