ステリパワーは新型コロナには効果なし?希釈は必要?口コミはどう?

ステリパワー

ステリパワーは、ウイルス除去と除菌力の持続性の高さを両立した「次亜塩素酸水」を配合した弱酸性の除菌水です。

ステリパワーは次亜塩素酸ナトリウムと希塩酸を混合・反応させることで「次亜塩素酸水」を製造していますが、次亜塩素酸ナトリウムが持つ毒性の心配はありません。

ステリパワーは、ノロウイルスやインフルエンザウイルス、さまざまな細菌を無害化する効果がありますが、新型コロナに関してはどうなのでしょうか?

経済産業省傘下の独立行政法人「製品評価技術基盤機構」(NITE)による発表を行ったこともあって、不安に感じているのではないでしょうか?

NITEが行う新型コロナウイルスに対する消毒方法の有効性評価に関する情報公開 | ナイト | 製品評価技術基盤機構
製品評価技術基盤機構のホームページです。NITEが行う新型コロナウイルスに対する消毒方法の有効性評価について情報公開

経産省は5月29日、WHOや米中衛生当局の「消毒液の人体への噴霧は有害である可能性がある」「人がいる状態で空間・空気の消毒を行うべきではない」などとする見解をまとめた「ファクトシート」を公表し、次亜塩素酸水の空間噴霧についても「有効性、安全性ともに確立された評価方法は定まっていない」としている。
引用元:福井新聞(https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/1098829)

公共機関などでは次亜塩素酸水の噴霧の中止が相次いでおり、「ナチスのアウシュビッツを思い出す毒ガス噴霧」などと揶揄する口の悪い人もいます。

果たして、ステリパワーは安心して使うことができるのでしょうか?



次亜塩素酸水が新型コロナに効果なし?危険?

国立国際医療研究センター・国際感染症センター勤務で感染症専門医の忽那賢志氏は以下のように警告しています。

「消毒剤噴霧」「空間除菌」の効果は証明されておらず、人体に有害な可能性あり(忽那賢志) - Yahoo!ニュース
感染を広げたくないという弱みにつけ込んだセールスが増えているようです。「消毒剤噴霧」や「空間除菌」の効果は証明されていません。悪徳業者や過大広告に騙されることなく適切な感染対策を行っていきましょう。

ついに経済産業省が「『次亜塩素酸水』の空間噴霧について(ファクトシート)」を発表しました!

「次亜塩素酸水」の空間噴霧について(ファクトシート)
「次亜塩素酸水」等の販売実態について(ファクトシート)

ぜひ内容をご一読いただければと思いますが、清々しいほどにぶった切ってくれています。
(中略)
次亜塩素酸水を噴霧するのは効果も不明ですし有害な可能性があり、現時点では推奨されません。
ましてや口や目の消毒には使わないようにしましょう。

一方、北海道大学の玉城英彦名誉教授などの研究チームは、先述のNITEのファクトシート発表に対する「フェイクニュース」が多すぎると警告を鳴らしています。

北大研究グループが第二弾発表 「次亜塩素酸水」のウイルス不活化
株式会社あかりみらいのプレスリリース(2020年6月2日 12時18分)北大研究グループが第二弾発表 のウイルス不活化

先週のNITEの中間発表をめぐって誤報の嵐となっており、全国の次亜塩素酸水溶液の愛用者から不安の声があがっています。
また、本来新型コロナウイルス対策の切り札となるべきものが誤報と取材不足により普及しなくなることで、これから防げるはずの感染者が増加することになります。
この状況を危惧した北海道大学玉城名誉教授と北海道大学人獣共通感染症リサーチセンターが、NITEの中間報告対象と同じ条件下での第二弾の試験結果を発表しました。
次亜塩素酸水(PH5.5、40ppm)の新型コロナウイルスが30秒で不活化されたという発表です。

企業との合同研究というと、企業側に有利なデータを出すことが多いために胡散臭いイメージがつきものですが、NITEでは次亜塩素酸水は無効だと切り捨てたわけではなく、継続して検証を進めている段階とのことです。

「次亜塩素酸水」の新型コロナウイルスに対する効果については、検証試験が継続中であり、まだ結論は出ていません。
現在、効果の検証作業を、関係機関の協力を得て進めているところです。塩素濃度や酸性度(pH)等の条件によって効果が変化しうるため、評価にあたっては、様々な条件での検証を行う必要があります。
今までのところ、新型コロナウイルスに対して一定の効果を示すデータも出ていますが※、2020年5月29日現在、全体として有効性評価を行う上で十分なデータが集まっていないことから、委員会において、引き続き検証試験を実施することとされました。今後、早期に結論を得ることを目標に、検証作業を続けてまいります。

※塩素濃度49ppm(pH5.0)で、20秒で感染力を1000分の1まで減少させた例がありました。

NITEでは「毒ガス」などとは一言も言っていませんし、次亜塩素酸水自体の安全性はさまざまなデータで既に示されています。

次亜塩素酸の安全性について | 次亜塩素酸 空間除菌脱臭機「ジアイーノ」 | Panasonic
このページは「ジアイーノ」の次亜塩素酸の安全性について、納入実績、安全検証データなどを含めて説明しています。

ステリパワーの特徴

ステリパワー 特徴

次に、ステリパワーの特徴をまとめました。

2液混合タイプ

次亜塩素酸水の製造方法としては、大きく分けると

  • 塩化ナトリウム水溶液を電気的に分解して製造する「電気分解タイプ」
  • 次亜塩素酸ナトリウムと希塩酸を混合・反応させる「2液混合タイプ」

という2種類があります。

ステリパワーでは「2液混合タイプ」で作られた次亜塩素酸水を使用しています。

弱酸性になるために、保存期間が3ヶ月(メーカー保証)と長く、実測データでは10ヶ月程度は品質が保持できたというケースもありました。

このため、保存状況や使い方などによって使用期限は変わってきます。

次亜塩素酸ナトリウムよりも高い殺菌・除菌力

殺菌 除菌

ステリパワーを「次亜塩素酸ナトリウム」と比較すると、8倍の除菌力・80倍の除菌スピードがあることが明らかになっています。

また、有害な成分が発生しにくいことから、次亜塩素酸ナトリウムを上回る安全性を確保しています。

希釈が必要

ステリパワーは、50ppm、100ppm、200ppm、300ppm、400ppmと濃縮した状態で販売しています。
原液のままでは濃すぎるために費用対効果が悪いです。

塩素などが含まれる水道水でも効果を発揮するように調整されているため、蛇口の水でステリパワーを薄めても問題ありません。

ハラール認証を取得

ステリパワーは、イスラム教徒でも安心して使用できる「ハラール認証」を取得しています。

イスラム教では、宗教としてアルコールの使用を禁止しています。

世俗的な国だと、飲用以外のアルコール使用に関する規制は緩いですが、原理的なしきたりを重んじる国では病院の消毒用アルコールも使用が禁止されています。
このような国でも、手指の消毒などのためにステリパワーを安心して使用できるという意味合いで「ハラール認証」を取得しています。



ステリパワーの口コミや評判は?

次に、ステリパワーを利用している人たちの口コミや評判などをまとめました。

職場で使ってるので家でも使いたいと上司に頼まれて購入。
薄めて使うので長持ちするし除菌出来て口に入っても大丈夫なので安心していろんな所に使えます。
引用元:楽天市場

トイレ掃除や生ゴミ消臭とかにも使っています。
冬は専用加湿器も使ってウイルス対策!
引用元:amazon

うちには来年早々受験を控えている子供がおります。
例年にも増して特にこの時期は精神的にも過敏で教室で咳ひとつするにも気を遣うと言います。
今までは風邪をひかないように予防してもひいてしまうものは仕方ないと思っておりましたが、ステリパワーを使うようになってからは風邪を引くかもしれないという怖さもなく、とても重宝しております!!
受験もこのままの勢いで乗り越えてくれそうな気もします!!
引用元:ツクツク!!

病院においてはあらゆる菌に対応する除菌剤が必要となります。
特にアルコール等では対応できない各種ウイルス除去が必要となることもあります。
ステリパワーでは濃度を変えることで対応することができます。
1つの除菌剤で手指除菌だけでなくウイルス除去まで対応できつつ、弱酸性のため手肌には優しくスタッフにも喜ばれています。

園では「やさしい心」と「つよいからだ」をもって巣立っていただくことを教育目標にしております。
そのため可能な限り自由な環境で活動できる環境を構築していきたいと思っています。

その中で除菌を行うことは非常に重要です。
冬季におけるのウィルス除去だけでなく、四季を通じて様々なウィルスへの対策が求められています。

その中でアルコール除菌だけでなく、加湿器を活用した空間除菌を行ってからウィルス感染が激減し、園児、園児のご家族からも感謝の声をいただいています。
いまでは手指除菌や様々な場所の除菌にもステリパワーを活用しています。

>>ステリパワーの詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました