オンライン英会話のレアジョブの口コミは?評判はいいの?

オンライン英会話 レアジョブ

通学制の英会話スクールといえば、ECCやNOVAなどが定番ですね。
一方、オンライン英会話スクールは、今まで聞いたことのないスクール名が次々と出てきます。

オンライン英会話は通学制と比べて値段が安い場合が多く、受講時間も長い上に、予約変更なども柔軟に行えるなど、数多くのメリットがあるため、飛躍的に人気が高まりました。

その結果、受講生が増えているとか、うちこそがナンバーワンなどと各社が言っていることから、何が本当なのか分かりません。

2018年7月時点では、DMM英会話、レアジョブ、ネイティブキャンプがトップ3となっていますが、その他にも受講生を大幅に増やしているオンライン英会話スクールが出てきているため、今後はどうなるかわかりません。

レアジョブ英会話は、累計受講者数60万人以上、1500社以上の企業が研修プログラムなどに導入しているというオンライン英会話大手の一角です。
レアジョブ英会話はオンライン英会話スクールの先駆けですが、あれだけのサービスをしていれば赤字から脱却できないのも当然といえる「DMM英会話」に追い抜かれた状況です。

満足度に関しては、レアジョブ英会話だけでなく他社も含めて、自社に都合のいいアンケート調査を用いて「満足度ナンバーワン!」とやっていますので、あまり信用しないほうがいいでしょう。
しかし、レアジョブ英会話の受講生に感想を聞いてみると、不満を抱えた人もいるものの、満足している人が多い印象を受けました。

それでは、あなたがレアジョブで英会話レッスンを受けたら、本当に満足できるのでしょうか?
詳しく調べてみました。

レアジョブ英会話の良い点/悪い点

レアジョブ英会話 良い点 悪い点

次にレアジョブ英会話のメリットやデメリットをまとめました。

良いところ

  • 受講料が最安値水準で続けやすい(週何回もレッスンを受けられる)
  • 受講可能時間が年中無休で6時~25時(翌日午前1時)までと長い
  • 1レッスン25分で、希望に応じて25分単位で伸ばせる
  • 「レッスンスタート5分前」まで予約可能
  • 予約のキャンセルは「レッスン開始30分前」まで可能
  • マンツーマンレッスンで話せる機会が多い
  • レッスンメニューが豊富なことから目的に合わせて受講できる
  • 良質な講師は激しい争奪戦となっていて予約が難しい

悪いところ

  • 講師はフィリピン人しか選べない(イギリス人、アメリカ人などは一人もいません)
  • 講師の指導力や知識などに個人差が大きい(採用率1%でもばらつきが大きい)
  • 回線トラブルで繋がらない場合がある(フィリピン国内の通信回線が改善しており、頻度は下がりつつある:無料再受講チケットが貰える)
  • 講師が自宅から教えていることが多く、レッスン中に食事や他の作業をしている場合がある
  • カウンセラーの対応に不満を感じる場合がある

レアジョブ英会話の特徴

レアジョブ英会話 特徴

レアジョブ英会話の特徴をポイント別にまとめました。

レッスン内容

レアジョブ英会話には大きく、以下の2つのコースがあります。

  • 日常英会話
  • ビジネス英会話

日常英会話コースでは、レアジョブ英会話が用意している教材や、あなたが使いたい教材を用いてレッスンを受けられます。
あなたのレベルに合わせた教材が用意されていますので、続けることで徐々にレベルアップを実感できるでしょう。

ビジネス英会話コースは、日常英会話コースよりも料金が高いです。
その分だけサービスも充実しており、「日常英会話用の教材」と「ビジネス英会話用の教材」で学習できるだけでなく、ビジネス英会話コース向けの専用トレーニングを受けて選抜された「ビジネス認定講師」が担当します。

教材内容

教材内容

レアジョブ英会話が用意している教材は、10段階にわけられたレベル別にさまざまな内容が用意されており、合計すると3,000を超えます。

その内容も、自己紹介などの日常会話やトラベル英会話、文法、発音、ニュース、ディスカッション、TOEFL対策など幅広いです。
これらの教材の中から、あなたの受講目的や目標に合わせて選んでいきます。

特に人気が高いのが「Daily News Article」です。今の話題をもとにしてトークすることから飽きません。
フリーテーマで話していると、話すネタが無くなってしまって、同じことを何回も話してしまいがちですから、新たな刺激を受けるのにも好都合です。

カウンセリングサービス(オプション)

カウンセリング

英会話レッスンはフィリピン人講師と行いますが、あくまでも、英語の指導のみが契約範囲となっています。
このため、レアジョブを用いた学習の進め方やレッスンの具体的な組み立て方などを聞いても相手にされません。

カウンセリングサービスを活用すれば、日本人カウンセラーがあなたの目標やレベルに合わせた学習プランを作成してくれます。
その後も、進捗度合いなどを定期的にチェックして、順調に進んでいない場合などにアドバイスをしてくれます。

カウンセリングサービスをオプションにしているのは、カウンセリングが必要がない人もいるからです。
そのような人にとっては、必要性のない余分なサービスにお金を支払うことになりますので嫌なものですよね。

サービスの公平性とわかりやすさを重視するために別料金となっています。

レアジョブ英会話の料金

日常英会話コース

レッスン時間費用1回あたり費用
月8回(1回25分)4,200円525円
毎日25分5,800円187円
毎日50分9,700円156円
毎日100分16,000円129円

ビジネス英会話コース

レッスン時間費用1回あたり費用
毎日25分9,800円316円

あんしんパッケージ(オプション)

月額980円

以下の3つのサービスが受けられます。

  • 専任の日本人カウンセラーによる学習相談
  • レッスンの自動予約
  • 「スピーキングテスト」の割引購入(67%OFF)

レアジョブ英会話利用者の口コミや評判は?

レアジョブ英会話で学習をした人々の口コミや感想、評判などを調べました。

受講者プロフィール
TOEIC950。仕事でも家庭でも日常会話は全て英語。英語圏に7年居住。

海外ホテル勤務。英語の講師を10年経験。
スピーキングは緊張するとパニックになることがあるので克服したい。
自分のレッスンのための参考にしたい。

担当してくれた先生は、明るく優しくフレンドリーで、それでいて文法の細かいミスなど取りこぼさず見つけてくれました。
レッスン前から、できるだけ緊張しないように、Skypeからレッスンの内容やメッセージなど送ってくれる気遣いがありました。
人柄と知識、指導力を兼ね備えた先生でした。

私のレベルは、最高10のうち8。
「え!10じゃないの?せめて9…。恥ずかしくて生徒に見せられない!」
というのが感想でした。文法が減点されていたからです。

文法のレッスンは私の人気講座なので、まさか!という気持ちでした。
それだけレアジョブ講師の英語レベルは高く、笑顔で会話している最中も厳しくチェックしてくれているのですね。

安くとにかく話す回数をこなして会話力をアップさせ、英会話が苦手というメンタルブロックを外したいという方に、レアジョブは合っていると思いました。
引用元:ひでぶろぐ~圧倒的!英語戦隊~

僕はレアジョブを1ヶ月間、48回(24日×2回)やりました。

レアジョブの最大のデメリット、それは講師がカメラを使わなくてもOKなシステムです。
つまり、講師によってカメラを使う人もいれば、使わない人もいるという事ですね。

カメラがないので相手の呼吸タイミングがわからず、会話のタイミングが被る事も多くなります。
(意外と気を使う)。そのため、英語が苦手な方ほど、カメラなしの会話は難しいかもしれません。

またこの状況を利用して、食事をしていたり、明らかに他のことをやりながら英会話をしているだろう・・・っと思われる先生もいたのも事実です。(本当に極小数でしたが)
引用元:俺のセブ島留学

英会話を勉強する上で、私が一番気になっていたのは発音です。
講師の英語の発音が、ネイティブスピーカーなみにきれいかどうかが重要でした。
講師紹介の欄には、音声つきで自己紹介を聞くことができたため、発音を聞いて納得した講師を選ぶことができました。

また、初めての相手に英語でうまく話せるかどうか不安でしたが、講師はとてもフレンドリーで話しやすい雰囲気を作ってくれます。
今日何を勉強したいかを一緒に決めることができ、その日の気分で日常会話やTOEIC対策などを選ぶことができます。

文法や助詞の使い方に間違いがある場合は、きちんと指摘してくれますし、チャット画面で正しい英文を送ってくれるため、レッスン終了後の復習としても役立ちます。

ただ、フィリピンで台風などの災害が起こった際は、よく通信状態が悪くなり、会話が途切れたりスカイプが終了したりすることがありました。
現在は通信状態がいいサービスを一部提供しているようですが、全体的に改善されると、尚いいと思います。

また、稀に予約した講師の都合が悪くなりキャンセルされる場合があります。
代理の講師でもいいですが、一言でいいのでメッセージをもらえると嬉しいなと思いました。
引用元:口コミレポート&ランキング

体験レッスンの時、風邪で熱があり鼻を垂らした先生だったので、フィリピンの方の大変さのほうが気になりました。
レアジョブのように安い授業は私たちにとってはとても助かりますが、先生の健康状態まではまだ管理されてないのだろうなと。

というわけで、気分の悪そうな先生を相手に自己紹介をし、世間話をし、お疲れ様でした。という感じに。
大きな組織で講師が多いほど相性の良い先生を見つけるのは大変なんだなと実感。
それでもオンラインの安さは魅力ですね。
引用元:本気の英会話

・レアジョブ開始から約1ヶ月
英語で話すことに抵抗感がなくなりました。
なんとなくですが、コミュニケーションがとれはじめているような実感がわいてきました。
英語を話すということのアレルギーみたいなものがなくなったかな?と思います。
・レアジョブ開始から約3ヶ月
日常的な会話のキャッチボール、かなりシンプルなセンテンスなら話せるようになります。
私は何がしたい、どう思っている、考えている、といった事がしっかり伝えられるようになり英会話が上達した!と感じます。
でもまだ先生にゆっくりとしゃべってもらわないと聞き取れない事が多く、ヒアリング力をあげたいなと思い始めました。
・レアジョブ開始から約6ヶ月
だれ始めます。
初心者用教材が終わり25分フリートークを続ける力がつきはじめてレッスンが楽しくなってきます。
ただ会話はもりあがって気分転換にはなるのですが、あまり新しいことを意識的に学ばなくなってきてしまい成長が鈍ってきます。
・レアジョブ開始から約9ヶ月
この時期になるとなんとなく通じてしまうので、意識的に何を学ぶか、どう上達していくか、そのあたりを自分で意識しないといけないなとすごく思いました。
ここらでもうひとつ壁を超える必要があるな、と。
引用元:Pub&Cafe(リンク切れ)

>>レアジョブ英会話の詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました