どこよりもSIMは最安値水準の格安SIM?速度や口コミはどう?

どこよりもSIM

どこよりもSIM」は、どこよりもWifiなどを展開する(株)Wizが提供する格安SIMサービスです。
ソフトバンクの通信回線を用いたMVNOサービスです。

「どこよりもWifi」がクラウドSIMによるモバイルWifiの中でも最安値水準でサービスを提供しているのと同じように、どこよりもSIMも最大250kbpsの低速使い放題で月308円(税込)からと最安値水準となっています。

どこよりもSIMは月20GBプランでも2,288円(税込)とオトクですが、音声通信は行えず、データ通信のみとなります。

しかし、値段が安くても格安SIMだと通信速度がおそすぎるといったケースも珍しくありません。
どこよりもSIMの通信速度が満足できるかどうか、口コミなどからチェックしました。



どこよりもSIMの口コミや評判は?

どこよりもSIMを利用している人たちの口コミや評判などをまとめました。

個人的には10GBの契約に興味が出てきます。
このくらいであってヘビーユーザーではない場合、十分に耐えられる容量ですし、2台目であったり、子ども用の端末にデータ専用として入れる等で使えるかなとも思うのです。

どこよりもSIMは他のサービスと比べるとまだまだマイナー感はあるのですが、よく見ると十分に使える、良さそうなサービスだということがわかります。
引用元:review.p-kit.com



どこよりもSIMの料金

どこよりもSIM 料金

価格はすべて税込です。

初期費用

3,300円

料金プラン

2020年10月時点で、以下の2種類のプランを展開しています。
どちらのプランも業界最安値水準となっています。

いずれも初月は日割りでの請求となります。

低速無制限プラン

308円/月

上り・下りともに最大250Kbps(0.25Mbps)までの通信速度となりますが、使用量の制限はありません。

20GBプラン

2,288円/月

上り・下りともに最大187.5Mbpsとなり、月20GBを超えると翌月まで通信制限が課せられます。

2020年10月時点では、通信制限の詳細は発表されていません。

解約手数料

10,450円

毎月25日までに解約申請が完了すると、当月末にて解約となります。
26日以降に申請すると、翌月末での解約となります。

支払い方法

本人名義のクレジットカードのみ

クレジットカード会社が提供するデビットカード、プリペイドカードは不可

どこよりもSIMの特徴まとめ

どこよりもSIM 特徴

どこよりもSIMの特徴をまとめました。

複数枚申込可能

どこよりもSIMは、一人何枚でもSIMを申し込むことができます。
まとめて申し込むことにより、1枚ずつ申し込む場合と比べて初期費用を抑えることができます。

なお、1回で申し込めるのは最大50枚までとなり、SIM1枚毎に月額料金が必要です。

解約後にSIMを返却する必要はありません。

データSIMのみ

どこよりもSIMで提供するのはデータSIMのみです。

音声通話対応SIMは提供していません。

IP電話アプリ、ビデオ通話などはデータSIMでも使用可能です。

ソフトバンク回線を使用

どこよりもSIMは、ソフトバンク回線のみを使用した格安SIM(MVNO)です。

どこよりもWifiとは異なり、NTTドコモやauなどの通信回線は一切使用しません。

すべてのSIM規格に対応

どこよりもSIMは、nanoSIM・MicroSIM・標準SIMの全てに対応できるマルチSIMです。

あなたのスマホやタブレット、IoT機器に対応したサイズのSIMに切り取ることで、すぐに使うことができます。

>>どこよりもSIMの詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました