長期インターンサイトInfra(インフラ)プログラミング講座の口コミ評判

Infra インフラ プログラミング講座

長期インターンサイト「Infra」(インフラ)が運営する学生向けプログラミング講座は、就職はもちろんのこと、インターンを獲得する際にも役立つプログラミングスキルを身につけるのに役立ちます。
プログラミング講座で習得したスキルをインターンで発揮することにより、就活時に中途採用並みのスキルを持つITエンジニアに成長しているケースも少なくありません。

また、「Infra」(インフラ)などから紹介を受けたり、あなた自身で参加したインターン中に実績を積み重ねることで、会社員として働くのではなく、フリーランスエンジニアとして独立することも可能です。

SEやプログラマー、ITエンジニアというと、SIerやSESを中心に、1年中デスマーチに巻き込まれて、過労死するまで酷使される「IT土方」というイメージがつきものですし、実際に過労死したり、IT業界から逃げ出す人も少なくありません。

一方で、Web系を中心に人間らしい労働環境のところも増えています。
就活での会社選びやフリーランスの案件獲得時に気をつければいいでしょう。

この「Infra」(インフラ)プログラミング講座の口コミや評判などを調べました。

Infra(インフラ)プログラミング講座の口コミ・評判

Infra(インフラ)プログラミング講座を受講した人たちの口コミや評判などは、調査した時点では見つかりませんでした。

参考に、Infra(インフラ)のインターンを利用した人たちの口コミをまとめています。

長期インターンを募集している企業の質が良いか悪いかの判断は難しいです。
ただ、Infraに限らず他の媒体も、長期インターンを受け入れてくれる企業の良し悪しまでは見ていないでしょう。
そして、私たちからしたら入ってみないとわからないのが現状です。

マーケティングとエンジニアの募集が非常に多いですね。それだけ需要があるということでしょう。
ちなみに、長期インターンをするのならば、エンジニアかマーケティングをオススメしています。

学生ながら、社会人顔負けのスキルを身につけられますし、替えの効かない人材になれる可能性が高いからです。

勤務地に関しては、やはり多いのは、圧倒的に東京です。
しかし、海外でできる長期インターンの情報もあるので、気になる方は一度ご覧になってはいかがでしょうか?

インターン全然受かりません。
そして何よりスカウト受けた会社であっても採用はされません。

会社側がベンチャーが多く採用経験が少ないせいか結構社会人として足りない部分がたくさんある人が結構面接に行くといます。
そうなるともう普通にアルバイトでもいいような気がしてきます。

Infraインターンの場合、検索する際の条件で「遠隔・リモート可」を選べることが特徴です。
これにチェックして検索すれば、オンラインを含めて自宅でできるインターンシップが可能な企業を効率的に探し出すことができます。

そのほか、エンジニアから編集・ライターまで幅広い職種で検索できたり、大学1、2年生も参加できるインターンシップを探せるのも特徴的なサイトです。

短期インターンでは「仕事を体験させること」を目的としてる企業も多いですが、長期インターンの場合「戦力として事業に力を貸してもらう」という目的を持っている企業が多いです。
学生のうちから実際の現場で経験を積むことで、他の学生との大きな差をつけられるのは間違い無いでしょう。

長期インターンで仕事をした経験は就活で役に立つだけでなく、自分の将来を考える上でも重要な要素になるはずですよ。

Infraインターンも新卒採用も掲載していますね。
新卒採用求人は求められているスキルを客観的に判断できる指標になるので、インターン参加前にチェックすることをおすすめします。
新卒求人の掲載数はそこまで多くないのでこれからに期待ですね。

Infra(インフラ)プログラミング講座の特徴まとめ

Infra インフラ プログラミング講座 特徴

Infra(インフラ)プログラミング講座の特徴をまとめました。

受講料

216,000円(税別)

銀行振込(一括のみ)、クレジットカード(一括、最大24回まで分割可能)、口座振替(分割払いのみ)で支払えます。

3ヶ月間のカリキュラム

Infra(インフラ)プログラミング講座は、全くのプログラミング未経験者でも、インターン応募や就活の際などにポートフォリオとして提出できる実績を作ることを目的としています。

最初の4週間は「基礎講座」として、動画による学習でプログラミングに関する知識を身につけていきます。
動画の中でわからないことがあれば、いつでもメンター(現役ITエンジニアが担当)に質問できるので、あなた一人で悩みを抱える心配はありません。

後半の8週間は「実践講座」として、実際にプロダクトを企画・開発し、完成までこぎつけていきます。
開発経験を行なうことで、実務でも通用するスキルを得ることが出来ます。

基本的にはオンラインで完結します。

受講修了後はインターンや就活をサポート

一般的なプログラミングスクールとは異なり、Infra(インフラ)プログラミング講座の受講が終わっても、そこで縁が切れるわけではありません。

IT企業のインターンは、プログラミング未経験者が応募しても門前払いされることが多いため、審査を通過するためにはポートフォリオなどが必要です。

そこで、Infra(インフラ)が用意している長期インターン案件の提供はもちろんのこと、無事に通過するために欠かせない面接やエントリーシート、ポートフォリオ作成などをサポートします。

プログラミング講座修了後、Infra(インフラ)紹介企業にてエンジニア職で1ヶ月以上、長期インターンを勤続すると5万円のキャッシュバックが受けられます。

Infra(インフラ)プログラミング講座の無料説明会は随時実施中

Infra(インフラ)プログラミング講座の説明会はオンラインで行っています。
30分程度で終わるため、スキマ時間でも気軽に相談できます。

無料説明会では、担当者がプログラミング講座について詳しく説明するのはもちろんのこと、あなたの現在のスキルや経験に合った講座の進め方を提案してくれます。

また、インターンや就職活動、ITエンジニアの仕事についての相談なども、時間の許す限り行えますので、気軽に参加するといいでしょう。
強引な勧誘もありませんし、オンライン説明会ですから、悪徳業者のように狭い個室に監禁されて脅迫・罵倒されるなどといった心配もありません。

Infra(インフラ)プログラミング講座の説明会は事前予約が必要です。
あなたの氏名と電話番号、希望日時などの情報のみで申し込めます。

>>Infra(インフラ)プログラミング講座の詳細/無料説明会申込はこちら

タイトルとURLをコピーしました