techmeets(テックミーツ)プログラミングスクールの評判は?

techmeets テックミーツ

techmeets(テックミーツ)は、プログラマーよりも更に上位の仕事が行えるシステムエンジニアを目指すためのプログラミングスクールです。

プログラム言語を勉強するだけでなく、サーバー設計・構築やネットワークなどのインフラ寄りの知識や、Webデザイン、システム設計やライティングなど、オールラウンドで活躍できる「システムエンジニア」を目指します。

SIerでありがちな、ITスキルゼロにもかかわらず、コミュニケーション能力と政治力だけで何とか済ませようとするような伝書鳩SEは目指しません。

techmeets(テックミーツ)でITスキルを一通り身につけていると、プロジェクトリーダーやマネージャーなどの仕事もしやすくなるため、プログラマーと比べて実績や給料・報酬なども大きく変わります。

フリーエンジニアとして活動する場合でも、仕事の幅が大きく広がりますし、報酬も1桁変わるケースが少なくありません。

このtechmeets(テックミーツ)プログラミングスクールの評判はどうなのでしょうか?
口コミなどから調べました。

techmeets

techmeets(テックミーツ)プログラミングスクールの口コミや評判は?

まずは、techmeets(テックミーツ)プログラミングスクールを受講している人たちの口コミや評判などをまとめました。

以前、techmeetsではTwitter上で営業DMを送り、スクールへの勧誘をしていたそうです。
新しいプログラミングスクールを広めるための方法論の一つですが、ユーザーからの反応はよくありませんでした。
ただ、それは昔の話で今では勧誘はほとんどないみたいです。
そのため、特に怪しく思う必要はありませんよ。

僕は将来エンジニアを目指すのならばネットワーク、セキュリティ、データベース、サーバーとかの知識は必要だと思ってます。
別に大した知識がなくてもdbはなんとなく使えるし、herokuでデプロイもそんな難しいものではない。
ネットワークやセキュリティーもどういうプロトコルで動いて、どういう脆弱性があるのか理解してなくてもサービスはできます。
でもそれって結局大した物はできてないし、より深く学ばなければいけないことは必ず出てくる時につまずきやすくなります。
その点Techmeetsは他のスクールと比べてもとてもよく、多額のお金を投資した以上の効果は間違えなくあったと思ってます。

手当たりしだいにDMを送りつけるスパム営業や、受講料の高さに対する不満は見つかりましたので、スクールの内容以前に経営方針が許せないと感じた場合には、techmeets(テックミーツ)は申し込まないほうがいいですね。

現在はスパム送信はやめたとtechmeets(テックミーツ)では説明していますが、2020年3月時点でも被害者(?)のツイートが見つかりました。

その理由として、techmeets(テックミーツ)自体はスパム送信をやめていても、無能な働き者(?)が一人勝手に暴走したかもしれないという意見が見つかりました。

プログラミングの「Techmeets(テックミーツ)」の特徴や口コミと評判 | IT業界の歩き方
ツイッターのDMで生徒の勧誘をして、軽く炎上して話題になっているTechmeets(テックミーツ)。 ツイートを全く見ずに、プログラミングスクールの勧誘をDMで送られるのは印象が悪いですよね。 もうほんとに嫌気さしたんで晒しますね。Techmeetsさんは人のツイートを、全く見ずに勧誘のDMをいきなり送るプログラミング...

本当かどうかはわかりませんが、techmeets(テックミーツ)では手のつけようがないですよね。

techmeets(テックミーツ)プログラミングスクールの特徴まとめ

techmeets テックミーツ プログラミング スクール 特徴

次に、techmeets(テックミーツ)の特徴をまとめました。

オンライン授業のみ

techmeets(テックミーツ)は、東京池袋の校舎で学ぶオフライン授業と、同時にインターネット配信で行われるオンライン授業から選ぶことができました。

新型コロナの感染拡大を防ぐための措置として2020年4月に校舎が閉鎖されたため、現在はオンライン授業のみとなりました。

過去のオンライン授業はアーカイブ動画として全て保存されています。
授業に出席できなくても、ハンデは一切ありません。

校舎が閉鎖される前の時点でも、オンライン受講生は全体の7割程度であり、首都圏以外の人も数多く学んでいました。

フリーランスエンジニアに必要なスキルを身につけられる

ITスキル

techmeets(テックミーツ)では、プログラマーやWebデザイナーなどの狭い範囲の業務しか行えない作業員ではなく、一人でゼロからシステムを構築できるシステムエンジニア養成を目的としています。

このため、プログラミングやWebデザインなどはもちろんのこと、フリーランスとして活躍するために必要となるスキルなども身につけることが可能です。

  • プログラムの設計・コーディング・テスト
  • データベースの設計・構築・運用
  • ネットワークの設計・運用
  • 情報セキュリティ(プログラム、データベース、ネットワークなど)
  • サーバーの設計・構築・運用(負荷、ミドルウェアやアプリなどのインストール等)
  • Webデザイン(アドビ社商品:フォトショップ・イラストレーターなど)
  • 案件を受注するためのノウハウやテクニック
  • 行った仕事の対価を依頼者から回収するための方法
  • フリーランスとして知っておくべき法的知識
  • 確定申告の仕方

など

授業も1回毎に完結する内容となっているため、着実にスキルアップをはかることができます。

人によって異なるカリキュラム

カリキュラム

techmeets(テックミーツ)では、「全員が身につけておくべき内容」と「あなたの将来像・目標を実現するために必要な内容」とをわけています。

このため、カリキュラムは個人ごとに異なります。

講師陣が24時間体制でサポート

techmeets(テックミーツ)の受講生は、学習時間がバラバラです。
日中に学んでいる人もいれば、深夜や早朝に学んでいる人もいたりとさまざまです。

このため、techmeets(テックミーツ)のサポートも24時間体制で受け付けています。

授業の質問や課題の内容、自主的に進めている学習、エンジニアリングに関する雑多な質問など、いつでも気軽に問い合わせができます。

キャリアサポート

techmeets(テックミーツ)を運営するtechmeets(株)は、有料職業紹介事業の許可を受けていません。

このため、techmeets(テックミーツ)では求人紹介や転職支援サービスは行っていません。
求人サイトや人材紹介エージェントサービスなどを利用する必要があります。

あなた自身が就職・転職活動を行ったり、フリーランスとして案件獲得をする際の相談やサポートなどを行います。

フリーランス向けの案件紹介はtechmeets(テックミーツ)でも行っています。

techmeets(テックミーツ)プログラミングスクールの無料オンライン面談は随時受付中

新型コロナの影響に伴う池袋校舎の閉鎖の影響で、techmeets(テックミーツ)の無料相談もオンラインのみとなっています。
対面での無料相談は行っていません。

無料オンライン面談は、以下の流れで進んでいきます。

  • 卒業生の紹介
  • techmeetsの説明
  • 取得可能スキルの紹介
  • カリキュラムについての紹介
  • サポート内容についての紹介
  • 質疑応答

所要時間は1時間程度です。
その場で入学を申し込むこともできますし、じっくりと検討してから判断しても構いません。

当然ながら、入学を強要されるものでもありませんし、気に入らなければ、接続を切ってしまえばいいだけです。
一昔前までのエステなどのように、入学手続きを済ませるまで帰らせてくれないなどといった心配は一切ありません。

なお、techmeets(テックミーツ)の無料オンライン面談は事前予約が必要です。
曜日は関係なく、10時スタートから22時スタートまで、1時間毎に選べます。

>>techmeets(テックミーツ)の無料オンライン面談を申し込む

タイトルとURLをコピーしました