ワンズワードオンラインで英語・スペイン語が上達できる?口コミは?

ワンズワードオンライン

ワンズワードオンラインは、完全オンラインレッスンで英語・スペイン語が学べる語学スクールです。

オンライン英会話というと、低価格で学べる一方で、英語を上達すると言うよりも、英会話を実践する場といった印象が強いです。

しかし、ワンズワードオンラインはTESOLを取得したネイティブなどの講師の質が高いだけでなく、レッスンの予習・復習、さらには、英文添削や英文法学習など、レッスン以外の時間にも英語学習に取り組むための仕掛けが用意されています。

このワンズワードオンラインで英語やスペイン語を上達させることができるのでしょうか?
実践者の口コミや評判などを中心に調べました。

ワンズワードオンラインの口コミや評判は?

まずは、ワンズワードオンラインの受講生の口コミや評判などをまとめました。

非常にレベルの高い先生がみっちり教えてくれます。
ただの会話を楽しむというレベルではありません。中上級者向けです。
その辺を体験レッスンで確認したほうがよいでしょう。
引用元:みんなの英語ひろば

メキシコ、スペイン、 ベネズエラ出身の先生から、4年間ほどスペイン語を教わっています

初めの頃は、緊張しすぎて分からないことも分からないと質問できないくらいSKYPEの前で硬直していました。
先生たちの人間力が大変素晴らしく、温かく見守ってくれる方々ばかりでした

留学から日本でスペイン語を使わなくなり9年のブランクはあったものの、半年間みっちり先生たちとマンツーマンクラスでお付き合いいただいたお陰で、クラス受講後のスペイン旅行へ出かけた時に自分一人でもスペイン語を使った現地対応(窓口でチケット交換を交渉できる!電話でレストランへ事前予約できる!)できている自分にビックリしました。
引用元:価格.com

ワーズワードオンラインに限ったことではないですが、私のお気に入りの講師のレッスンは、人気があるのか、いつも予約が取りにくかったです。
早めに予約しても取れないことが多々ありました。
予約が取れるのをひたすら待つか、すぐにレッスンを受けられる講師を取るか、いつも迷います。
引用元:オンライン英会話部

オンライン英会話を始めようと決めて、色んなサイトの無料体験を片っ端から受けました。
ONE’S WORD の体験レッスンを受けるまでは、どこにしようか決めきれずにおりましたが、こちらを受けてすぐに、ONE’S WORDに決めて入会しました。

やはりネイティブスピーカーの先生であることが私には大事でしたが、その上ただ「英語をしゃべる人」ではなく、教えることに対して情熱を持ち、熱意を持って接して下さっていると感じることができます。

世界に出たらネイティブスピーカーでない人の英語を聞く機会が多いので、ネイティブである必要はない、という記事をどこかのサイトで見ました。
しかしそれはネイティブの英語を理解し、自分が使えるようになってから触れた方がいいかな、と私は思います。

どの先生も皆、話題も知識も豊富で、黙ってしまう時間はなく、何かを言おうとして言えない場合は、誘導して下さいます。
私はいつも、正しい発音や文法でなかった場合は指摘して欲しい、とお願いしていますがそれも自然に直して下さいます。

勉強している!という感じの時もあれば、友達と喋っているような時もありますが、どちらもいつも楽しく50分はあっという間で、終わった後は必ずレビューも頂けて、復習できます。

また、TESOL有資格者も多数在籍されていることも、私が有意義に時間を過ごせる理由なのかもしれません。

月に4回しかレッスンを受けられないのはちょっと不満です。
できれば毎日英語を話す機会が欲しいので、毎日仕事の帰り道に今日のレッスンの予約が取れるくらいだと最高だなと思っています。
(追加レッスンチケットを購入すれば、決められた回数よりは多くレッスンを受けられるのですが)
引用元:オンライン英会話スクール比較サイト

講師と目標や学習方法について一緒に決めていくので、個人で違うと思います。
CEFRという自己診断テストが簡単にできます。
その結果は自分のプロフィールに乗せているはずなのですが、かなり難しい内容のレッスンでした。
初心者にはお勧めできません。

自分の意見や要望が英語できちんと伝えられる、日常英会話は問題ないぐらいの英語力は必要です。
体験レッスンでしたがマイページに講師からレッスンの感想や英語レベル評価が届きます。
引用元:オンライン英会話スクール比較サイト -Best Choice-

私はワンズワードオンラインの利用をおすすめしません!
理由は、人気サービスのDMM英会話と比べたときに、料金がかなり高く、コスパが悪いからです。

ワンズワードオンラインは、受けられるレッスン回数が少ないので、絶対におすすめできません。
そもそも、月に4回レッスンするだけで英語を話せるようになれば、だれも苦労しないんです。

1ヶ月間まるまるレッスンできるように、料金を計算してみると、43,450円で毎日レッスンできることが分かりました。
DMM英会話と比べてみたところ、約30,000円近くも料金が高くなってしまうことが分かりました。

ワンズワードオンラインは、教材の種類が少なく、さらに教材はすべて購入しなければならないため、おすすめしません。
ワンズワードオンラインは、フリートーク以外、すべて有料になっています。
でもDMMでは、オリジナル教材や世界で3000万人が使っているSIDE by SIDEなど、多くの教材を、無料でつかえるんです。
教材の種類が多いと、細かい目的に合わせてレッスンできるので、DMM英会話の方がコスパ良く学ぶことができます。
引用元:つなが~るネット

ワンズワードオンラインの評価は?

口コミサイトでのワンズワードオンラインの評価をまとめました。

みんなの英語ひろば 評価
価格.com 評価

価格面や予約の取りにくさでは評価が低いものの、講師の指導力や添削指導などに対する評価が高く、全体的な高評価につながっています。

ワンズワードオンラインの特徴

ワンズワードオンライン 特徴

次に、ワンズワードオンラインの特徴をまとめました。

費用はオンライン英会話の中では高め

ワンズワードオンラインは、1回50分、月4回のレッスンで9,800円(税別)です。
追加レッスンは1回1,100円(税別)となります。

25分2回で合計8回分相当と考えても、1レッスン25分163円からのDMM英会話などと比べると高めです。

なお、レッスン予約を変更せず、4回分のレッスンを休まずに受講すると1回分のレッスンが無料になる特典が用意されています。

非ネイティブ講師が意外に多い?

ワンズワードオンラインでは「看板講師」として、英語圏のネイティブを中心に何人も紹介されています。

講師

一方、非ネイティブ(フィリピン人や南米各国の人々)がワンズワードオンラインに数多く在籍していることは、意外に知られていません。

もちろん、非ネイティブ・ネイティブに関係なく、(株)ワンズワードが行う厳格な試験に合格した人材だけが講師として採用されています。
ネイティブだから採用に有利になると言ったことはなく、講師の品質を重視しています。

TESOL(国際的に認知された英語教授法)の有資格者であったり、ビジネス経験が豊富だったりと、それぞれ強みを持つ講師ばかりです。

事前に日時と講師を指定してレッスンを予約する必要があるため、人気の講師は予約が集中する傾向が見られます。

スカイプを使用/通信遮断が起こる場合も

スカイプ

ワンズワードオンラインでは、講師とのレッスンの際にスカイプ(skype)を使います。

日本では、コラボ光やモバイルWifiなどで速度制限や速度低下が見られますが、外国ではインターネットのインフラ整備が不十分なために、通信遮断が起こるケースも少なくありません。

このため、レッスン中に講師と繋がらなくなったり、とぎれとぎれになる場合も出てきます。

講師側の回線不調でレッスンが適切に受けられなかった場合にはレッスンは未消化となり、別の日に振替レッスンが受けられます。

マイポートフォリオで学習履歴/計画が立てやすい

マイポートフォリオ

RIZAP ENGLISH」や「AQUESオンラインマンツーマン英会話スクール」、「progrit」「トライズ(TORAIZ)」などでは、講師とは別に学習計画を立てるサポートを行ったり、日々の進捗状況などをチェックする秘書役の担当者がいるため、否応なしに勉強をせざるを得ない環境に追い込まれます。

ワンズワードオンラインでは、このようなスケジュール管理を行うような担当者はいませんが、自己管理をしやすくするための「マイポートフォリオ」を用意しています。

マイポートフォリオは「今週の目標」「学習履歴」「自己評価グリッド」という3種類のページから構成されています。

「今週の目標」に記入し、1週間たったら達成度を0%~100%の間で自己評価します。
過去分の「今週の目標」は「学習履歴」に記録されていきます。

また、「自己評価グリッド」はヨーロッパ言語共通参照枠(CEFR)に基づいて自己評価を行うことで、ワンズワードオンラインでの学習成果を「見える化」します。

「自己評価グリッド」は講師側もチェックするため、あまりにもかけ離れた自己評価(CEFRから高すぎる・低すぎる)をすると、レッスンの際に講師に簡単にバレますし、あなた自身の成果もわかりにくくなります。

レッスン内容はオーダーメイド/教材は別途必要な場合も

ワンズワードオンラインでは、レッスンで何をするかはあなたが決める必要があります。

Webサイトのテーマを元に討論をしたり、講師が用意したプログラムをもとに進めていくこともできます。
以下の教材などを用いてレッスンを進めていくことも出来ます。

  • face2face
  • Market Leader Intermediate Coursebook and DVD-Rom Pack
  • Market Leader Upper Intermediate 3rd Editon
  • Cambridge First Certificate in English 4 for Updated Exam Self-study Pack
  • マーフィーのケンブリッジ英文法(中級編)

また、希望者は自習用教材として「ビジネス英語力」強化プログラム【初級編】(DVD-ROM付き)を特別価格で購入できます。

ワンズワードオンラインの無料トライアルレッスンを実施中

ワンズワードオンライン 無料トライアルレッスン

ワンズワードオンラインでは、講師やレッスンのレベルなどを実際に確認できる無料トライアルレッスン(1回分)を行っています。

skypeおよびマイクの準備が必要(カメラは任意)になりますので、トライアルレッスンまでに用意しておいてください。

もちろん、無料トライアルレッスンを受講しても、必ず入会しないといけないというわけではありません。
自分には合わないと思ったら、退会すればいいだけです。

>>ワンズワードオンラインの詳細/トライアルレッスンを申し込む

タイトルとURLをコピーしました