オール浄水器ヒカリックスで全ての蛇口の水が綺麗!給湯器の汚れも軽減!

オール浄水器 ヒカリックス

浄水器は「蛇口の近くにつけるもの」というイメージが一般的ですが、シャワーヘッドや給湯器の近くなどに浄水器をつけることで、塩素や残留化学物質などによる肌荒れを防ぐことができます。

また、地域や建物などによっては、水道管の老朽化などによって、赤さびが水道水に混ざって蛇口から出てくる場合もあります。
衛生面の問題が懸念されるのはもちろんのこと、給湯器なども傷みやすくなるため、浄水器を経由したほうが安全です。



オール浄水器「ヒカリックス」は、水道メーターボックスの直後に浄水器本体を設置することで、あなたの自宅の水道管全てが「きれいな水」になります。
水道水がヒカリックスのヤシ殻カーボンフィルターを通過するだけなので、使用にあたって電気は不要です。

飲料水はもちろんのこと、風呂や洗面、トイレなどの水は、塩素や残留物質のない濾過された水が供給されます。
屋内の水道管が劣化していなければ、赤さびなどの心配もなくなります。

ヒカリックスは、一戸建て・マンションどちらでも設置できます。
ヤシ殻カーボンフィルターの交換も年1回程度で十分なため、ランニングコストもやすいです。

オール浄水器ヒカリックスの特徴まとめ

オール浄水器 ヒカリックス 特徴

オール浄水器ヒカリックスの特徴をまとめました。

飲用可能な水道水/井戸水が対象

オール浄水器ヒカリックスは、水道水や飲用が認められている井戸水など、水道法に適合した水質専用に開発されています。

海水や汽水、飲用許可が得られていない井戸水などには使用できません。

自宅の水を全て浄化

各家庭に供給される水道水は、自治体で水道料金の算出のために用いる水道メーターボックスを経由して、各部屋や庭などに供給されます。

オール浄水器ヒカリックスは、この水道メーターボックスから各部屋に枝分かれする前に設置することで、自宅内のすべての水道水を浄化します。

浄水

オール浄水器ヒカリックスは、水道水の水圧を活用して浄化するため、浄水処理の際に電気が必要ありません。

一戸建て/マンションのどちらでも設置可能

一戸建て マンション

オール浄水器ヒカリックスは、一戸建て用の「SH-3000」とマンション用の「SH-2000」の2種類が用意されています。

どちらも耐久性や防護性に優れた強固な設計構造となっており、思わぬ水漏れや逆流などが起こらないように細心の注意をはらっています。

万が一、オール浄水器ヒカリックスが故障した場合には、バイパスバルブでヒカリックスを経由せずに水道水を流すことも可能です。
バイパスバルブの角度で、浄化水と水道水の混合水にすることもできるため、塩素濃度の調節が必要な時に活用できます。

独自開発のヤシガラ活性炭フィルター

ヤシガラ活性炭フィルター

オール浄水器ヒカリックスは、独自開発のヤシガラ活性炭フィルターで水道水を浄化します。
以下の12種類の物質を除去します。

除去対象物質

このヤシガラ活性炭フィルターは食品衛生法適合品であり、、主にヤシガラ炭を原料として作られています。

微細孔径・細孔容積を調整することで、様々な大きさの微粒子をスムーズに吸着することができるだけでなく、高い浄水性能(1分間20リットル以上)と目詰まりのしにくさの両立を実現しました。

フィルター交換

なお、ヤシガラ活性炭フィルターは使用するたびに劣化するため、同じフィルターを使い続けると十分な浄水機能が得られなくなります。
最低でも1年に1回の交換が必要です。

水質や使用状況によっては、短期間でのフィルター交換が必要になる場合もあります。

オール浄水器ヒカリックスの口コミや評判は?

次に、オール浄水器ヒカリックスを設置した人たちの口コミや評判などをまとめました。

最新のウォーターテクノロジーで、細部の仕様にもこだわり。耐久性や防護性に優れた強固な設計構造。
耐圧性能試験や水撃限界性能試験などの試験も実施済み。
クロスポイントや日本クリオなどの実施試験も見てみると良い。

エコキュートや電気温水器を設置されているお宅は是非。
タンク内部の洗浄が物理的に不可能ですが、 ヒカリックスを設置することにより汚れの原因になる赤サビや塩素を入れません。

私の肌は、カサカサ・ヒリヒリといった言葉で形容するのが相応しい超敏感肌だったのですが、家にHIKARIXを付けてからは、なんだか本当にシットリといい感じです。
体質が変わったのかな、と考えています。
飲んでいる水もHIKARIXの綺麗な水ですから。

いい浄水器が無いかずっと探していました。
電気屋さんやホームセンターで見かけるのは台所に付けるものが多く、あとシャワーに付けるものもありましたが、どれもフィルター交換が3~4ヶ月毎と大変だなぁという印象でした。
そういう一般的な浄水器に比べ、HIKARIXの水道メーターの直後に大型の浄水器を付けるという発想には驚きました。

フィルター交換も1年に1回だそうですし、流量というか処理する水の量も、他社製品が1分間に3リットルなのに比べて、HIKARIXは驚きの20リットルだそうです。
今我が家は全ての水を奇麗にできる幸せな毎日を送っています。

実は今まで余所のオール浄水器を付けていました。
一度オール浄水器を使うとただの水道水にも、キッチンだけの浄水器にも戻れませんね。
このHIKARIXは、今までのモノより処理能力も高く、おまけに価格も安かったため、今までのお古は親戚にあげて、設置しなおしました。
見た目もカッコイイので、ご近所さんからもよく「それはなあに?」と聞かれます。

>>オール浄水器ヒカリックスの詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました