ライトでんきは低圧・高圧電力が安い?!法人・個人事業主にどう?

ライトでんき

(株)ライト通信が運営する「ライトでんき」の個人事業主・法人向けプランは、低圧電力・高圧電力・特殊高圧電力が旧電力の従量プランと比べて大幅に安くなる場合が多いです。
個人向けの従量電灯は対象外です。

ライトでんきに切り替えても、電気の品質や送電などに違いはありません。
今と同じように電気の供給が受けられますし、万が一、ライトでんきが倒産などで電力供給が滞っても、旧電力が電力を供給するので停電の心配はありません。

法人・個人事業主は、このライトでんきを選ぶメリットがあるのでしょうか?
会社や店舗などのコストダウンに役立つのか、口コミや評判などを調べました。



ライトでんきの口コミや評判は?

ライトでんきの低圧電力・高圧電力・特殊高圧電力を利用している法人や個人事業主の口コミや評判などをまとめました。

ー飲食店ー
今まで:平均56,261円
ライト電気切り替え後:52,495円
年間削減額:45,192円

ーオフィスビルー
今まで:平均258,906円
ライトでんき切り替え後:平均188,330円
年間削減額:776,340円

ライトでんきの特長は基本料金3ヶ月無料

さらに電力の単価が高くなる従量3段目も割引されますので電気をたくさん使う企業のコストカットが見込めます。
新型コロナの影響で売り上げに苦しむお店も多い中、それでも毎月かかってくるのは固定費ですよね。

家賃、光熱費、人件費、通信費など今1度見直してみてウィズコロナの時代の経営を考えてみる時なのかもわかりません。

その他の電気代の節約成功例もまとめました。

・介護・医療事業

関西を拠点に、介護用品・福祉用具のレンタルと卸・販売、居宅介護支援事業、訪問介護事業、写真事業などを中心に行っている企業
グループ本部・各店を「ライトでんき」に切り替えたところ、月139,464円、年1,673,568円の削減に成功

・再生パソコン事業

中古パソコン販売を行う全国23の店舗をはじめ、その他さまざまな事業を展開する中で19店舗を一括で「ライトでんき」に切り替え
月105,448円、年1,265,376円の削減に成功

・宅配ピザチェーン店

直営店28店舗のすべてを「ライトでんき」に切り替え
1店舗当たりの平均月額で約56,261円だった電気料金が52,495円に。

28店舗の合計では月69,821円、年837,852円のコスト削減に成功

・美容事業

美容室、美容学校、ネイルサロンなど26店舗を「ライトでんき」に切り替え
月9028円、年108,336円の削減に成功



ライトでんきの特徴まとめ

ライトでんき 特徴

ライトでんきの個人事業主・法人向けプランの特徴をまとめました。

全国対応

ライトでんきの個人事業主・法人向けプランは、北海道から沖縄まで全国対応可能です。

低圧電力・高圧電力・特殊高圧電力が対象

ライトでんきの個人事業主・法人向けプランは、低圧電力・高圧電力・特殊高圧電力が対象です。

家庭向けの従量電灯は対象外となります。

ビル内テナントでも申込可能

ライトでんきの個人事業主・法人向けプランは、自社ビル・自宅兼店舗・工場などはもちろんのこと、雑居ビルなどのテナントでも利用可能です。

スマートメーターに切り替わっていない場合は、メーター切り替え工事が発生しますが費用はかかりません。
なお、瞬断や一時的にブレーカーを落とす必要がある場合もあります。

電力品質は現状と同じ

ライトでんきに切り替えても、電力の送電は旧電力会社が行います。

電力の品質は従来と変わらないので安心です。

電力使用量が多くなるほど効果を実感

ライトでんきの電力プランは、旧電力のエリアごとに料金体系が異なります。

いずれの場合でも、ライトでんきでは第3段階以降の従量料金が安く設定されているため、電気を多く使う場合ほど割引が実感できます。

契約期間は3年

ライトでんきは3年契約の自動更新となります。

更新月以外に解約した場合には、解約手数料として9,800円(税込)が必要です。

ライトでんきは無料診断を受付中

ライトでんきでは、電気代の無料診断を行っています。

無料診断の申し込みフォームに必要事項を入力した後に送信すると、担当者から確認の連絡が来ます。

その後、電気代の見積もりが送られてくるため、そこでライトでんきに申し込むかどうかを決めるといいでしょう。

正式に申し込んでから、ライトでんきに切り替わるまでには、通常1,2ヶ月かかります。

>>ライトでんきの無料診断申し込みはこちら

タイトルとURLをコピーしました