個人向けカーリース「SOMPOで乗ーる」のメリットは?評判は良い?

SOMPOで乗ーる

SOMPOで乗ーる」は、国産車・輸入車を問わず、全メーカー・全車種の新車を選べる個人向けカーリースです。
リース期間は3年、5年、7年から選べます。

SOMPOで乗ーるは、一般的な個人向けカーリースと同じように税金や車検代、補修費用がパックになっているだけでなく、自動車保険までも月々の料金に含まれています。
リース期間中は、万が一、事故などを起こしても、付随する自動車保険の等級が変わらないため、リース費用が値上がりする心配はありません。

また、SOMPOで乗ーるでは、カーシェアリング「Anyca」で使わない時間に他人に貸し出すことで、リース費用を抑えることができます。

SOMPOで乗ーるには、数多くのメリットがあり、利用者からは評判ですが、逆にデメリットはないのでしょうか?



個人向けカーリース「SOMPOで乗ーる」のメリット/デメリット

SOMPOで乗ーる メリット

まずは、SOMPOで乗ーるのメリット・デメリットをまとめました。

カーリース費用は安め

他社と比較するとわかるように、SOMPOで乗ーるの費用は意外に安めです。

自動車保険の代金を含めて考えると、SOMPOで乗ーるのほうがさらに安いケースもあるため、十分に検討に値するのではないでしょうか。

SOMPOで乗ーるだけに限らず、カーリースを利用した場合の支払総額は、「現金一括購入+税金・検査費用・自動車保険などを支払い、中古車として売却した場合」と比べると割高になることが多いです。
支払総額を安くしたい場合は、現金一括購入でランニングコストを減らすのがベストです。

国産車/輸入車の新車に乗れる

SOMPOで乗ーるは、国産車は全社・全車種から選べますし、輸入車も選ぶことができます。
いずれも新車となり、中古車はありません。

  • BMW
  • メルセデス・ベンツ
  • フォルクスワーゲン
  • アウディ
  • ジープ
  • ボルボ
  • プジョー
  • ルノー
  • フィアット
  • ジャガー
  • アルファロメオ
  • シトロエン
  • スマート
  • ランドローバー

など

ディーラーやメーカーに在庫のある車であれば、短期間で納車できます。

また、カラーやオプションなども自由に選べます。

基本的に、日本国内で購入できる輸入車を取り扱いできます。
国内にディーラーやメーカーの整備拠点などがない輸入車は取り扱えない場合があります。

支払いは定額

SOMPOで乗ーるは、リース代金に、車両代金(オプション含む)登録諸費用、クルマに関わる各種税金(自動車税、重量税、自賠責保険料)、車検、オイル交換等のメンテナンス費用、自動車保険などが全て含まれています。

初期費用は0円、リース期間中(3年、5年、7年)は全て定額での支払いとなります。
繰り上げ返済は不可、中途契約は解約手数料が必要となります。

ガソリン代は自己負担です。
契約時に決めた月々の走行距離制限(1,000km~3,000km)を超えた場合は、リース契約終了時に超過料金を支払います。

支払い方法は口座振替のみとなり、クレジットカードなどでの支払いはできません。

自動車保険込

自動車保険

SOMPOで乗ーるは、リース費用に自動車保険が含まれています。

あなたが現在契約している自動車保険があれば、SOMPOで乗ーる契約時に等級を引き継げます。

万が一、自動車事故を起こした場合でも、SOMPOで乗ーるの契約期間中は等級の変動はありません。
リース費用が上がる心配はないので安心です。

また、リース終了後に、新たに自動車保険を契約する場合にも等級を引き継げます。

3種類のメンテナンスプラン

メンテナンスプラン

SOMPOで乗ーるは、運転する回数にあわせたメンテナンスプランを3種類用意しています。

  • たまーに乗ーるプラン
  • いつでも乗ーるプラン
  • いつでも乗ーるプラン+安心乗ーるプラス

「たまーに乗ーるプラン」は法令点検とオイル交換のみ、「いつでも乗ーるプラン」ではディーラー点検と同等レベル、「安心乗ーるプラス」ではメーカー保証が切れた後の部品なども追加費用無しでの修理/メンテナンスが可能です。

ナンバープレートは自由に選べる

SOMPOで乗ーるで契約した車は、抽選となるカーナンバーを除き、自由にナンバープレートが選べます。

レンタカーではないので、「わ」にはなりません。
通常の乗用車と同じナンバープレートになります。

リース終了後は4種類の選択

SOMPOで乗ーるのリース期間終了後の扱いは、以下の4種類から選べます。

  • 「SOMPOで乗ーる」で別の新車に乗り換え
  • 今の車を「SOMPOで乗ーる」で再リース
  • 今の車を買い取って所有物にする
  • リース終了時に返却

Anyca(エニカ)で車を貸し出せる

一般的に、カーリースの車をカーシェアリングで貸し出すことは法律で行えませんが、SOMPOで乗ーるではAnyca(エニカ)を使って貸し出すことができます。

Anyca (エニカ) "乗ってみたい"に出会えるカーシェアリングアプリ
Anyca (エニカ) は、個人間でクルマをシェアする新しいカーシェアリングサービスです。スポーツカーから痛車まで、全国オーナーの多種多様なクルマを利用することが出来ます。自動車保険に1日単位で加入するシステムなので、安心に使えます。

Anyca(エニカ)で貸し出している間の走行距離も「SOMPOで乗ーる」に含まれます。
長距離利用者に貸し出しするとAnyca(エニカ)の報酬は多くなりますが、精算時に追加負担を求められる可能性があります。

「SOMPOで乗ーる」で月間走行距離を普段使い程度にしている場合、Anyca(エニカ)の貸し出しには注意が必要です。

SOMPOで乗ーるの口コミや評判は?

次に、SOMPOで乗ーるを利用している人たちの口コミや評判などをまとめました。

なにかあった時、損保ジャパンの担当者に連絡をするだけでリースのこともまとめて面倒をみてくれるというのでSOMPOで乗ーるを選びました。
各所に連絡をとる必要がないので手間もかからないし安心です。

コミコミのメンテナンスでも儲けがでるため、あなたがメンテナンス契約した店舗と接客態度などでトラブルがあり、別の店にメンテナンスを変えてもらおうとしてもなかなか変えてもらえず一苦労します。

見積もりを比較すると分かるのですが、どうしても割高になります。
格安で契約したいのであれば、「オリックス」と「カルモ」から選べばいいですし、どちらも中古車の扱いもあります。
任意保険もセットという以外は、SOMPOで乗ーるで契約するメリットはないですね。

SOMPOで乗ーるの3年プランに入っていましたがほかのカーリースと違って海外の新車が乗れたのは最高でした。
ほかにもカーリースを利用してきたのですが個人的にはSOMPOで乗ーるが1番でしたね。

特に輸入車は納期が遅いので、すぐに使いたい時に役立たない。
購入でもディーラーによっては納期に時間がかかるので、すぐにほしいときは中古車がいい。

筆者も個人間カーシェアリングAnyca(エニカ)で毎月数万円の収入を得ています。
試行錯誤して予約が増えて売り上げが上がるのを楽しめる方には、「副業の一環」としてぜひ楽しんで頂きたいと思っています。

個人向けカーリース「SOMPOで乗ーる」まとめ

「SOMPOで乗ーる」は、個人向けカーリースのなかでも安めの金額です。
カーリース特有のデメリットもあるものの、利用者からの評判も悪くありません。

Anyca(エニカ)を有効活用すればランニングコストを下げられますが、見知らぬ他人が車を運転するのが気になる人には向きません。
あなた自身は走行距離が少なかったとしても、カーシェアリングにより走行距離が伸びるという点は盲点になりやすいので注意が必要です。

>>個人向けカーリース「SOMPOで乗ーる」の詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました