クレカリ賃貸で家賃をクレジットカードで?ポイントやマイルはどう?

クレカリ賃貸

あなたが借りているアパートやマンション、一戸建ての支払いはどうしていますか?

大家さんに現金で手渡ししたり、銀行振込で支払っているケースが多いです。
口座振替やクレジットカード払いができる物件もありますが、まだまだ数は少ないですし、あなたが借りている物件では無理という状況ではないでしょうか。

クレジットカード払いは、カード会社が手数料を取るために、大家さんの収入が減ることから、嫌がるケースが多いです。

そこで役立つのが「クレカリ賃貸」です。
クレカリ賃貸は、クレジットカード払いを認めていない物件でもクレジットカード払いができるようにするためのサービスです。

クレカリ賃貸で使えるクレジットカード会社に指定はなく、VISA/MASTERブランドであれば何でも構いません。(JCBは使用不可)



どのような物件でもクレカリ賃貸を利用可能

クレカリ賃貸 仕組み

クレカリ賃貸は、クレジットカード払いが認められていないアパート・マンション・一戸建て物件でもクレジットカードを利用できるようにするサービスです。

クレカリ賃貸の仕組みは簡単です。

クレカリ賃貸運営元の(株)アイランドが、あなたに変わって大家さんに銀行振込で家賃を支払います。
家賃に手数料を追加した金額を、あなたが登録したクレジットカードに毎月請求することで実現しました。

クレカリ賃貸は、毎月の家賃だけでなく、初期費用や更新料などの支払いも可能です。

また、月極駐車場も振り込みで支払っているのであれば利用できます。

大家さんに家賃を手渡し・口座振替で自動引落になっている物件はクレカリ賃貸を利用できません。

クレカリ賃貸で利用できるクレジットカード会社

クレカリ賃貸 クレジットカード

クレカリ賃貸で利用できるクレジットカードは、VISA・MASTERブランド全てです。
JCB・AMEX・ダイナースブランドのクレジットカードは登録できません。

このため、三井住友VISA・Master以外にも、VISA・Masterのロゴがついているクレジットカードであれば、金融系・流通系など、何でも構いません。

毎月払いにすれば、あなたが指定したクレジットカードから毎月自動的に支払ってくれます。
うっかり振り込みを忘れる心配はありません。

また、カード会社で対象外としていなければ、あなたが登録したクレジットカードのポイントやマイルなどが付与されます。
年間では結構な金額になるため、ポイントやマイルが一気に増えることに驚くかもしれません。

VISA・MASTERデビットカード/プリペイドカードは登録できません。

利用可能額

クレカリ賃貸では、月3万円~200万円までの支払いが可能です。

もちろん、あなたが契約しているクレジットカードのショッピング枠の利用限度額を超える場合には利用できません。

基本的には翌月1回払いで請求されますが、クレジットカード会社によっては自動的にリボ払いに切り替わったり、支払い方法を変更できる場合があります。

気になることがあれば、あなたがクレカリ賃貸で利用したいクレジットカード会社に問い合わせるといいでしょう。

利用手数料

あなたが支払っている家賃の3.6%(毎月払い)、4.6%(1回のみ使用)



クレカリ賃貸の口コミや評判は?

次に、クレカリ賃貸を利用している人たちの口コミや評判などをまとめました。

便利だけど手数料高くないか?
10万円の家賃で3,600円もの手数料はどうにかならないの?
振込手数料の10倍だぞっ!
引用元:カラス小僧のきままな日記

クレカリ賃貸は、物件の契約者と同一人物のクレジットカードでしか、決済をすることができません。
例えば、同棲をしているカップルがいた場合、契約者は彼女だけれども、彼氏のクレジットカードで支払いたいといったケースでは、クレカリ賃貸は利用できません。
引用元:不動産テックラボ

毎月まとまった金額となるのでクレジット払いにすることで、クレジットカードのポイントやマイルが貯まります。
カード会社によっては利用額によってゴールドやプラチナカードへステップアップが出来ます。
引用元:新しいやり方の教室

『クレカリ家賃』を導入する最大のメリットは、いま家賃を支払うことが厳しい状況を、一旦は回避できるということかと思います。
家賃支払いに『クレカリ家賃』を通すことで、クレジットカードの締め日に従った決済となりますので、通常でも一か月程度は支払いを繰り延べることができます。
また、ある程度、緊急回避的な利用を想定しているサービスと思われ、簡単に利用を停止することができることもメリットと考えて良いと思います。
引用元:お金節約.com「知っててよかった」暮らしの知恵

一般的には、家賃の口座振替は来月分を今月末に支払うのが通常のサイクルです。
そんな時、出費が重なった場合に家賃が生活を苦しめるなんて時期も経験ある人も多いのではないでしょうか。
このサイクルが、クレジットカード決済にすることによって、家賃の支払日に設けられた日より支払いを遅くすることが可能なのです。
そして、クレジットカードの引き落としと同じ日程なので、おそらく忘れてしまうこともなく、滞納することはほぼ避けられるでしょう。
引用元:LOHAS美人

>>クレカリ賃貸の詳細/申し込みはこちら

タイトルとURLをコピーしました