家庭の蓄電池でトラブルや失敗が続出?!太陽光発電だけでは駄目?

家庭の蓄電池

「家庭の蓄電池」は、埼玉県と東海3県(愛知、三重、岐阜)をサービスエリアとして、蓄電池と太陽光発電の販売・設置を行っています。
すでに自宅に太陽光発電システムがあり、蓄電池のみを新たに追加する場合はもちろんのこと、新たに太陽光発電と蓄電池をまとめて設置することも可能です。

特に、太陽光発電の余剰分をFIT(固定価格買取制度)で売電していた場合、10年間という「固定料金での買取保証期間」が終了します。

その後は、電力会社に売電しても非常に安い価格になるため、余剰分を売電するよりも蓄電池にためて電力購入量を減らしたほうがトータルで割安になる場合も少なくありません。
「家庭の蓄電池」では、このような卒FITの人向けに蓄電池の販売・設置も行っています。

しかし、蓄電池に関しては失敗・トラブルが多く、工事が終わってから後悔するケースも少なくありません。
「家庭の蓄電池」で安心して購入・設置することはできるのでしょうか?



蓄電池導入で失敗やトラブルが起こる原因は?

蓄電池 失敗 トラブル

蓄電池や太陽光発電によるトラブルが増加しています。

消費者センター、太陽光発電の設置は「すぐ契約せず必ず比較検討を」-土地付き・住宅用太陽光発電の見積もり・価格比較 – エコ発
消費者センターへ太陽光発電に関する相談が増加しています。特に訪問販売に対する相談が多いようです。太陽光発電は安い買い物ではありませんし、長期間に渡って利用するものです。少しでもおかしい点があればきっちりと断りましょう。

その多くは、訪問販売による強引な営業が原因です。

卒FITの問題を抱える家庭に対して、手当たり次第に飛び込み営業を行う営業マンが2019年から増えています。
太陽光パネルが屋根にあり、蓄電池が家の周りになければ、セールス対象だということが簡単にわかります。

訪問営業の世界は昔から変わらず、営業成績を少しでも上げるために、セールスマンはボッタクリ価格の蓄電池を強引にでも売り込んできます。

このような失敗を防ぐためには、訪問営業から買わないようにするのが一番ですね。

また、意外な盲点となりやすいのが、販売員の知識や経験が不足しているケースです。
店頭やネットなどでしっかりと比較検討してから決めても、蓄電池を設置して失敗したと感じたり、トラブルになるのは、検討ミス・説明不足などが原因です。

蓄電池を設置して失敗だと感じたり、トラブルになる主なケースをまとめました。

  • 蓄電池の設置スペースが思っていたところと違う/場所がなくて設置不可
  • 電気配線工事や基礎工事などで異なる業者が入ると連携ミスが起こる
  • ハイブリッド型蓄電池を設置したらパワーコンディショナーの対応回路が少ないので発電量が低下した
  • ハイブリッド型蓄電池を設置したら、既存のパワーコンディショナーが撤去されずに放置された
  • 割安な深夜電力を有効活用できていない(料金プラン変更など)
  • 蓄電池を設置しても電気代が安くならない/購入費用が無駄だったと感じる
  • 補助金がもらえると思って購入したら、住んでいる街は対象外だった/安すぎる

あなたの理解不足も一つの原因にはなりますが、販売者は素人相手に販売しているわけですから、あなたが理解するまで「十分な説明」が必要です。

販売者からの説明が不十分なために勘違いするケースが多いのです。

このような失敗をしないようにするためには、あなた自身が太陽光発電や蓄電池に関する知識を増やす必要があることは言うまでもありません。

もちろん、業者ではないため、すべてを知る必要はありませんが、業者の説明を理解できる程度に基本的な内容は身につけて置く必要があります。

その上で、しっかりとした販売・施工実績があり、販売員が豊富な知識を持っている業者を選ぶ必要があります。

家庭の蓄電池の特徴

家庭の蓄電池 特徴

次に、家庭の蓄電池の特徴をまとめました。

サービスエリア

家庭の蓄電池のサービスエリアは、2020年5月時点で以下の4県です。

  • 愛知県
  • 岐阜県
  • 三重県
  • 埼玉県

スマートハウス作りをサポート

スマートハウスとは、「太陽光発電」「蓄電池」「HEMS(ホーム エネルギー マネジメント システム)」を全て搭載した住宅のことをいいます。

HEMSが「太陽光発電などからの発電量」や「蓄電池の充電量」などをもとに自動的に制御することで、電力会社からの購入量の最小化を目指します。

家庭の蓄電池では、現在の設備を有効活用した上で、蓄電池や太陽光発電システムの導入などを通じて、スマートハウス作りをサポートしていきます。

各社の蓄電池の中から最適な商品を選定

蓄電池 提案

家庭の蓄電池では、特定のメーカーだけに限らず、家庭用蓄電池を販売している各社の商品の中から提案します。

蓄電池のスペックを見ただけでは、設置場所や既存設備への影響など、思わぬ落とし穴に陥るおそれもあるため、十分な検討が行なえません。

家庭の蓄電池では、あなたの家庭状況に合わせた選択肢を複数提示します。

家庭の蓄電池では、蓄電池の設置費用は無料です。
また、メーカー保証10年に加えて、独自保証5年を加えた「15年保証」が標準でついてきます。

太陽光パネルを無料プレゼント

あなたの自宅に太陽光パネルが設置されていない場合はビッグチャンスです。

家庭の蓄電池で蓄電池を購入すると、太陽光パネルを無料で設置してくれます。

また、電力会社を「Japan電力」に切り替えると、1年間にわたって電気代が無料(年間最大120,000円まで)になります。

https://www.japaden.jp/



家庭の蓄電池の口コミや評判は?

次に、家庭の蓄電池を利用した人たちの口コミや評判などをまとめました。

2011年の東日本大震災や2018年の北海道胆振東部地震等、日本では大きな震災が増えています。
ですので電気は水道と同じ位、現代では最初に復旧させなくてはならない大切なライフラインです。

また最近では蓄電池と太陽光発電で災害時にも電気を安心して使用できるように備えとして導入している人も増えてきています。

さらに2019年以降は固定価格買取制度が終了してしまうご家庭が急増するので期間終了後に何もしなければ、そのまま大手電力会社に電気を流すだけとなりますので選択肢として蓄電池を購入する方も増えてきています。

ですので日頃、防災意識が高い方、電気代の節約に興味がある方、購入を検討しているけどどうしようか迷っておられる方は「家庭の蓄電池」を購入される事を是非おすすめします!
引用元:有樹のビジネスBLOG

これからの時代は大きな震災への備えが重要になってきます。
停電などのトラブルが発生した際もスマートハウスなら蓄電した電気を使うことができます。
自家発電と家の中での蓄電ができるスマートハウスは、災害やトラブルにも強い住宅でもあります。
引用元:気になる商品と情報をまとめました

家庭の蓄電池の利用の流れ

家庭の蓄電池 利用の流れ

「家庭の蓄電池」の利用の流れをまとめました。

  • 申し込みフォームに必要事項を記入して送信(24時間受付)
  • 「家庭の蓄電池」担当者から連絡
  • 担当者による現地調査の実施
  • 料金シミュレーション・見積り書の提出
  • 見積内容に納得できれば申し込み/契約
  • 設置工事(基本的に1日で終了)
  • 試運転で問題なければ完了

家庭の蓄電池でのトラブルを未然に防ぐためには、わからない部分はしっかりと担当者に確認しておくといいでしょう。
他社との相見積もりもおすすめです。

>>「家庭の蓄電池」の詳細/申し込みはこちら

タイトルとURLをコピーしました