コードオブジーニアス(Code of genius)でプログラミング上達?

コードオブジーニアス Code of genius

コードオブジーニアスCode of genius)は、中学生・高校生を対象としたプログラミングスクールです。
プログラミングキッズの受講を修了した小学生も参加できます。

コードオブジーニアス(Code of genius)は、プログラミングの基礎が学べる「スタンダードコース」(オンラインのみ)と、選抜制の「マスターコース」(通学・オンライン)が用意されています。
ビデオ通話システムzoomを使ったオンライン授業形式で行われるため、疑問などをその場で解決できます。

このコードオブジーニアス(Code of genius)で、プログラミングスキルを効率よく上達できるのでしょうか?
受講生の口コミや評判などを調べました。

コードオブジーニアス(Code of genius)の口コミや評判は?

コードオブジーニアス(Code of genius)を受講した人たちの口コミや評判などをまとめました。

https://moov.ooo/article/5ed863c67051430fd0b6aabd
さて、記事で紹介されているのはテレビ会議をより楽しく行えるというシステムを開発した大学生起業家の話です。
実はこの開発者、渋谷のプログラミングキッズ・コードオブジーニアスで学んでいた子なんです

オンラインコースに息子が参加しています。
夏休みで体験したプログラミングキャンプが良かったらしく、続けたいと本人が言っていたので、コードオブジーニアスに通うことを検討していました。

自宅から遠いので、通学コースは難しくオンラインコースを勧められました。
家族で話し合い、オンラインでプログラミングを学ぶことは続けられるのか、不安はありましたが、本人がやりたいというので、始めてみました。

息子はオンラインコースのプログラミングの授業が楽しみなようで、授業が終わった後も時間があれば復習をしていました。
私はプログラミングのことがわからないので、どのようなことをしているのかはわかりませんが、毎回先生から授業の報告をメールでいただき、息子がまじめに取り組んでいることがわかり安心しています。

プログラミングだけではなく学校などで活かせることや実生活で必要なことも学んでいるようで、今後も続けていってほしいと思います。

コードオブジーニアスの通学コースに息子を通わせています。
コードオブジーニアスに通うきっかけは、本人がスクラッチのようなパズルではなく、プログラミング言語を学びたいと言ったことからです。

自宅から通える範囲に本人の要望を満たせるスクールがあるかと検索したところ、コードオブジーニアスのサイトを見つけ、体験に申し込みました。
体験会に参加して、本人は続けて学びたいということでしたので、コードオブジーニアスの通学コースに入会することを決めました。

最近では、「物理図録を買って」と言うので、どうしたのかと思ったら、コードオブジーニアスで物理エンジンを学んだようで、プログラミングを学ぶことが楽しい印象です。
また、教室ではプログラミングを学ぶだけではなく、いろいろ考えるクセをつけて頂けるのは本当にありがたいです。

オンライン学習を始めたころは、学校とは違うのでちょっと難しい印象でした。
続けていくと次第にオンラインの授業にも慣れて、プログラミングが楽しくなりました。

テキストを見ながら進めていくと、難しいところもありますが、メンターからわかりやすくサポートしてもらえるので、安心して続けることができます。
教室は時間が合わなかったり、家から遠いところにあるので、オンラインでプログラミングを学ぶことができてうれしいです。

これからもオンラインコースでプログラミング学習を続けていきたいです。

オンラインコースでは、Googleスライドとプログラミングを学んでいます。
Googleスライドを始めて使いました。自分のアイデアを形にすることができ、いろいろと表現ができるので、とても面白いです。

プログラミングでは、初め難しい問題がいくつか出てきましたが、メンターのサポートがあり進めることができました。

テキストを見ながらプログラムを打ち込んでいますが、入力ミスがあるので、復習をして取り組んでいきたいと思います。
タイピングの速度を上げて、自分の考えるプログラムを作っていきたいと思います。

コードオブジーニアス(Code of genius)のコースは2種類

コードオブジーニアス(Code of genius)では、以下の2種類のコースが用意されています。

  • プログラミングの基礎が学べる「スタンダードコース」(オンラインのみ)
  • スタンダードコースから選抜制の「マスターコース」(通学・オンライン)

なお、マスターコースにいきなり申し込むことはできません。
以下の基準を満たしていないと受講資格が得られないためです。

  • スタンダードコース履修から1か月以内
  • タイピングスコア「200」以上
  • スタンダードコースのJavaScriptレベル2、Pythonレベル2までを履修済み
  • 主体的な学びができる
  • 個人用のパソコンを持っている

このため、コードオブジーニアスに新規入会する場合、スタンダードコースからのスタートとなります。
スタンダードコースでの頑張り次第で、マスターコースへ参加できます。

コードオブジーニアス(Code of genius)の受講料

スタンダードコースは、1講座あたり40,000円(税別)です。

入会金など、その他の費用は必要ありません。

コードオブジーニアス(Code of genius)の特徴まとめ

コードオブジーニアス Code of genius 特徴

コードオブジーニアス(Code of genius)の特徴をスタンダードコースを中心にまとめました。

スタンダードコースはオンラインのみ

コードオブジーニアス(Code of genius)のスタンダードコースは、オンラインコースのみとなります。
教室に通って受講することはできません。

JavaScript/Pythonを学習

コードオブジーニアス(Code of genius)のスタンダードコースでは、JavaScript/Pythonを学びます。

この2つの言語は習得が比較的容易であり、C#やJavaなどの他のプログラミング言語をマスターする際の土台としても役立ちます。

全くのプログラミング未経験者は、小学生のプログラミング学習向けに用いる「Scratch」からのスタートとなります。
ScratchとJavaScriptをあわせて受講します。

それぞれ1回2時間のレッスンを4回受講する合計8時間のコースとなります。
レベル1、レベル2とステップアップしていきます。

zoomを使った個別指導形式

オンライン学習というと、あらかじめ用意された学習コンテンツを独学で学ぶというイメージですが、コードオブジーニアス(Code of genius)は違います。

コードオブジーニアス(Code of genius)では、講師とマンツーマンでレッスンを行なう個別指導形式を採用しています。
決まった時間にレッスンをスタートするため、オンライン英会話などと同じような受講イメージになります。

講師とのコミュニケーションにはzoomを使います。
オンライン会議と同じように、ヘッドセットやWebカメラなどが必要になります。

パソコンは必須/タブレットがあると便利

コードオブジーニアス(Code of genius)ではプログラミングを行うため、スマホやタブレットでは学習ができません。
Windows・Macパソコンが必要です。「Core i5・メモリ8GB以上」の性能があると快適に受講できます。

zoomによる講師とのコミュニケーションもパソコンを使って行います。

コードオブジーニアス(Code of genius)からのPCレンタルは行っていないため、事前に用意しておく必要があります。

また、学習テキスト閲覧用にタブレットが別にあると便利です。
スマホだと画面が小さいために見づらいです。

パソコン上にテキストを表示させて、必要に応じて表示を切り替えても構わないため、タブレットは必須ではありません。
タブレットを新規に買う必要はありませんが、自宅にあれば、テキスト閲覧用に活用するといいでしょう。

>>コードオブジーニアス(Code of genius)の詳細/申し込みはこちら

タイトルとURLをコピーしました