飲食店バイト探しのペコリッチは退会したほうがいい?

ペコリッチ

東京都内の飲食店に特化したアルバイト求人情報が手に入る「ペコリッチ」。
求人を探す場合は完全無料で利用できます。1円も使用料金を支払う必要はありません。

飲食業界といえばブラック業界の代表格の一つですから、経営者や正社員はもちろんのこと、アルバイトまでも劣悪な雇用条件で長時間労働に苦しめられるといったイメージが定着しています。

このため、ペコリッチに集まるアルバイト求人も碌なものがないのではと心配しているかもしれません。
詳しく調べてみました。

ペコリッチの特徴は?

ペコリッチは東京都内の飲食店に特化したアルバイト求人紹介サイトです。
首都圏や一都三県が対象などと書いてあるところもありますが、明らかに間違った情報です。

ペコリッチの特徴をまとめました。

  • さまざまなジャンルの求人を検索できる
  • 応募を検討している店舗で「タダ飯」が食べられる
  • 採用祝い金として最大20,000円が受け取れる
  • 友達を紹介すると5,000円が受け取れる

さまざまなジャンルの求人を検索できる

ペコリッチでは、約4,200店舗(2019年8月現在)の飲食店の求人を探すことができます。
東京都内の飲食店数は83,833軒(2014年調査)ですから、少ないように感じるかもしれませんね。

しかし、ペコリッチでは和食、洋食、アジアン、エスニック、ラーメン、カレー、焼き肉など幅広いジャンルの飲食店から選べます。
レストランや居酒屋、カフェなどの定番どころ以外にも、ホテル内の一流レストランや料亭、メイドカフェ、弁当や惣菜、宅配などの求人もあります。

なお、飲食店数の多くを占めるチェーン店は、ペコリッチでは少なめです。
特にファミレスやファーストフードなどは見つけにくいことから、他の求人サイトやチェーン店Webサイトの求人コーナーをチェックしたほうがいいでしょう。

応募を検討している店舗で「タダ飯」が食べられる

バイト雑誌や求人サイトなどで書いてある内容と、実際に勤めだしてからギャップを感じることは少なくありませんよね。
あなたも今までに経験したことがあると思います。

この場合のギャップは良い方になるほうが珍しく、ほとんどは悪い方になって後悔するというのが定番です。

事前に応募先の店舗を下見して、店内の雰囲気や人間関係などをチェックしておけば、このようなギャップを回避できる可能性は高まります。
しかし、近所の行き慣れた飲食店であればまだしも、土地勘のないエリアや高級飲食店ともなると、下見をするための経済的負担も馬鹿になりません。

そこで、ペコリッチのWebサイトから「タダ飯クーポン」を取得しておくと、1店舗に付き1回に限り、飲食代金が無料になります。
特に高額な料金が必要な飲食店の場合は嬉しいサービスです。

タダ飯を食べたからと言って、面接を必ず受けないといけないとか、不利な条件で採用させられるといった心配はありません。
とはいえ、あなたがタダ飯を食べるという情報自体は店舗側に伝わっていますので、オーナーや店長、店員などが興味本位で見たりすることはあるかもしれません。

そういった部分も含めて、バイト先候補の雰囲気を感じるのにはいいのではないでしょうか。

採用祝い金として最大20,000円が受け取れる

ペコリッチからバイト先に応募して採用が決まったら、最大2万円の採用祝い金が受け取れます。
タダ飯を食べたからと言って減額されたり、バイト代から差し引かれることはありませんので安心してください。

なお、採用祝い金を受け取るためには申請が必要です。(申請できるのは、初勤務日から数えて16日目~45日目)

採用祝い金だけを受け取って、さっさと辞めてしまうことを防止するため、最低でも15日間は勤務することが条件となります。

友達を紹介すると5,000円が受け取れる

あなたが紹介した友達がペコリッチ経由で採用されると、友達は「採用祝い金」が2,000円増額、あなたは何もしなくても5,000円が手に入ります。

紹介人数に上限はありませんので、知り合いを次々と紹介してもいいですし、ブログやホームページ、SNSなどで紹介しても構いません。

タウンワークやバイトルとペコリッチを比べた場合のメリット/デメリットは?

タウンワークバイトルなどの大手アルバイト求人サイトと比べて、求人件数やエリアは圧倒的に見劣りするのが「ペコリッチ」ですが、どのようなメリット/デメリットがあるのでしょうか?

ポイントを纏めました。

  • 東京都内の飲食店アルバイトを探すかどうか
  • 条件にあった求人が見つかるかどうか
  • 自腹を切らなくても応募先のリサーチができるか

ペコリッチは都内の飲食店が対象ですから、同じ関東でも千葉や神奈川、埼玉などの飲食店を探す場合には使えません。
とはいえ、交通費を出してくれるバイト先であれば、都内まで通ってもいいという場合は問題ありません。

当然ながら、南関東以外のエリアは完全に対象外となりますし、飲食店以外のアルバイトを探す際にもペコリッチは使えません。
タウンワークやバイトルなどで探したほうがいいです。

また、同じ飲食店が出すアルバイト求人でも、ペコリッチ向けと、タウンワークやバイトルなどの他サイト向けとではバイト代や勤務時間などの内容が違う場合があります。
複数のアルバイト求人サイトに出している飲食店に応募する際は、求人サイトを見比べて、好条件を提示しているサイトから応募するといいでしょう。

ペコリッチ経由でタダ飯を食べてから、条件がいいからと言ってタウンワーク経由で応募したりすると、依頼側から嫌な顔をする可能性もあります。
よくよく考えてから決めるようにしてください。

ペコリッチの口コミ評判は?

次に、ペコリッチを利用した人々の口コミ評判を集めました。

他のアルバイトサイトより飲食店の求人が豊富だったので登録しました。
他のサイトにはないタダ飯クーポンも魅力ですが結局は使うことなく採用されました。

ただペコリッチ経由で応募したからかわかりませんが、「料理を食べてく?」と言われることが多く遠慮なくいただきました。
これもペコリッチを利用したメリットなのかな?
お祝い金もあまり期待していませんでしたが、やはり1万円はうれしいです。1ヶ月近い食費を賄うことができました。
引用元:転職サイト比較ナビ

クーポンを見せて食事をすると、店員さんから「この人はうちに面接を受けに来るのかな」あるいは「ご飯を食べるだけ食べたのに面接に来なかったら嫌だな」といったような興味しんしんの顔で見られたり、あるいは「今から面接を受けますか?」と聞かれたりして、ただでごはんを食べている手前申し訳ない気持ちになってしまいました。
引用元:大学生おすすめバイト.jp

アルバイトをするのが初めてだったので、最初は不安でした。
そこで利用したのが、ただ飯サービスです。
事前に気になったアルバイト先でお客としてご飯を無料で食べることができました。
お店の雰囲気を見ることができたので安心して面接を応募しました。
ぜひ、ただ飯サービスを利用してみてはいかがでしょうか?
引用元:求人・転職サイト徹底比較!好条件求人が多数見つかる!(リンク切れ)

他のアルバイトサイトよりも飲食店の求人がとても豊富でした。
他の求人サイトでも聞いたことのないただ飯クーポンを使わせていただきました。
利用してもあまり嫌な顔はされませんでした。
働く前にお店の雰囲気やどんな方が働いているのかを見ることができて、働いてからの自分の思ってたものとのギャップもなくて良かったです。
引用元:ブラックバイトを辞めたくなったら-バイト天国

求人情報サイトの情報だけでは、お店の雰囲気がつかめないというところです。
実際に面接に行った際に、お店の雰囲気が違うということがありました。
またアルバイト面接前の雰囲気とは異なり、採用された後仕事の内容が当初とは異なるということがありました。
サイトに記載されている情報だけではなく、自分の目で確かめることは重要だと感じました。
引用元:大学生おすすめバイト.jp

>>ペコリッチの詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました