シン・エナジーで電気料金は高くなる?口コミや評判は悪化の一方?!

シン・エナジー

シン・エナジーは、他社と比べて電力調達コストを低く抑えており、「新電力販売電力量ランキング」では約500社中18位と意外に上位につけています。

その結果、シン・エナジーの電気料金は他社よりも低く抑えることができていますし、一人暮らしなどの少量利用だと逆に割高になるといったフザけた結果になる心配もありません。

しかし、北海道ではシン・エナジーの申し込みができなかったり、オール電化用のプランが用意されていないなどの問題点も指摘されています。
必ずしも口コミでは大絶賛というわけではなく、不満の声もチラホラと見つかりました。



シン・エナジーの口コミや評判は?

まずは、シン・エナジーを契約した人たちの口コミや評判などをまとめました。

2016年10月に関西電力からシン・エナジーに切り替えました。

6kVAの契約なので電気の使用量が多目です。
こたつや電気ストーブ、エアコンなど部屋を暖めるため、家電製品の利用が増える2月の電気代が約11,000円。
以前はもっと電気代がかかっていたそうですよ。

違約金なしの会社を選ぶべきですね。
電力会社を変更したあとでも、何か不満があったときに、違約金が発生しない電力会社を選んでいれば気軽にまた電力会社の変更をすることができます。
引用元:エネチェンジ

申し込んでからは思ったよりも日数が掛かって一か月以上は掛かりました。
新しい電力会社の方の対応は良かったのですが安くなる代わりに検針を九州電力が今まで通りに行いそれを新しい電力会社で計算をしてからの請求になる為にその月の電気代が分かるのがいつもよりも約10日位、遅くなるとの事でそれは少し不満です。
でも分からない事等も問い合わせすると親切に分かりやすく対応してくれるのでこれから様子を見たいと思います。
引用元:価格.com

一人暮らしでも二人暮らしでもシン・エナジーが一番安くなりました。
毎月の電気代が8,000円いかない人であれば、他の電力会社よりも安くなるシン・エナジーをおすすめします。

シン・エナジーはどんな人でも電気代が安くなるのみでなく、電気の使用量が少ない人にとってとてもお得な電力会社です。
東京電力からシン・エナジーに切り替えると、一人暮らしであれば年間2,000円近く、二人暮らしであれば年間5,400円程の電気代を節約できます。

逆に電気をたくさん使う人であれば他の新電力の方がお得になります。
普段から電気をたくさん使っている人にとっては大きくお得になるとは限らないので注意しましょう。
引用元:【電力自由化】新電力の評判・比較まとめ



シン・エナジーの特徴

シン・エナジー 特徴

次に、シン・エナジーの特徴をまとめました。

北海道電力エリアは契約不可/沖縄電力エリアは契約可能

2020年5月時点では、北海道電力の管轄内はサービスエリア外となっています。

その一方、新電力会社でサービスエリアから外れていることが多い、沖縄電力の管轄内でシン・エナジーが申し込めるのはメリットといえるでしょう。

契約する際に工事は一切不要

シン・エナジーだけに限った話ではありませんが、電力会社を変える際に電線を付け替えるなどといった工事は一切行いません。
書面の手続きのみで電力会社を切り替えることができます。

なお、シン・エナジーの切り替えに伴って、あなたの電力計がアナログメーターであれば、スマートメーターへの交換・設置が行われます。
時期は地域によって異なるために不明ですが、スマートメーターへの交換費用は無料ですし立ち会いも不要です。

「スマートメーターに切り替えただけで電気代が上がった」などと言う口コミもありますが、メーターを変えただけで電気代が急激に変わることはありません。
検針日が変わることで、電気料金の算出期間が切り替え月のみ長くなった影響で、値段が高くなるケースもあります。翌月以降は影響はなくなります。

一部でスマートメーターへの切り替えに対する反対運動も起こっていますが、シン・エナジーを使うにあたって、従来のアナログメーターのままでも不具合はありません。

少量利用のほうが安さを実感しやすい

シン・エナジーでは、個人向けとして、主に2種類の料金プランが用意されています。

  • きほんプラン
  • 生活フィットプラン

その他、オリックス球団公式ファンクラブ会員が申し込める「バファローズ応援でんき」もあります。
電気代の節約だけのために、好きでもないファンクラブに入会してまで契約するメリットはありません。

きほんプラン

きほんプラン

「きほんプラン」は従量制となっており、旧電力・新電力各社と比べても割安な基本料金・増加率の少なさとなっています。

このため、多くの新電力では逆に割高になるため、移行するメリットが極めて乏しい「電力使用量が少ない人」にとって、シン・エナジーの「きほんプラン」は最適です。

生活フィットプラン

生活フィットプラン

「生活フィットプラン」は、平日昼間の電気代が高く設定されており、夜間が安めになっています。
月々の電気代が平均8,000円を超える場合にお得になるように料金設定がされています。

日中は太陽光発電などでまかなえるために、電力の購入量が0に近い人ほど利用するメリットがあります。

「生活フィットプラン」はスマートメーターの設置が利用条件となります。

オール電化からの切り替えは大幅な損失になるおそれ

シン・エナジーでは、オール電化向けの電力プランは用意していません。

このため、電力会社のオール電化向けプランを契約していると、シン・エナジーに切り替えることで電気代が1.5倍、2倍となるケースも考えられます。

オール電化向けの料金プランを用意している旧電力・新電力会社を選んだほうがいいでしょう。

解約/他会社への以降は自由

シン・エナジーは、最低契約期間のシバリや解約手数料などは一切ありません。

他の電力会社と契約したくなった場合でも、シン・エナジーであれば安心です。

>>シン・エナジーの詳細/見積もりはこちら

タイトルとURLをコピーしました