りすぴこ幼児向け英語学習の評判は?オトクなキャンペーンはある?

りすぴこ

アルク「りすぴこ」は、3歳から学ぶことができる幼児向け英語学習教材です。
第5世代以降のiPad、iPadproがあれば受講できます。(アンドロイドタブレットは不可)

りすぴこはAR(Augmented Reality:拡張現実)テクノロジーを駆使することで、自宅などで一人で学べるように教材が工夫されています。
1日10分、2年間の受講で、小学生の英語の授業で学ぶ英単語(600~700語)の約半分を身につけられます。

この「りすぴこ」の口コミや評判はどうなのでしょうか?
お得なキャンペーンなどが行われていないかどうかも気になりますよね。



りすぴこの口コミや評判は?

りすぴこを受講した幼児や親御さんの口コミや評判などをまとめました。

聞いたことのない幼児向け英語タブレット学習だけど、大丈夫?
引用元:節子日記

このサービスに興味を引いた理由はARを使っていたからですが、AR以外の部分も調べてみると、幼児向け英語学習の事が分かって面白いですね。
楽しみながら英語を自然と学べる仕組み、いわゆるゲーミフィケーションの要素が、創意工夫され盛り込まれているのが分かります。

興味や関心を引く仕組みがあり、楽しみながら自由に英語を学び、そしてゲームをクリアした時と同じ喜びの「できた!」を実感させる。
「できた!」が「自信」になり、次の問題でまた「できた!」そして「自信」になる。
その「できた!」と「自信」を繰り返すことによって、学びを習慣化していく。
よく出来ていますね。
引用元:liquid jumper

自宅にはiPhoneしかないので、りすぴこを動かそうとしても動かない。
iPadをわざわざ買う気にもならないので、受講を諦めました。
リースやレンタルなども用意してくれたらいいのに。

デジタルコンテンツの弱点として、契約が終了したら使えなくなるという点があります。
13カ月目以降も、使いつづけるためには月額の使用料が発生するとのことです。
手元に残らないので収納場所に困らないと見るか、コンテンツが消えてしまってさみしいと見るか。
引用元:おやこえいごびより

これだけだと英会話能力が上がる気がしない。
人嫌いに育たないようにするためにも、生身の人間との会話を増やす努力も必要。

サービスを開始したばかりで利用者が少ないというのもありますが、否定的な意見のほうが多い印象ですね。
先入観だけで判断しやすく、現時点では評判が良くないといったところでしょうか。

VRやARなどが人間の発育に心身ともに悪影響を及ぼすといった指摘は少なくないため、幼い頃からのデジタル機器の操作に不安を感じる親御さんも多いです。

拡張現実技術(AR)が子どもに及ぼす影響 新潟大学と日本女子大学が検証 | 大学ジャーナルオンライン
 スマートフォンやタブレットの普及と映像技術の進歩により、AR(Augmented 拡張現実技術(AR)が子どもに及ぼす影響 新潟大学と日本女子大学が検証
【外出自粛・夏休み対策】らくがきARなど子ども向けARコンテンツを紹介 アプリ・絵本教育サービスなど | テックキャンプ ブログ
家での時間を持てあましてしまう、という人も多いのではないでしょうか。この記事では、今人気のARを使った様々なおすすめコンテンツを紹介します。親子で一緒に楽しめるものばかりですので、家族一緒に家での時間を充実させましょう。
4歳でiPad中毒も--乳幼児のスマホ・タブレット利用の危険性とは
スマートフォンやタブレットの利用が低年齢化しており、0〜6歳の乳幼児の多くが毎日のように利用している。乳幼児からスマホやタブレットを日常的に利用することで、問題は起きないのだろうか。

幼いうちからタブレット漬けにならないように、親がしっかりと管理する必要がありそうです。



りすぴこの料金/キャンペーン

りすぴこのスタート直後に行われていた各種キャンペーンは2020年9月までに終了しています。
2020年10月時点では、初月割引サービスが行われています。

価格はいずれも税別です。

初期費用

5,000円

スターターセットが自宅に送られてきます。

スターターセット

月額費用

りすぴこOrange(英語未学習者向け):月1,980円
りすぴこBlue(英語学習者向け):月2,180円

キャンペーン中につき、初月のみ980円に割り引かれます。
初月無料キャンペーンは終了しました。

初月は申込日、2ヶ月目以降は毎月1日に課金されます。

どちらも12ヶ月間のコースとなっており、自動的に契約が更新されます。
13ヶ月目以降は新たなコンテンツは追加されませんが、解約手続きをしない限りは料金を支払い続けることになります。

支払い方法

クレジットカードのみ(デビットカード、プリペイドカードは不可)

りすぴこの特徴まとめ

りすぴこ 特徴

りすぴこの特徴をまとめました。

受講年齢

りすぴこは、3歳から6歳までの受講を想定しています。

小学校に入学するまでに、基本的な英単語を身につけたり、英語の発音やリスニング・スピーキング能力を向上させることを目的としています。

アルクKiddy CAT英語教室のカリキュラム・コンテンツを元に、りすぴこの教材がつくられています。

オンライン英会話とは異なり、講師はいませんが、独学で24時間いつでも英語学習を行える学習教材です。

iPadとインターネット接続環境が必要

りすぴこを利用するにあたっては、第5世代以降のiPad、iPadproが必要です。
アンドロイドタブレッド、Windowsタブレッドやアマゾンキンドル、amazonfireなどの他社タブレット端末や、iPhoneやアンドロイドスマホ、パソコンなどは利用できません。

また、インターネット通信を行うため、iPad、iPadproにSIMを挿入して通信できるようにする(セルラーモデルのみ)か、Wifiが使えるようにしておく必要があります。
スタンドアロンでの利用はできません。

リスニングとスピーキングに特化

りすぴこは、英語の聞き取り・発声に特化しています。

読み書きは受験英語で山のように行うので、幼児学習の時点では不要という判断のようです。

なお、りすぴこの受講中、タブレット上に単語や文章が表示されるので、英文を読む機会はそれなりにあります。

2種類のコースを用意

りすぴこOrange りすぴこBlue

りすぴこは、全くの英語未学習者向けの「りすぴこOrange」と、幼児教室や別の教材などで英語を学んだ人向けの「りすぴこBlue」の2種類のコースが用意されています。

それぞれのコースとも12ヶ月間のカリキュラムとなっています。
どちらも6種類の学習コーナーが用意されており、コースによって内容が異なります。

  • アルファベット・フォニックスを学べる「ABC」
  • 毎月の学習英単語を学ぶ「Word」
  • 毎月の学習英語表現を学ぶ「Talk」
  • AR機能でぬいぐるみとおしゃべりできる「I can」
  • 英語の歌が満載の「Song」
  • 英語の物語が満載の「Story」

毎月1日にコンテンツが追加されていきます。

ARを有効活用

りすぴこでは、英語学習中のモチベーションを高めるためにAR(Augmented Reality:拡張現実)テクノロジーを駆使しています。

ポケモンGOやドラクエウォークなどをイメージするとわかりやすいでしょう。

「AR=拡張現実」とは何か? VRとの違いは? 実現するちょっと未来のカタチ - 価格.comマガジン
昨年の「ポケモンGO」のヒットでも記憶に新しい技術「AR=拡張現実」。今回はこのARについて、「VRとの違い」や「実現できる未来の生活」まで詳しく解説します!

スタートキットに含まれる「ワニのぬいぐるみ」(すぴーお)や「魔法のカード」(AR対応カード)によって、英語を楽しみながら学べるように工夫されています。

りすぴこにはゲーミフィケーションの要素がいたるところに散りばめられているので飽きません。

ゲーミフィケーションとは? | やり方、メリット、デメリットを徹底解説
仕事や勉強はすぐ疲れるのに、ゲームなら何時間でもできる。この仕組みを利用して作業の効率をアップさせるのが「ゲーミフィケーション」です。ゲーミフィケーションに重要な要素、メリット、デメリットをまとめました。
タブレットの使いすぎを防ぐために、一定時間が経過すると自動的に「りすぴこ」が終了する仕組みが搭載されています。

りすぴこの利用の流れ

りすぴこ 利用の流れ

りすぴこは、あなたのiPadにアプリをインストールしただけでは終わりではありません。

申し込みサイトから手続きを済ませて、アプリにログインIDやユーザー名登録などの初期設定をすませることで、初めて使えるようになります。

>>りすぴこの詳細/申し込みはこちら

タイトルとURLをコピーしました