Playground プログラミングスクールでiOSアプリなどを開発!

Playground プログラミングスクール

Playgroundプログラミングスクールでは、低価格でswiftを学べる「Swift upstairs」が開講されています。

しかし、せっかくswiftをマスターしても、実際の開発現場で全く役に立たないプログラミング言語の学習では意味がありません。

Playgroundでは、プログラミング初心者でも「Swift upstairs」受講後に「1人でiOSアプリ開発ができるようになる」ことを目標としています。
「Swift upstairs」では、swiftの書籍やネット上に公開されていないような開発テクニックが豊富に盛り込まれています。

Playgroundの「Swift upstairs」は完全オンライン学習で、あなたのペースで進めていけます。
わからないことがあれば、現役iOSエンジニアの講師に質問ができるため、独学と比べると効率よく上達できます。

また、「Swift upstairs」では効率よく開発ができる自社開発フレームワーク「PGFramework」と自動処理スクリプト「Magic Box」が提供されます。

Playgroundプログラミングスクールで学べるカリキュラム

Playgroundでは、2020年6月時点では「Swift upstairs」でswiftしか学べませんが、今後、短期間のうちに次々と新たなプログラムが開設される予定です。

  • コーポレートサイトを作れるHTML/CSSコース
  • Macアプリを開発できるMacアプリコース
  • Webアプリを開発できるJavaScript(React)コース

「Swift upstairs」受講生は追加料金不要で、新たに開設されるコースにも参加できます。

また、オンライン教材を見て独学で進めていくだけでなく、「フルサポート+オンライン講義付きプラン」も新たにスタートする予定です。
一般的なプログラミングスクールと同じように学習を進めていけます。

Swift upstairsコースの特徴

Swift upstairs 特徴

Swift upstairsコースでは、Playgroundが自社開発したフレームワーク(PGFramework)と自動処理スクリプト(Magic Box)を用いることで、全くのゼロからSwiftを身につけるのと比べて、圧倒的な短時間でiOSアプリが作れるようになります。

最新版のswiftへの対応もスムーズに行われているため、安心して学べます。

「こんなズルをしても、そもそも言語の基礎が身につかなければ意味がない」といった批判もありますが、そもそも全くのswift未学習者は対象外です。
言語の知識を習得したいだけであれば、入門書などで勉強しろという具合に、割り切った内容になっています。

Swift upstairsコースは、言語の「学習」よりも「最速で作る」事を重視した内容となっています。
書籍やネット上の情報では手に入らない、実務で役立つ開発テクニックを習得できます。

  • Xcodeとターミナルの基本操作
  • Swift 5の基礎知識
  • 表示(View)の作り方
  • 制御(Controller) の作り方
  • データ(Model)の作り方
  • Firebaseでアプリ開発する方法
  • GitHubでソースコードを管理する方法
  • UIKitの使い方
  • Map APIの使い方
  • PGFrameworkの使い方
  • Magic Boxの使い方

など

Swift upstairsコースの中でわからないことがあれば、iOS現役エンジニアに直接質問が行えます。

完全独学だと、わからない部分はgoogleなどで答えを探したり、フリーの掲示板などで聞くのが一般的ですが、なかなか期待通りの答えが得られずに挫折するケースが多いです。
知り合いにswiftに詳しい人がいても、全て答えられるとは限らないので、困った時にはお手上げではないでしょうか。

Playgroundであれば、このような心配はありません。

HTML/CSSコースの特徴

HTML/CSSコースでは、コーポレートサイトを作れるスキルが身につくことを目標としています。

詳細は、Playgroundプログラミングスクールから発表される予定です。
Swift upstairsコースと同様のサービスレベルが提供されるものと思われます。

Macアプリコースの特徴

Macアプリコースでは、Macアプリを開発できるスキルが身につくことを目標としています。

詳細は、Playgroundプログラミングスクールから発表される予定です。
Swift upstairsコースと同様のサービスレベルが提供されるものと思われます。

JavaScript(React)コース

JavaScript(React)コースでは、Webアプリを開発できるスキルが身につくことを目標としています。

詳細は、Playgroundプログラミングスクールから発表される予定です。
Swift upstairsコースと同様のサービスレベルが提供されるものと思われます。

Playgroundプログラミングスクールの受講料

Playground プログラミングスクール 受講料

Playgroundプログラミングスクールの受講料は以下のようになっています。(2020年6月時点)

入会金:29,800円
月会費:550円
(いずれも税別)

一般的なプログラミングスクールが数ヶ月で数十万円といった高額な受講料が必要なことを考えると、あまりにも激安です。

また、入会後に思っていた講座とは違うと感じたときのために7日間の完全返金保証制度が用意されています。
Playgroundを安心して試せるのではないでしょうか?

Playground プログラミングスクールの口コミや評判は?

2020年6月時点では「Swift upstairs」のみが開講されています。
このため、「Swift upstairs」受講生の口コミや評判などをまとめました。

他のプログラミングスクールでは長期に渡って基礎からゆっくり学んでいくサービスなのに対し、プレイグラウンドのサービスではUdemy(ユーデーミー)やTech:Pit(テックピット)のようなに受けたい授業単位で購入するサービスと非常によく似ている点です。

さらにプレイグラウンドのサービスは月額500円を継続している期間はコミュニティや限定セミナーを受講出来たり会員限定イベントにも参加する権利が与えられています。

また、開発したアプリのローンチから収益化の方法まで「稼げるようになる」までのサポートを対象としているので、授業料3万円の初期投資もすぐに回収出来てしまうでしょう。
iOSのアプリが開発出来ると言うだけで、収益化としても非常に差別化出来るメリットも多く単純なアプリをリリースするだけでもそれなりのユーザーにダウンロードして貰えるメリットがあります。
引用元:キムチWeb

当時、僕の周りにプログラマーは多くいましたが、Swiftという言語を選択している人はいませんでした。
Swiftを学ぶことで「人材としての希少性が高まるのではないか」と思い、受講を決めました。

基礎だけでなく、実務で使える実践的なことを教えていただきました。
プログラミングの概念を学ぶというより、「現場で使えるコード」を学ぶ超実践型の教材でした。
そのため、スムーズに実務に入れたのではないかと思います。

Swiftを学習し始めて1年未満ながら、業務委託の開発案件を知人から紹介してもらいました。
そのため、現在はフリーランスとして現場に参画し、スクールで学んだことを活かしながら新しいチャレンジをしています。

「実践的な環境でプログラムを書く経験を積める」と聞いて興味を持ったことがキッカケでした。
Playgroundが提供している独自のフレームワークにより、早い段階で成功体験を積むことができたので、やりがいを感じながら学ぶことができました。

現在はiOSアプリ開発のお手伝いをしています。
また、次は自分が教える側の立場になりました。
初心者の方に、PCの使い方からSwiftでのプログラミングまで、色々なことを教えています。

Playgroundプログラミングスクールまとめ

安価に現場のスキルが身につけられる「Playgroundプログラミングスクール」。
効率よく開発できるツール類なども揃っているので、効率よくスキルアップができます。

2020年6月時点では、swiftの開発手法が身につけられる「Swift upstairs」のみが開講されていますが、今後も新たなコースが増えていくので期待が大きいです。

>>Playgroundプログラミングスクールの詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました