安心・安全の火災保険活用の教科書で保険金受取をサポート!用途は自由

安心・安全の火災保険活用の教科書

火災保険というと「自宅が火事で被害を受けた時しか保険金が受け取れない」というイメージがつきものです。

しかし、火災保険が支払われる対象は火事だけではありません。
地震を除く天災による住宅被害も火災保険の支払対象です。

台風などの影響で雨樋や屋根が壊れたり、壁にヒビが入ったなどのケースでも、保険会社に保険金申請をすれば、受け取れる場合があります。

一方、保険会社は審査の結果、支払いを拒否するケースも多いです。
災害によって被害が出たかどうかが証明できない限り、保険金を支払う必要がないためです。

そこで役立つのが、「安心・安全の火災保険活用の教科書」などの火災保険申請をサポートする業者です。

あなたが加入している火災保険を運営する損保会社から、申請書類を取り寄せるだけです。
「安心・安全の火災保険活用の教科書」が保険会社の審査を通過するために必要となる証拠集めを行い、申請書類の作成をサポートします。

あとは、保険会社に申請書を提出して、審査結果を待つだけです。

(株)WE LEADが運営する「安心・安全の火災保険活用の教科書」では、これまでに6,000件以上の実績があります。

「安心・安全の火災保険活用の教科書」に問い合わせた90%以上の人が保険金受取に成功しています。
受け取った保険金も平均90万円(一戸建ては平均150万円、マンションは平均60万円)と高額です。
過去には、400万円を超えるケースもありました。

「火災保険を使って無料で修理」などという触れ込みの業者とは異なり、「安心・安全の火災保険活用の教科書」では、火災保険の保険金が支払われた後の使い道はあなたの自由です。

「安心・安全の火災保険活用の教科書」に支払う費用は、保険金受取に成功した場合の成功報酬のみとなっています。
保険金を受け取れなかった場合には1円も支払う必要はありません。

「安心・安全の火災保険活用の教科書」の口コミや評判は?

「安心・安全の火災保険活用の教科書」を利用した人たちの口コミや評判などは、2020年7月時点では見つかりませんでした。

このため、実際に保険金が受け取れたケースをまとめました。

火災保険 適用例

ちょっとした不具合でも、火災保険から高額の保険金が受け取れる場合が少なくないことがわかります。

「安心・安全の火災保険活用の教科書」の特徴

安心・安全の火災保険活用の教科書 特徴

次に、「安心・安全の火災保険活用の教科書」の特徴をまとめました。

全国対応

「安心・安全の火災保険活用の教科書」は、北海道から沖縄まで利用可能です。(一部離島等を除く)

全国各地の提携工務店の担当者が、あなたの火災保険申請をサポートします。

豊富な成功実績

「安心・安全の火災保険活用の教科書」では、全国あわせて6,000件を超える取扱実績があります。

「安心・安全の火災保険活用の教科書」に問い合わせを行った人々のうち、実際に火災保険の保険金を受け取ることに成功したのは全体の90%以上です。

受け取った保険金の金額も平均90万円以上(一戸建ては平均150万円、マンションは平均60万円)と言う実績です。

火災保険は自動車保険とは異なり、等級などはありません。
保険金を受け取っても、保険料が値上がりする心配はありません。

自己負担ゼロ

「安心・安全の火災保険活用の教科書」では、保険会社から支払われた保険金の一部を成功報酬として受け取るだけです。
工事をするように強要される心配はありません。

保険金の受け取りに失敗した場合には1円も費用負担はありません。
「安心・安全の火災保険活用の教科書」へは保険金からの支払いとなるため、いずれのケースでも自己負担は0円です。

あなたの生活に支障がなければ、そのまま放置しておいても構いませんし、修理しても構いません。
一戸建てなら、改築などの際の資金として貯めておくのもいいでしょう。

安心・安全の火災保険活用の教科書の申請は完全無料

「安心・安全の火災保険活用の教科書」では、24時間いつでも問い合わせを受け付けています。

無料で現地調査を行い、火災保険の申請ができそうだと担当者が判断した場合に、実際に保険金申請を行います。

なお、以下の条件を満たす人でないと、火災保険から受け取れない可能性が高いです。

  • 共済系の火災保険でないこと
  • 自己保有の一戸建て/マンションであること
  • 築5年以上の一戸建て/マンションであること
  • 住宅の外・内に損傷があること(軽微な被害でも可)

あなたが気づかない部分に損傷や不具合が見つかる可能性もあるため、一度、現地調査を依頼してみるといいでしょう。

>>安心・安全の火災保険活用の教科書の詳細/問い合わせはこちら

タイトルとURLをコピーしました