Gravis Coffeeのコピ・ルアクコーヒーは偽物?値段は高い?

Gravis Coffee

Gravis Coffee」では、幻のコーヒーとして知られるコピ・ルアクコーヒーを手軽に楽しめます。
ジャワ島にて野生のジャコウネコから採取した豆のみを使用しており、偽物は一切含まれていません。

「Gravis Coffee」では、焙煎直後のものを毎月農場から直接仕入れています。
このため、鮮度の高い最高の状態でコピ・ルアクを楽しむことができます。

「Gravis Coffee」は100g7,000円(税別)と、一般的なコーヒーと比べると値段が相当高いです。
とはいえ、コーヒーショップや喫茶店などでコピ・ルアクを飲むのと比べると、自宅で手軽に贅沢体験を楽しめます。

Gravis Coffeeの特徴まとめ

Gravis Coffee 特徴

まずは、「Gravis Coffee」の特徴をまとめました。

ジャワ島で手作業で収穫したコーヒー豆を焙煎

ジャワ島

「Gravis Coffee」で提供しているコーヒー豆は、ジャワ島に生息する野生のジャコウネコのフンから採取した豆のみです。

ジャコウネコは完熟のコーヒーチェリーを好んで食べる傾向があり、実の部分を体内で消化した後、消化せずに残った豆を糞と一緒に排出します。
この豆を糞の中から丁寧に洗浄し、乾燥・焙煎したものがコピ・ルアクです。

一般的なレギュラーコーヒーと比べると、少し独特な香りはしますが、当然ながら、糞尿特有の不愉快な悪臭などは一切しないので安心してください。
バニラやチョコレートのような芳醇で味わい深い香りと風味を楽しめます。

なお、ジャコウネコ体内での消化過程により、カフェインは一般的なコーヒーの半分程度にまで減る傾向があります。

「Gravis Coffee」は、天然のコピ・ルアクコーヒー豆であることを示す証明書を取得しています。
天然物であることを示す「WILDラベル」を取得しており、偽物はいっさいありません。

焙煎直後のコーヒー豆を直輸入

「Gravis Coffee」は、焙煎直後のコーヒー豆を、毎月、農場から直接仕入れるルートを確保しています。

産出量が少なく、貴重な「コピ・ルアク」コーヒー豆を、新鮮な状態で手軽に手に入れることができます。

「Gravis Coffee」はさまざまな飲み方を楽しめる

Gravis Coffee 飲み方

「Gravis Coffee」の「コピ・ルアク」は、一般的なレギュラーコーヒーと同じように楽しめます。

必要な分だけ挽くことで、豆の劣化を最小限に抑えられます。

ドリップするだけでなく、フィルターを使わず直接お湯を注ぐというインドネシアでは一般的に行われている飲み方も美味しいです。

パウダー状にした豆をコーヒーカップに入れて、直接お湯を注いだ後、コーヒー粉が沈殿したことを確認して、上澄みの部分だけを飲むのも楽しいです。

>>「Gravis Coffee」の詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました