退職代行「retry」(リトライ)は弁護士が対応?失敗やトラブルは?

退職代行 retry リトライ

兵庫県高砂市にある行政書士翔(かける)事務所が運営する退職代行サービス「retry」(リトライ)は、兵庫県播磨地域はもちろんのこと、全国対応可能です。
最短で依頼日当日に退職代行を行いますし、播磨エリアであれば、あなたの自宅に伺って相談を受けることも可能です。

しかし、行政書士は弁護士や認定司法書士とは異なり、少なくとも紛争性がある案件について、行政書士が法律事務を取り扱うことはできません。

退職代行「retry」(リトライ)に任せて失敗したケースや、何らかのトラブルに巻き込まれる心配はないのでしょうか?

「retry」(リトライ)は一般的な退職代行業者と変わらない

「retry」(リトライ)は、兵庫県高砂市にある行政書士翔(かける)事務所が運営しています。

行政書士というと、なにか法律的な対応をしてくれるのかと期待するかもしれませんが、労務問題でいえば、法律的な権限は一切ありません。

このため、「retry」(リトライ)も有象無象の退職代行業者と変わらないという結論になります。

行政書士は権利義務証明の書面作りのプロであるため、内容証明郵便による退職届や有給休暇申請書の提出など、法に則った方法で問題の解決を行うという点がメリットでしょうか。

なお、法的な交渉が行えるのは、弁護士や特定社会保険労務士、認定司法書士に限られますが、何の制限もなく取り組めるのは弁護士のみです。

退職代行は違法で非弁行為?司法書士や社労士でもできる? | あまた法律事務所
依頼者の代理で会社に「退職させてください」と伝えてくれる退職代行サービスは、肉体的にも精神的にも追い詰められている労働者を救済するサービスです。しかし、非弁行為に該当しないのでしょうか?この記事は、そ

その他に、労働組合に認められている代理人や団体交渉権を利用する方法もあります。

あなたの会社に組合がなかったり、政治闘争だけにかまけているような御用組合で何の役にも立たないような場合は、退職代行に積極的に取り組む労働組合を利用するという方法もあります。

なお、労組でも、会社側と裁判になった時に弁護活動は行えないと言う問題点は存在します。

兵庫県南部であれば手足として動いてもらうことも可能

行政書士翔(かける)事務所では、播磨地方を中心にフットワーク軽く動けます。

このため、法律的な代理人として動くことはできませんが、兵庫県南部を中心に「会社に私物取りに行ってぇ~」といった相談に気軽に対応してもらえます。

給料未払いの問題や職場との紛争が起こった場合でも、兵庫県内の特定社会保険労務士や弁護士を紹介できるので安心です。

「retry」(リトライ)で退職代行に失敗したケースは一度もありません。(2020年5月時点)

退職代行「retry」(リトライ)の費用

退職代行「retry」(リトライ)の費用は、以下のようになっています。

正社員、派遣社員、契約社員:30,000円
アルバイト、パート:20,000円
(いずれも税別)

追加料金は一切不要です。
支払い方法は、近隣の方の場合は手渡しでも構いませんし、銀行振込であれば、遠方の人でも気軽に利用できます。

退職代行「retry」(リトライ)の利用の流れ

退職代行「retry」(リトライ)を利用する場合の流れをまとめました。

  • 電話、メール、LINEなどで問い合わせ
  • 担当者と相談
  • 依頼する場合は代金支払い(手渡し、銀行振込など)
  • 入金確認後に契約書を交付
  • 事前打合せ(電話、メール、LINE、対面など)
  • 行政書士翔(かける)事務所にて退職届作成
  • 職場への意思伝達後、職場へ退職届を提出
  • 行政書士翔(かける)事務所から職場へ退職の意向を伝言
  • 職場からの連絡事項をあなたに伝達
  • 職場の了承、もしくは2週間経過のために退職
  • 離職票が届く
  • 手続き完了

播磨エリアであれば、会社への私物の引取代行・貸与品の引き渡しなどの代行も可能(オプション扱い)です。

>>退職代行「retry」(リトライ)の詳細/問い合わせはこちら

タイトルとURLをコピーしました